録画しておいたのをようやく観ました
そして以前録画したGPファイナルやらなにやらを再び観て…
というお約束な展開です

織田選手
あの転倒は、観ているだけのこっちまで
あいててて~と言いたくなるほどの
見事な転びっぷりでしたが
優勝……! おめでとう~~

しょっぱなから痛い思いをしたのに
持ち直したのがすごい+よかったですね

彼のショートプラグラムも好きです
審査員へのアッピールの箇所が素晴らしい(^^
そして、ジュテーム・オスカ~ルな衣装も…v


中野選手
二位…う―――ん、惜しい!
でも、『攻めの姿勢で』という言葉がいいなと思いました

以前もどこかしらで書いたかもしれませんが
中野選手の、闘志あふれる表情(姿勢)が好きです
もちろん、演技中のしっとりとやさしい微笑みもいいのですが

技を他者と競うという立場にある以上
大なり小なり、他の誰よりも巧く見られたいという気持ちはあると思うし
その気持ちを、たとえば相手を刺しちゃうとか(昔そんな事件ありましたね)
そんな極端な例はいけないとしても
必要以上に隠すことはないと思うのです
そんな表情が一番垣間見える方なので、いいなと思います


しかし
ショート・フリーを一日で放送するって…
ていうか、優勝者の演技くらいゆっくり観たかったなあ、と……

もともと観るのは好きではあったものの
最近のブームに乗ってようやく
フィギュアフィギュアと騒げるようになった
(いろいろ詳しく見るようになった)
にわか仕立てのファンな身としては
なんていうかその…もちっといろんな方…というか
日本女子以外の選手の演技も観てみたいというか…
日本女子が今のブームの牽引役のようなものだし
ある意味仕方ないとは思うんですけどもね…

…深夜枠なんてそんなに面白番組があるわけじゃないんだから
もっと時間とってくれてもいいじゃん(←本音)…


つくづく
ふたつ以上のことをいっぺんに
うまくことを運ぶことができない奴だなあと
思わされます

…よもやこんなに対応が早いとは思わなかったよ…

まあがんばります
うん
にやり

久しぶりにまともにPCをさわった気がします

↓↓の記事を書いたそのときまでは調子が良かったのですが
布団に入った直後から、なにやらおかしな寒気が体中に走り
うわ、何かおかしいなーおかしいなー と思いながらも
そのうち収まるだろう、とだましだまし寝入ったのですが
朝っぱらから熱が38度越え…
平熱が低く、そんな数値をたたき出したのは
久しぶりのことだったので
おお!すげー!! と、妙に浮かれつつ
まあどうせすぐ下がるだろう と、何の根拠もない自信のもと
気楽に横になっていたのですが
そんな心境とは裏腹に、熱はどんどんどんどん上がっちまいまして
40度を越えた段階で、流石にこれはヤバイなと思い至り
フラフラしながらお医者さんへ行ってまいりました…

諸症状から、インフルエンザがまず一番に疑われたため
(というか私も九分九厘インフルエンザだと思っていた)
通常の待合室とは別の部屋にて
専門の検査(長~い綿棒で鼻の粘膜を取るやつ)を受け
問診に臨んだのですが
結局、その段階ではインフルエンザではなかったそうで
とはいえ、一応…って意味合いにて
風邪薬だけでなくインフルエンザ予防薬みたいなのを
いただいてきました

で。流石にその日の夜はフラフラのままでしたが
朝になってみたら、あっさり熱が下がってまして
……すごいぜお医者様の薬!! ブラボ―――!!

様子見しつつだらだら過ごして
どうにかこうにか復活です
PCだけでなくテレビもラジオも音楽も切っていたので
世の中の情勢に、いつものことながらまったくついていけてません
ところで、ダイハツ ビーゴのCMで
剛くんが“ごっつかわいい!”(多分)と言っているのが
“大塚愛!”と聴こえるのは、私だけでしょうか
…そしてホントに大丈夫なのかここのBlog…


改めて言うのも何ですが
健康って、ホントに大切なものですね
骨身にしみました……

いつ、早い乳業会社とサイトとかな?
まあ今後いつどうひっくり返るかは判らないけれどとりあえずBlogサービスも続けていこうと考えます
と、しずくが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゆんた」が書きました。



バファリンA 60錠


またしても風邪っぴきです
うすらうすら余計なところをいじったりしているから
治るものも治らないんですけどね
というかこの冬何回風邪ひいてるのかと……。…年……?
降雪対策とはいえ
大量にシチュー作っといてホントよかったよ…

