って、ご存知でしょうか

 → おはよう
 → ありがとう
 → しつれいします
 → すみません


早い話が「節目節目での挨拶はきちんとしましょう」という
奨励活動の一環なわけですが
そんな活動が、私の在学した小学校にあったのです
活動の具体例としては
・オアシスそれぞれの挨拶の言葉を羅列し
 「オアシス運動」を呼びかけるポスターをつくる
・お昼の校内放送で、週に一度(確か木曜)
「オアシス運動」について呼びかける
・朝の会・帰りの会(HRなんてオサレな呼び方を使い始めたのは
 高校生になってからの話です(汗))で
 ランダムに選ばれし生徒が、オアシスそれぞれの挨拶をソラで言う

…という程度ですが
ロロロ、ローカルネタですか…!?

因みに、余談になりますが
並行して「ストップ50」というのもありました
当時(今もか)、廊下を走るのは禁止されていたのですが
もし廊下を走っている生徒を見かけたら
「ストップ50~!」と指をさして叫び
叫ばれた(=走っていた)生徒は、その場に立ち止まって
50数えなければいけない、というもの
…こ、これは…ローカルというよりは確実に私の通っていた小学校だけに違いな…


で、本題

唐突ですが、私は
きゃぴきゃぴしている女性(というか女の子)は
微笑ましいなと思えるのですが
所構わず下品に騒いでいるような女(女の子も含む)は
ホントに苦手です
ぐったり疲れてぼうっとしたい会社帰りの電車の中で
えんえんと、聞きたくもないそいつらの
今までの男性遍歴から現在の性生活話を
最寄駅まで聞かされた経験からかもしれませんが
(イヤホン通して入ってくるくらいだから
よほどの大音響だったんだろうなあ…)

で、他人様の中身なんて、見た目では判断できないので
基本的に、真っ赤っ赤な他人様との接触は
極力避けるようにしていたのですが

今日、お昼は一人で食べてまして
つかのまの食休みを取っていたときに
隣に座っていた若い女性から
地図を片手に道を尋ねられたんですね
(傍から言わせると、人を寄せ付けないぞオーラ出まくりの人間(私)に
声を掛けるなんて
よほど差し迫ったものがあったのかもしれませんが)

で、地図上の目的地を指し示した私に対して
「ありがとうございます」と仰ってくださって
(明らかに、道一本、道なりの地図だったので
こちらとしては全然、苦でもなんでもなかったのですが)
なおかつ、しばらく経ってその方は、席を立つ時にも
「ありがとうございました」と仰って去っていったんです

一つ目の「ありがとうございます」だけで終わりってのが
普通レベルというか最低限の常識ですよね
道を教わったとはいえ、それ以上相手と関わる必要はないですし
けれど
その二つ目の「ありがとうございました」のお陰で
なんだかすごく嬉しくなってしまった自分がいました
ああ、(ごく簡単な手助けだけれど)助けてあげられたんだなという
満足感みたいなものと
ああ、最近の若者は~とかよく聞かれるけれど
世の中にはきちんとできた方というのは
まだまだちゃんといらっしゃるんだなという
安心感みたいなものと、で…
(今日、スーパーで堂々と横入りしていったおばちゃんのほうが
よっぽど先行き心配だよ…あれじゃ子供が可哀相だ(←子連れでした))

で、色々話がそれましたが
なにが言いたいかというと
挨拶って、本当に大切なんだなということ…
気をつけているつもりでも、「つもり」が一番怖くて
「できているつもり」になって、無意識のうちに
誰かに失礼な真似をしている可能性も潜んでいるわけで


しばらくは、オアシス運動週間で行こうかと思います(笑)

悠里's CAFE 悠里さま から
BOOK BATON なるものを受け取りました
MUSIC(MUSICAL)BATON の本版ですか…
いろいろ作られるものだなあ

さて
…「本」ですか…
安うけあいしたのはいいのですが
作家買いなものでむっちゃ範囲が狭い上に
皆さんよくご存知のものしか書けませんが
まあ
あらたな読書道の開拓には、他の方の記事を参考いただくということで(^^;

以下、回答です

1.持っている本の冊数

今の部屋だと100冊強くらい…でしょうか
置き場がなくなり、でも捨てるのも忍びなく
実家にムリヤリ送りつけた分も含めると
倍くらいになりそうですが
正確な数は不明…



2.最後に買った本(既読、未読問わず)
・エマ ヴィクトリアンガイド 森 薫 (著), 村上 リコ (著)

エマヴィクトリアンガイド 
…は、ここでいう「本」に含めていいんでしょうか…!?(汗)
ヴィクトリア朝の社会風俗がみっちりぎっしりで
かなり勉強になったのですが
エマ という作品への作者さんの思い入れも感じ取れたし

それ以外だとこの本ですね~

・バッテリー あさのあつこ

バッテリー 3
ここでも捕手があいくるしい…!
主人公はじめ少年たちの成長していく過程と
そこにある葛藤・理不尽さ、でも自分なりに納得して
(あるいは妥協して)進んでいく姿に引き込まれます
単に少年趣味の本じゃないぞ! ってことで…
(って、捕手が~とか言ってる時点で説得力ないですが(涙))



