職場に行く前に寄るコンビニでは毎日
野菜ジュースと、ペット茶(500ml)を買うのですが
最近はずっと、伊藤園の「おーいお茶 濃い味」を買っています
おまけについているお茶犬のコンプリートも
もちろん重要なのですが
ボトルの側面に書かれている、伊藤園 おーいお茶新俳句大賞の各作品を読むのが
好きなため
(って、伊藤園ならどの茶でも書いてあるんだから
 別に濃い味でなくてもいいんですがむがぐぐ)


で、その俳句のうち
今日目にしたものが、めちゃめちゃ印象に残っています

落ち葉掃き小さく見えた祖母の影
      佳作特別賞 その2 鈴木 ゆずさん(15歳)


短い言葉の中にすごく情景がぎゅっと絞られていて
すごくいいなと思います
余計なものが入っていない、研ぎ澄まされているって意味で
俳句ってホント芸術だなと思う…

あと、小さく見えたのが「祖母の」影ってところに
ああ、15歳の方の作品だなあ、と

不肖の身で、実家なんて滅多に帰らないのですが
(帰るにしても、盆正月彼岸等を外した平日ど真ん中・しかも滞在期間激短)
帰るたび、或いはごくたまにこっちに遊びに来られたりするたび
昔の思い出のなかの映像よりも
父の背中がなんだかすごく小さく見えます

父の思い出というと
朝早くから家を出て私が寝るか寝ないかのころに帰ってくる
休日も大抵会社に出ている という
典型的な仕事人間という印象ばかりが先に出てくるのですが
最近定年退職しまして
とはいえ家でじっとしていられるわけでもなく
また働き始めているようで
流石に昔ほど仕事本位の生活ではなくて、連日ゴルフ三昧という
なかなか楽しい生活を送っているようなので
ほっとしているのですが
(定年してその後職が見つからなかったりしたらヤバそうだなと思っていたので)
それでもやっぱり苦労は絶えないというか何というか
まあ、年のせいもあるのですが
会うたびに、生え際が寂しくなってたり
寂しく残った髪の毛も、白い部分のほうが目立ってきていたり

うーん
今年はちょいと長めに実家に帰ろう

kofuku050607by ジャイ子…

今朝はまだそうでもなかったのですが
夕方帰ってきてふと見たら
哀れなくらいに首がもたげていたので
壁からつってみました
下手すると、花のついた茎の部分から
ぽっきょりといってしまいかねないので(涙)

ますます花の形がくっきりはっきりしてきて
嬉しい限り…v

ゆんたは、小室へ恋愛したかも。
さて翠と想像するはずだった。
さて翠が小室までハイに我慢したかも。
さて小室で翠は小室へ翠は小室までアイドルっぽい想像しなかったー。
さてきのう、四六時中は進行するつもりだった?

足かけ3日作業1日がかり…途中でサイドバーが消えてキレまくってそれまで移行していてやる気マンマンの新人の子達も出勤していた記事全て消すとかいろいろやってたらこんな時間に…つ、疲れた…昨日は出勤でした出勤といっても、ほぼ電話番のようなお仕事でしかもこの時期は新人研修期間もかぶっていて電話をガンガン取ってくれたのをいいことに移転作業をちょこちょこやっていたんですけどね(仕事しろ)さあ、気に掛かっていてやる気マンマンの新人の子達も出勤していたことはやりたいことをやるぞ〜



*このエントリは、BlogPetの「ゆんた」が書きました。

kofuku050606(3)ひ…ひとつじゃなかったんですかい…

さっきの写真をとったのは夕方で
ちょっと鉢が乾いていたので
お水をあげて
くるりと鉢を回したら
陰に、もうひとり潜んでました…のは~~…
(ホントは日に満遍なく当てるためにも
こまめに回した方がいいのでしょうが
かなりデカイ鉢なので
回すのも一苦労…)

二つの花を映し込んだ全体像がとれれば
判りやすいのですが
こいつの全体像自体、とるのが無理

とにもかくにも
嬉しいビックリでした
うひひ


全力少年

実はまともに流して聴いた機会は少ないのですが(汗)
耳に残るメロディーと歌詞が
すごく素敵だなと思います
最初
山崎まさよし…?と思っていたというのは
内緒の方向で
…全然違うじゃん…


「全力で」「少年」ってだけでも十分切ないのに
「だった」と過去形で結ばれているのが
たまりませんわ
裏を返せば、「今は」必ずしも「全力」ではない
ということですし