昔からバファリン信者なので
熱が出ると、とりあえずな感覚で
バファリン様に頼ってしまいます

実際、熱がすぐに下がって
ぼーっとテレビを観ていたのですが
(↑“あるある~”が風邪特集(?)で
 リアルタイムでお役立ちだな~ と思いつつ…)
風邪の進行具合には4段階くらいあって
そのうち、熱が出てくる段階ってのがあるらしいのですが
熱が出た場合は、むやみに下げちゃいけないとのこと…


………
そりゃないぜマチャアキ……

東京にも雪が降りました
けっこう激しく降っています

雪のなか外に出るのもイヤなので
昨日のうちに、シチューを大量につくりました
ええ、そりゃもう、冬眠もできそうなくらい

シチューで週末を越すぞー!
(無理…)

■今後のポータルサイト「livedoor」の運営に関して

ポータルサイト「livedoor」は、月間約1400万人のユーザーの皆様からご来訪を、約300社の広告主からのご出稿を頂いており、既に法人としての株式会社ライブドアからは独立した「公共性」を有していると考えます。当社は、上記の認識に立ち、今後も、メディアとしての「中立性」「独立性」を最大限に確保しながら、ポータルサイト「livedoor」の運営を継続してまいります。

ポータルサイト「livedoor」の運営、サービスの提供については、一切の問題はございません。100万人を超えるユーザーの皆様にご利用を頂いている「livedoor Blog」をはじめ、ポータルサイト「livedoor」の各種サービスをご利用頂いているユーザーの皆様には、ご心配をおかけしたことをお詫び申し上げると共に、今後も変わらぬ、より一層のご愛顧をお願い申し上げます。




対応早いなあ
……そうでもないかな?

まあ今後いつどうひっくり返るかは判らないけれど
とりあえずBlogサービスも続けていこうと考えているようですね
……“現状では”、ね……


ポータルサイト「livedoor」と
株式会社ライブドアとが
同一のものではなくそれぞれ独立したものという考え方は
なんとなく、好きだなあと思いました

この例と比較するのはどうかと思いますが
スノーマークな乳業会社が過去にやらかしちゃったときに
そこがつくっていた粉ミルクまで製造中止になってしまい
それを飲んでいた赤ちゃんが、他のミルクを受け付けないので
本当に困っていたという側面があったらしいのですが
それと同様に
会社が何かやらかしちゃったからといって
(その“何か”がどうにもこうにも許されないことだとしても)
その会社が作り上げてきた、商品なり何なり(の、価値)までも
つぶしてしまうのは、もったいない気がしますし
困る人もいるはずですし
不買活動等の抗議的な活動は、やりたいひとだけやってればいい話で


亡くなられた人が出てしまったというのは
やるせない話ですけれどもね……

まなぶた今まで、まな板って
白くて四角いものしか使ったことなかった
…というか、それ以外見たことなかったのですが
野暮用で出かけた帰りにソニプラに立ち寄ったら
こんなものを見かけてしまい
こらえきれずお買い上げ
むだに時間がある分
日ごろは見ないようなキッチン用品の棚
(最低限そろっているので)を
見てしまったのが
ひとえに運のつきでした…

目も覚めるような色ですが確かに楽しいです

素直に驚き……
ある意味立派な情報開示ですね

Livedoor 社長日記



出る杭はなんとやらというか
一部の層の人たちが
ちょっと大掛かりな事件を起こして報道を分散したがるような時期に
ぶちあたっちゃって(←私見)、ご愁傷様というか…
うーん

東証の社長さんだったかな
“Livedoorの役員陣は、日本中の株式取引が止まるような
事態を引き起こしたことに責任を感じて欲しい” とか言ってましたが
いち企業に問題が起こった(結果、取引量が膨大になった)からって
取引を止めなければやっていけない程度の運営しかできない
自分たちの体制は、どうなのかと……ごにょ

もちろん、やっちゃいけないことをした(らしい)のは
Livedoorの方(らしい)のだから
あまり声高に主張するのも何なのですが
↑実はあんまりよくわかってない(汗)


『ライブドアポータルサービスは
 今後どのような事態が起ころうとも
 問題なく継続できる見込みが立っている』
のだそうです
(Livedoor社長日記 1月17日更新分より)

“ポータルサービス”に、Blogサービスは含まれているのだろうか…
引越しはイヤだなあ

TVnavi特別編集 「新選組!! 土方歳三最期の一日」 メイキング&ビジュアル完全ガイドブック


やっと来ました
ホント、待ってたよ―――!!

