admin admin Title List
台湾式マッサージに行ってきました

というのが
うちの近所に、そんなお店が最近オープンしたためでして
いろんなマッサージは受けたことがあるものの
そういえば「台湾式」って受けたことないなあと思い至り
こりゃ行くしかないなと

一度お店に向かったところ、30分待ちと言われ
お、この界隈なのに好感触なのね~と
この時点で嬉しくなり(閑散としていたら入る気がなくなる)
再び出直して
現地の方しかいないのを改めて見て、さらに期待が高まり
(何となく本場チックな香りがして嬉しくなりません?(汗))
いざ施術

蒸しタオルを山のように乗せられ、シーツか何かで封をされて
しばらくマッサージ
ほんわかして、ああこりゃ血行よくなりそうだな~と
かなりご機嫌だったとはいえ
この時点で、昨日(ジム)の影響(=腕の筋肉痛)なのか
肩やら腕がアイタタタ~だったのですが

来ましたよ
足踏み……

いや、むっちゃ体重かけられたとかではなく
むしろ気持ちよかったのですが
骨が…ぱきぱきとすごいイキオイで
入っていく音がして
驚きました
大丈夫か私の骨格……


満遍なく踏みつけられた後
オイルを塗ってさらにマッサージ
ごりごりごりと、逆に筋を痛めるんじゃないかってなくらいに
揉みほぐされて
締めに、頭を全般的にマッサージされたのですが
これがかなりよかった…!
肩こりや首こり(って言うのかな?)と同様に
頭もこるものらしいですが
ホント、ほぐされていく~~~…って気がして
多分一番この時が恍惚の瞬間でした

とはいえ
マッサージの善し悪しって
次の日以降になってみないと判らないんですよねぇ
今までも、面白がって色んなマッサージに行ってみるものの
次の日以降の、もみ返しが逆にキツイ、なんてことも
あったりして
さて今回はどうだろう
今のところめっきり快調ですが


ちなみにタイトルの由来は
さっきぐぐったら
志村けんさんが台湾に行くと必ず台湾式マッサージを受けてくる、と
ヒットしたため……
『志村けんプロジェクト』って
あるある大辞典のコーナーか何かなんでしょうか…??

kofuku060605あ、なんかある…と気づいたのは
下にも書いたとおり、昨日なのですが
今日見てみたら
更に花の形がくっきりとしたというか
蕾がむっちゃ膨らんでました
写真だと判りづらいけど

今月半ばどころか
今週中に咲いちゃうかなこれ…



Girlie vol.6

あ、大好きなコマが表紙になってる…と
個人的には思ったのですが
「のだめ」を読んだことがない方が見たら
どう思うんだろう…
看板に偽りなしといえばそうなのかもしれませんが(笑)

人が何かをどう好きになろうと
勝手にさせてくれよ、と思っていたので
こういった批評的な雑誌は敬遠していたのですが
最近はよく読みます
なるほどこういう考え方もあるよなあ、と
頷かされることしきりで
ちと大げさですが
勉強になるし…

で、この雑誌
巻頭特集の、のだめカンタービレの記事の充実っぷり
(キャラ解剖+二ノ宮知子さんのインタビュー計11頁)も
さることながら
読みたい、けどどうしよっかな~…と
後回し後回しにしていた漫画の記事(NANAの特集もよかった)とか
20年くらい昔に読んだよこれ! なつかし~…と
懐古感に浸れる記事もあって
ある意味夢中になって読んでます
よもやアホーガンに再びお目にかかれるとは思わなかったよ…

「美男子名鑑」なる記事もなかなかツボをつく内容でした
超・どん感で賞 → 久住智史(星の瞳のシルエット)
 確かにこの人がもうちょっとうまく立ち回れば話は早かったろうに…
ひた向きスギ賞 → 岩崎祝(生徒諸君!)
 そうそうそう、そうなのよ! 途中浮気するけど(笑)
守ってほしいで賞 → アンドレ(ベルサイユのばら)
 オスカルの影となりカストルとポルックスのように…記憶曖昧…
ガーリートキメキたい(大)賞 → 美童グランマニエ(有閑倶楽部)
 確かに公衆電話で小銭がなくて警察呼べないと焦る
 おバカ加減はスキですが…すみません個人的には魅録派…
 むしろ野梨子派…

誰もが認める王子様で賞 → 真壁俊(ときめきトゥナイト)
 …硬派で一匹狼のワル、そしてボクシング、更に王子様…
 ここまでポイント揃いって確かにすごいよなあ…

↑すごい人の筈なのに
 どうしてこんなにいじり甲斐があるんだろう…
 やっぱりある意味最強キャラだなあ…



とはいえ一点だけ困るのは
こういう雑誌を読むと
「気になる漫画」が
「ぜひとも読みたい漫画」になってしまうことですね

…明日は本屋ですか自分…



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2005 memorable songs, All rights reserved.