そりゃ一生懸命やらなきゃいけないことは
それなりにちゃんとやるのですが
それでも年を重ねるうちに
「一生懸命」という行為(というか一生懸命な自分)に
嫌悪感、とまではいかないまでも
何となく気恥ずかしさが伴っている気がします
昔から冷めたイヤなガキだったのですが
輪をかけて最近は特に
「なりふり構わず」で打ち込めるものも
身を捧げることができることもなくて
そんな自分に嫌気がさすものの
それを変えるほどの気力もなく

大人になるということは
色んなものを捨てていくこと ではない
ということくらいは
判っているつもりなんですけどね

kofuku050606なんか…
昨日よりも確実に育っている気がする
いや
育ってくれるのは大歓迎なのですが
なんか
明日にでも咲いてしまいそうなイキオイ…
小花の部分がまたまた膨らんでます
蜜がべっとりで、うっかり触ってしまって
指が今、大変なことに…


kofuku050606(2)横から見た図
かなり折れ曲がってますね
太陽(窓)の方を向いているというより
重みで…
す、すまぬ(涙)

台湾式マッサージに行ってきました

というのが
うちの近所に、そんなお店が最近オープンしたためでして
いろんなマッサージは受けたことがあるものの
そういえば「台湾式」って受けたことないなあと思い至り
こりゃ行くしかないなと

一度お店に向かったところ、30分待ちと言われ
お、この界隈なのに好感触なのね~と
この時点で嬉しくなり(閑散としていたら入る気がなくなる)
再び出直して
現地の方しかいないのを改めて見て、さらに期待が高まり
(何となく本場チックな香りがして嬉しくなりません?(汗))
いざ施術

蒸しタオルを山のように乗せられ、シーツか何かで封をされて
しばらくマッサージ
ほんわかして、ああこりゃ血行よくなりそうだな~と
かなりご機嫌だったとはいえ
この時点で、昨日(ジム)の影響(=腕の筋肉痛)なのか
肩やら腕がアイタタタ~だったのですが

来ましたよ
足踏み……

いや、むっちゃ体重かけられたとかではなく
むしろ気持ちよかったのですが
骨が…ぱきぱきとすごいイキオイで
入っていく音がして
驚きました
大丈夫か私の骨格……


満遍なく踏みつけられた後
オイルを塗ってさらにマッサージ
ごりごりごりと、逆に筋を痛めるんじゃないかってなくらいに
揉みほぐされて
締めに、頭を全般的にマッサージされたのですが
これがかなりよかった…!
肩こりや首こり(って言うのかな?)と同様に
頭もこるものらしいですが
ホント、ほぐされていく~~~…って気がして
多分一番この時が恍惚の瞬間でした

とはいえ
マッサージの善し悪しって
次の日以降になってみないと判らないんですよねぇ
今までも、面白がって色んなマッサージに行ってみるものの
次の日以降の、もみ返しが逆にキツイ、なんてことも
あったりして
さて今回はどうだろう
今のところめっきり快調ですが


ちなみにタイトルの由来は
さっきぐぐったら
志村けんさんが台湾に行くと必ず台湾式マッサージを受けてくる、と
ヒットしたため……
『志村けんプロジェクト』って
あるある大辞典のコーナーか何かなんでしょうか…??

kofuku060605あ、なんかある…と気づいたのは
下にも書いたとおり、昨日なのですが
今日見てみたら
更に花の形がくっきりとしたというか
蕾がむっちゃ膨らんでました
写真だと判りづらいけど

今月半ばどころか
今週中に咲いちゃうかなこれ…



Girlie vol.6

あ、大好きなコマが表紙になってる…と
個人的には思ったのですが
「のだめ」を読んだことがない方が見たら
どう思うんだろう…
看板に偽りなしといえばそうなのかもしれませんが(笑)

人が何かをどう好きになろうと
勝手にさせてくれよ、と思っていたので
こういった批評的な雑誌は敬遠していたのですが
最近はよく読みます
なるほどこういう考え方もあるよなあ、と
頷かされることしきりで
ちと大げさですが
勉強になるし…

で、この雑誌
巻頭特集の、のだめカンタービレの記事の充実っぷり
(キャラ解剖+二ノ宮知子さんのインタビュー計11頁)も
さることながら
読みたい、けどどうしよっかな~…と
後回し後回しにしていた漫画の記事(NANAの特集もよかった)とか
20年くらい昔に読んだよこれ! なつかし~…と
懐古感に浸れる記事もあって
ある意味夢中になって読んでます
よもやアホーガンに再びお目にかかれるとは思わなかったよ…