昨日の午前中、Amazonさんから
“発送がさらに遅れますよ~”という連絡があり
かなり凹んでいたのですが
その夕方、“今日発送しました”の連絡が入りまして
朝から気合入れて○川急便配達員さんを待ってました…
一度落としておいて、一気に引き上げる…
う~ん、Amazonさんてば、にくい演出ですね!

例のあの曲をオペラ風(←自画自賛)に、声も高らかに口ずさみながら
箱を開け、実物を手に取った瞬間は

……薄っ……

と思ったというのが正直なところなのですが
ページをめくってみれば、あらびっくり
内容ぎっちりもりだくさんで
大興奮しながら一気に読みふけってしまいました…

共演者との対談記事とか、超豪華……v
てか、ホントにこの方って(だけでなくスタッフの方もですが)
ものすごい思い入れをもって「組!」「組!!」に臨んでいたんだなあと
改めて思いました
そういう姿勢が垣間見れるのって、嬉しいです

TVnaviで連載されていた特集記事の再録があったのも
なんだかんだで買っていなかった身としては
嬉しいお話…
そしてさまざまな地方イベントの模様が
見れるのも、いいですねえ
(しかし福島での開催、まじ多いですね…)

一度、“発送が遅れますキャンセルしたければどうぞ”の連絡が来たとき
どうしようかな…と、ちょっとだけぐらっときたのですが
(ドラマ終わってから読んでもなあ…という気持ちもあって)
諦めずに待っててよかったよう~~
届いたのは第三版だったので、多分再販待ちだったんでしょうね
出版・印刷社の方、超おつかれです!

そして
改めてドラマを観てしまい、こっそり涙した夕べのひとときでした
にょほほ



* * *

みみっちい話で恐縮ですが
合計注文金額1,500円以上だと、送料タダってことで
この本と、別にすっごく必要でもないものをひとつ買い
ムリヤリ1,500円以上にしたのですが
この本の発送が遅れたため、もう一方の品だけ先に届いたのです

で、私クレジットカード決済をネット上でするというのが
やっぱりどうしても苦手感が拭いきれず
代引きで注文してもらっていまして
当然、先に届いたものについて、代引き手数料を支払って…

その直後に思ったのが
あれ? 後から届く本にも手数料支払うってこと!? 無駄じゃん!
ってことでした…
手数料二倍なんてことになったら
送料タダにした意味も半減するよなあ、と…

なんだよー。勝手なことしないで両方そろった時点で一緒に送れよーとまで
勝手に先走って思い込んでいたのですが
こういう場合、手数料をとられないんですね…! ブラボ―――!
結構舐めてかかってたのですが、Amazonさん…すごいサービスですね!


…もしや…じょ、常識…?(汗)

アクセス集中によるサービス影響のお詫び

ユーザーの増加に伴うアクセスの集中により、先週末からブログペットへのアクセスが一部の時間帯で大変繋がり難い状態にあります。
現在、負荷分散対応を行っており近日中に回復する見通しとなっております。
大変ご迷惑をおかけしております。
BlogPetからのお知らせ 2006年01月16日


確かに調子悪いんですよねえ
表示されないこともあるし
枠と背景画像までは無事表示されても
ペットだけ居ないときもあるし

うちのBlog読みに来てくださっている方
ホントすみません
(ここ自体の表示もちょっぴり遅くなっちゃうので)

「青春アミーゴ」センバツ内定 
ですか……

確かに“地元じゃ負け知らず”な猛者たちばかりだ(^^;





野ブタ。をプロデュース

青春アミーゴの画像がないのはなぜですかAmazonさん……!

バッテリー〈4〉


ようやく読み終えました
…てか、遅すぎ…

簡単に豪に声を掛けられない気持ちは
ある意味判らなくもないのですが
大切だと思う相手には、大切だという気持ちを
伝えられるうちにたくさん伝えておいたほうがいいと思います
思っているだけじゃ、相手には何ひとつ伝わらないし
それこそ
“いつまでも あると思うな 親と金”
ってやつではないかと

……親でもお金でもないですが……

猫写!―猫をじょうずに撮るヒント


ないのかなないのかなと
しつこく検索していたつもりだったのですが
やはり“つもり”でしかなかったようで
先ほど、ひょんなことから
大好きな写真家・新美敬子さん
公式Blogを発見してしまいました
やった――――――!!