3.今読みかけの本 or 読もうと思っている本

・ハルモニア 篠田 節子

ハルモニア
購入した理由は……すみませんバレバレで…
いやだって主人公があの男性とあの女性だったら
ドラマ観ずにはいられないでしょうったらりら~♪
…で、何年か経った後、書店で見つけて
買ってしまいました…
途中まで読んで、オフでちょっとばたばたして一旦止まってしまい
さっき本棚あさっていたら発見…
さ、最初から読まねば…(涙)



4.特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)

5冊までですか…
MUSIC(MUSICAL)BATON で
遊佐未森さんには触れることができなかったように
新井素子さんの作品も同様に、
絞ることなんてできませんので、それ以外で

・銀河英雄伝説 田中芳樹

銀河英雄伝説外伝〈5〉ユリアンのイゼルローン日記(下)
なにはともあれ同盟派です!
勿論ヤン提督が…! ついでに紅茶も好き…!
私が持っているのはこの文庫ではないですが
ユリアンのイゼルローン日記は
ほのぼのしていて大好きで、未だに頻繁に読み返します

創竜伝、アルスラーン戦記、そして銀英伝
なんとなくこの三つって並べて表記したくなるのですが
一番、この作品が好きでした
ところどころ、田中先生の思想は色濃く出ているとはいえ
歴史はこうやって作られる(繰り返す)んだなあ、と
思わされる作品ですね

因みに全く関係ないですが
いつもダラダラしているけどここ一番はキメる
という、個人的な(男性の)理想像というのは
ここから出来上がったのかもしれませんです(汗)


・燃えよ剣 司馬遼太郎

燃えよ剣 (1)
購入した理由は…声を大にして言いますが
昨年大河じゃないですよ!
それ以前から、新選組(というか土方)は好きだったんですー!
京都旅行で新選組ゆかりの地ツアーを組む
或いは、土方歳三の墓を尋ねる
もしくは、函館五稜郭で涙しそうになる
という程度ですが(涙)

ただ、この本から私は新選組スキーになったので
ちょっとばかり偏りがありますね
今だから言いますが、昨年大河の主役は近藤さんなのかよ! と
ちょっぴり寂しかったりしましたし
(だから、続編にはかなりとてもむちゃくちゃ期待してますv)

他の、新選組関係の本もとても素敵な本が多いのですが
やっぱり私としてはこの本が一番です


・きらきらひかる 絵國香織

きらきらひかる
なんていうか
この作家さんの描かれる、不思議な人間関係(性別問わず)に
何となく惹かれるものがあります
現実社会ではこんなん絶対ありえねー! と思うものも
中にはあるのですが
まあそれはそれ
で、一作挙げるとしたら、やっぱりここに行き着くのかな、と

アル中の女性と
愛人のいる同性愛者の男性の夫婦
(と、その愛人)のお話なのですが
この女性というのが、観葉植物に色んな飲み物をあげる人でして
「この子たち、紅茶が好きなのよ」
みたいな台詞を言うシーンが、すごく印象に残っています
(印象に残っている割に、うろ覚えですみません(汗))
影響は受けたものの、紅茶(というかお茶系)以外は
後が怖いのでやったことはないですが
一度、天ぷらやさんで天かすをもらってきて
あげてみたら
処理がサイアクだったのか、土の表面がカビてきてしまって
あの時はホント泣きそうになりました…

確か映画化はされていると思うのですが
同名の、ドラマが放映された時
本気でびっくりしました
え、あれをドラマ化するの!? と…
(同名他作品ですよね)


・赤毛のアン モンゴメリ

赤毛のアン
…流石に世界名作劇場から入ったわけではないです(笑)
やっぱり一度は皆通る道なのではないかと
思うのですが
どうでしょうか…

グリーンゲイブルズの、美しい季節の情景とか
マニラ自慢のいちご水とか
当時の生活の雰囲気がとても好きです

小学生の頃、図書館で本を借りる時に判を押してもらう
図書カードを何枚にまで増やせるか という
勝負というか小競り合いというか意地の張りあいを
したことがあるのですが
その頃、この手の「文学作品」と呼ばれるものを
手当たり次第読み漁った記憶があります
長くつ下のピッピ」とか
美しいポリー」とか
若草物語」とか
少女パレアナ」とか(=ポリアンナ物語とは最近知った…迂闊…)
な、懐かしい……!

私が読んだのは、村岡花子さん訳のものでして
完訳版とかさらに出ているようなので
時間ができたらまた読み返したいなと
思っていたりします


・スイミー レオ・レオニ (著), 谷川 俊太郎 (翻訳)

スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし
こ、これを含めるのは流石に反則ですか…!
でも好きなんです…! 
「みんなで魚のかたちになって泳いで大きな魚をだます」
…ありえない!
『ぼくが目になろう』(でしたっけ?)
……ありえないー!!

でも好きなんです…!

他にも、「ぐりとぐら」とか「おおきなかぶ」とか
はらぺこあおむし」とか「100万回生きたねこ」とか
からすのパンやさん」とか…!

今の世の子供たちが、大人になってからも思い出すような
印象的な作品って
どんなものがあるんでしょうね、と
ふと思ってみたり



5.次にまわす人 5人まで
そんなにブログ友いません(涙)
拝読したい方はみな既にご回答済みでした~
ので、このバトンはここで終わりです

以上でした


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2005 memorable songs, All rights reserved.