「美男子名鑑」なる記事もなかなかツボをつく内容でした
超・どん感で賞 → 久住智史(星の瞳のシルエット)
 確かにこの人がもうちょっとうまく立ち回れば話は早かったろうに…
ひた向きスギ賞 → 岩崎祝(生徒諸君!)
 そうそうそう、そうなのよ! 途中浮気するけど(笑)
守ってほしいで賞 → アンドレ(ベルサイユのばら)
 オスカルの影となりカストルとポルックスのように…記憶曖昧…
ガーリートキメキたい(大)賞 → 美童グランマニエ(有閑倶楽部)
 確かに公衆電話で小銭がなくて警察呼べないと焦る
 おバカ加減はスキですが…すみません個人的には魅録派…
 むしろ野梨子派…

誰もが認める王子様で賞 → 真壁俊(ときめきトゥナイト)
 …硬派で一匹狼のワル、そしてボクシング、更に王子様…
 ここまでポイント揃いって確かにすごいよなあ…

↑すごい人の筈なのに
 どうしてこんなにいじり甲斐があるんだろう…
 やっぱりある意味最強キャラだなあ…



とはいえ一点だけ困るのは
こういう雑誌を読むと
「気になる漫画」が
「ぜひとも読みたい漫画」になってしまうことですね

…明日は本屋ですか自分…


フラワー・オブ・ライフ (2)

…同人誌作成側要素が満載の巻ですね(笑)

「萌え~」という言葉は一般的なものだったのか、とか
(テスト)勉強会なんてかわいらしい催しを
最近の子達もやってるのか~、とか
色々ほのぼの考える部分もありましたが
それより何より、真島…! え、え、そうなの!?
シゲちゃんの乙女心の動向が気になるところですね~…
真島はこの巻読み始めた最初、武田さんとくっつくのかと思っていたのですが
甘かった…そうくるかよしなが先生…


間に入っている、かぼちゃのパウンドケーキ
(作中でさくらちゃんが作って勉強会のとき振舞っています)の
作り方の漫画も、なかなか素敵です
食べ物を描かせるとむっちゃ美味しそうに見えるのは愛がなくても喰ってゆけます。他、
諸作品でもう十分知っていましたが
なんでこう、作っている過程の絵ですら
おいしそうに見えてしまうのか…! 素敵過ぎる…

しかし
春太郎の顔がどうしてもタッキーに見えてしまうのはやはり
西洋骨董洋菓子店の影響ですか…そうですか毒されてますか自分…

kofuku今もそんなに活動的なほうではないのですが
昔も全く持って活動的ではないガキで
例えばお休みの日に、
それまで頑張って貯めたおこづかいを握り締めて
買い物に来るとか
ディズニーランドに遊びに行くとか
そういったことは皆無だったので
大学からこっちに来た時点では、ホント右も左も判らないくらいだったのですが
そんなときからずっと私の部屋の隅に鎮座して
苦楽を共にしてきてくれていた主が
近所のスーパーで買ってきた(←この辺が我ながらどうかと思う)、
ドラセナ マッセンゲアナ…
「幸福の樹」として有名ですね

買ってきた当時は
鉢を含めて、高さ30センチ弱だったのですが
今となっては
とうとう私の身長を追い越されてしまいました
(ちなみに私は169センチ台)
ただ、育て方が悪かったのか
幹の部分は全く伸びず買った当時のままの長さで
枝の部分(葉がにょきにょきでてくる部分)のみが
どんどこどんどこ伸びてしまっているので
かなりバランス悪いのですが
根がむちゃくちゃしっかり張っているので
とりあえず身を支えられてはいるみたいですが

で、その幸福の樹
いつもは見上げるだけなのを
久しぶりに立って並んで、上から下まで見てみたら
花が咲く兆候が…v
(写真の真ん中へんの、白っぽい膨らみが、蕾)

やたーーーーー!
二年ぶりの開花宣言です!!

去年は引越しのときの杜撰な管理のせいで
幸福の樹に限らず、観葉植物全般が
寒さにちょっと弱ってしまっていて
かなりの泣きを見たうえに
当然花など咲かなくて
寂しい思いをしていたのですが
(あ、でもスパティフィラムは咲いていたような…)

ちょうど今月半ばぐらいが見ごろになるのだろうなあ
香りも強烈なのですが
白い小花がちょこちょこ咲いて、可愛いんですよねえ…

日々の糧がひとつ増えました
うひひ


ラーメン☆最後の一滴まで味わえる旨みのある極上の塩ラーメン。話題の琉球ラーメンをご家庭にお届けします!!(12食入り)

単に画像が欲しかっただけ…

ラーメン、大好きです
二週間に一回は食べてます
最近では、お取り寄せメニューとか
そこまでいかなくても、なんちゃら有名店の味!みたいなアオリのついた
ラーメンセットが売っていますが
やっぱり、お店で食べるような味は出ないので
ラーメンだけは外食で食べたい
まあ私の料理の腕に問題がむがぐぐ