この方の撮影される猫のなんともいえない表情が大好きで
写真集やらなにやら、追っかけまくっているのですが
(しかも写真だけじゃなく、エッセイ等、文章も
ほんわかとしていてとてもいいのです)
ちょっと前だったら、著作物から垣間見える姿以外は全てが謎な
プロの方とか、ひとことで済ませてしまえば“世界の違う方”の
日常的な風景にほんの少し踏み込むことができるなんて
本当に素敵なことだなと思います
ビバ、インターネッツ!!


新美敬子さん公式ブログ → 犬と猫がよろこぶ写真の撮り方

BraviSEAmo!ディズニーシーに行ってきました

東京に住み始めて、はや10年過ぎたのですが
そのうち、ディズニーランドに行ったのは
片手で足りる程度(ていうか一回のみ)
ディズニーシーに行ったのは
今回がはじめてのことです

ランドもシーも同様なのですが
いろんなショーがところどころで繰り広げられていて
いろんなアトラクションがところどころにあって
たまに唐突にキャラが出没して(=写真撮りたい)…と
さまざまな要素が同時進行で繰り広げられていると
どこをどうやって歩けばいいものか
とんと見当がつかなくなってしまうのです
1時間も遣わずに行けるのだから
何度も通えよ! って気もしますが
流石にそういうわけにもいかないし
「攻略法」と称して、ネットやら本やらで巡回方法が提示されているのだから
それをチェックするとかすればよさそうなものを
それもなんだか面倒くさ……むがぐぐ

やー、ホントに
持つべきものは、ディズニーに詳しくて段取り組み立てのうまい友人ですわ
いつもいつもすんません
またよろしくです!(オイ)

10年弱前に行ったきりの私の
記憶の中でのディズニーランドとの
比較になってしまうのですが
ディズニーシー……
ホント、全般的に大人向けの雰囲気ですね~
学校が始まったばかりで
くそ寒い冬の日
そして13日の金曜日ってことも手伝ってか(多分後者は関係ない)
かなり空いていました
ショーとか、開園ぎりぎりに行っても余裕で見れましたし
キャラと写真撮り放題でしたし

一緒に行った友人のオススメは
“ミスティックリズム”だったのですが
案の定、ハマりました…
なんだあれ……!
生演奏もダンスもすべてものすごい迫力で
飲み込まれてしまいました
ラスト近くの霧も(笑)
あれは時間がもうちょっとあればもう一回観に行っても良かったくらいです…

ラストの“ブラヴィッシーモ!”
す~~~ごい素敵でした……
隣に立っていた親子連れの、親はともかくとしてちびっ子は
かなり飽きてしまったようで
ちょっとぐずっていましたが

ミッキーの裏声を聴くと、ああディズニーだな…って思いますね
そして無性に真似をしたくなる…というかする…
不思議な声だ…


ミルクパン+DAFFY+プーメダル地方番組の録画を頼んだ友人への貢ぎ物やら
おいしそうなお菓子やら
(ケースが顔の形してたりして、これまた
購買意欲を面白いようにそそりますね…
俺の負けだよ、ミッキー…!)
いろいろいろいろ物色したうちの一部…
ちょうどミルクパンを買い換えようと思っていたので
ミッキーロゴ入りのほうろう鍋(多分ミルクパンだと思いたい…)と
DAFFYぬいぐるみとプーさんメダルです

DAFFY…
おみやげ物やさんで最初に見たその瞬間には
これ、ディズニー純正キャラなのかよ!? と
いぶかしんでいたのですが
……肉球に惚れました……
やるなあ、ミニー…


食事も昼夜コースメニューを摂ってしまい
おみやげ物も結構な額を注ぎ込んでしまったのですが
そうは感じさせない何かが
ディズニーランド・シーにはあるのかもしれないなと
改めて思いました
隅々まで気を配られたサービスとか
ミッキーの中には夢が詰まっている と言ってきかない
徹底した管理体制とか
芸術性あふれるショー・ダンスとか

……すごいなあ

美容院に行きました
……何ヶ月前だよ、前回行ったの……

ちょうど、そろそろ行きどきだなという時期に
首をやっちゃったんですよね~
お医者様に診てもらって、痛みはほどなくして引き
ただ座って施術していただく分には問題なかったのですが
シャンプー台がね……!
当時、のけぞった状態でキープするのは確実に無理でした…
てか、未だにキツイし
(美容師さんは「頭ラクにしてもらっていいですよー」と
言ってはくださるのですが
なんとなく頭が重いと思われるのってやだなあ…と思い
首に力を込めている、ただのええかっこしいです)