塩・とんこつ・しょうゆ・味噌…味はいろいろあれど
ぶっちぎりで味噌マンセーです
脂っこすぎるのは苦手だけれど
適度に濃い味なのがいいのかも
あと、野菜たっぷりな品が多いのが
大きな理由かも…

前住んでいた家の近所には
こぢんまりとした構えのラーメン屋さんがあったのですが
(TVチャン●オンのラーメン王選手権だかなんだかに
「この店主が経営する店名は何か?」という
コアなクイズに出ていたくらいだから
店主は有名なのかもしれません)
そこの味噌ラーメンが、むちゃくちゃうまかったんですよねえ
一食一食、味噌と具材を炒めたところに
出汁をいれてスープを作っていて
ただ丼の中で溶いただけのものより
手が掛かっている感があって
それがよかったのかもしれない
実際、後期になると丼で味噌を溶くだけになってしまっていて
初期と比べると確実に味が落ちていたし
(それでも十分おいしかったのですが)

今住んでいる家からだと
電車に乗らないとおいしいラーメン屋さんには辿り着けず
寂しい思いをしていたのですが
つい最近、家から1分も歩かないところに
ラーメン屋さんができるらしい情報を発見

お店の名前からして、チェーン店ではないようで
どんな新風が吹き荒れるか、かなり期待…vv



musiQ

このアルバムだったのかどうかは
判らないのですが
朝の電車で隣に立っていた人のイヤホンから
ものすごい音量で音漏れしていて
思わず口ずさんでしまったのは
このアルバムに収録されている
「以心電信」

コンビニに行った時の有線で聴いたことがあるくらいで
まともに歌詞を意識して聴いたことがない
(しかも最近の若人の歌詞についていけない)私にも
聞き取れるほどの音漏れが出るってことは
聴いている本人の耳には
相当なダメージがあると思うのですが
どうなんでしょう
それとも
音漏れしている分だけ、本人の耳へのダメージは
少なくなっているのだろうか
いずれにしてももうちょっと体をいたわった方がいいよ、と
老婆心ながら注意したくなったりもした朝でした

ところで
「以心電信」…いい歌詞ですよね
のっけから、僕らはいつも以心電信♪ って…
ダジャレかよ! と突っ込みたくなるような
直球な物言いがすごくいい(←褒めてます)

まあいずれにしても
「以心電信」なのか「以心伝心」なのか「威信伝心」(これはないだろう…)なのか
判らず
検索してからカキコする私には
何を言う権利もないわけなのですが

最寄駅と、両隣の駅との間隔が狭く
さらにジムに通う都合上
会社―隣の駅まで の定期を購入しているのをいいことに
(いや勿論交通費はちゃんと最寄駅まで分しか
いただいてませんが…ってそれ当然…)
会社帰り、自宅の最寄駅のひとつ先の駅まで乗っていって
歩いて帰ってくる、ということを
最近定時間際に帰れた時にはよくやっています
お散歩がわりに

まあ、運動不足の解消(した気分)にもなるし
その道程のちょうど中間地点には
卸店がそのまま小売もやってます、みたいな
結構大き目のディスカウントストアがあって
そこにも寄れるので、いいかなと
(お値段が比較的安い(ただし一個一個の量が多い、
業務用に近いもの)てのもあるけれど
内装が倉庫をそのまま使ったようなところで
なぜかそういうところにいると私はワクワクするんです…)

neko050531そしてさらに今日は、嬉しい出会いがありました
道の途中にあるラーメン屋さんの前で佇む猫様発見!
逃げられるかなと思っていたのですが
たぶんお店で飼われているからなのだろうと思うのですが
めちゃくちゃ人に慣れていて
近寄っても逃げないばかりか
おさわりオッケー! なんていい子…!!
おなかの大きさから見ると、どうやらおめでたちゃんみたいなのに
全然警戒することもなく
しばらく遊んでくれました
…というか面倒だから抵抗されなかっただけというか何というか…
触らせてはくれたけれど決して携帯カメラの方を向いてくれなかったし


「ラーメン屋」で「猫」というと
以前働いていた会社の近くに、猫をお店で飼っていて
普通に店内を猫がうろうろしていた店があったのですが
あれって衛生法(ってありましたっけ?)かなにかに
ひっかからなかったのだろうか…
猫好きには大歓迎きわまりないけど
(というか私は大半猫目当てで行ってましたし)
そうじゃない人にはヤッパリきついだろうしなあ…


Prev | HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2005 memorable songs, All rights reserved.