で。治ったあとでも
年の瀬に綺麗な頭で新年を迎えるべく準備するのはみな同様だろうし
ってことは、どこに行ってもコミコミだろうし
なんといっても、寒くて必要以上に出掛けたくないし
と、もともとのズボラな性格も手伝って
今の今まで知らんぷりしていたのですが
“プリン”なんてかわいい話じゃなく
カラメルソースかけすぎでしょそれ! という状態に
流石にヤバイと思い立ち
ようやく重い腰を上げたのでした
まあ、今日は割とあたたかかったですしね~(←最大要因)

頭頂部を染めるだけなので
美容院だと、金額もバカにならないし
市販の薬品で何とかしたいというのが
本音のところなのですが
その昔、市販の薬品を使ったときに
素髪(っていうのかな)の部分「だけ」茶色く塗ればいいのだろう、と
ど素人のあさはかな考えのもと
てっぺんだけ薬品を塗りたくったうえに
素髪だから、染まりにくいはずだ! と
何の根拠もない思い込みにより
放置しすぎて
てっぺんだけ金色に近くなってしまったという
忌まわしき過去があり
再び市販品に手を出す勇気が出せずにいます

ここまでのたっぷりプリン頭で行っても
それなりになんとかしてくれるってのは
流石というかなんというか
プロですね……


今まで、トラックバックによるスパムを防ぐためにいくつかの施策を行ってまいりましたが、2006年1月10日より、トラックバック元の記事にトラックバック先のブログURLが含まれていない場合、受付を拒否する仕組みを導入します。

この仕組みの導入により不特定多数のブログに無関係のトラックバックを送信することができなくなります。トラックバックを送信する際に、2,3個のブログにまとめて送信される場合は記事の中で送信先ブログのURLを入れるようにしてください。
livedoor Blog 開発日誌 2005.12.28 


たまに覗いてみると
結構重要なことが書いてあるものだなあと
改めて思いました(^^;

確かに、記事をアップした瞬間に
アダルトサイトからのトラバが入っていたりして
困っていたといえば困っていたのですが
(まあ、ハシにも棒にもかからないblogなので
そんなにひどい襲撃ではないですが(笑…?))
これって、自分がその機能を使おうが使わまいが
自分がトラバを送信するときには
相手方のアドを「記事中に」入れなければいけない
ってことなんですよね、livedoorさ―ん…

別に
こんなとこにトラバしてやがる、プッ
とか思われてしまうような記事に
飛ばすことはないので
いいんですけどね
もともと、送信先アドレスを記載するというのが
blogのマナー(みたいなもの)だったとか
聞いたことあるようなないような気もしますし

というか、あまりトラバ自体使ったことがなく
(スケートや組!の記事のときくらいかな…あ、あときなこもちチロル…)
そういうときって、人様の記事を読ませていただき
ああ、この方の文体や感じ方は素敵だな~と
思ったところにのみ飛ばしてきたのですが
なんていうか、“自分が好きなもの”のことを書くにしても
妙に毒づかず、変にマンセーし過ぎず
さらりと書ける方って、すごいなと思います
他の何かと比較しないと、その価値を見出せないというのは
あまりに哀しいことですし



ところでlivedoorさん!
個人的には、いただいたコメントやトラバが
即座に表記されるような仕組みの方を
何とかして実現欲しいのですが……
いろんな機能は正直いらないです…使いこなせないから(涙)…

明日…というかもう今日ですが
とりあえず夜が明けたら
始業式の日だそうですね
がんばれ、ちびっ子たち!(笑)

まあ人のことばかりは言っていられないってのが
本当のところでして
“冬休み”と呼ぶにはあまりにも長い
だらだら期間を経てしまった今
うまく脳および体が動くのか
ちょいと疑問なのですが
それなりに動き出そうかと思います
物事を実現させるには
頭であれこれ成否を考えるだけではなくて
それが正解かどうかはともかく、動いてみることが
肝要だと思うので

てか
一番の敵は寒さだ―――!
がんばろ―――


鉄道員(ぽっぽや)

今、観てます

やばい高倉健さんが渋すぎる……!

哀愁漂う男の背中はいいですね

こないだ、しずくが
あたりされるシーンでの迫力にはドキドキしてしまいました八犬伝(6)実家においてあるこの作品をまた読みたくなってしまった次第もう文庫化されてしまったのでしょうか…
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゆんた」が書きました。

昔のPC用ソフトを漁っていたら
懐かしいものが出てきました

これ
PostPet TypeLand 2 打モモも

……の、前作の方です

タイピング練習用ソフトなのですが
普通に単語をつらつら入力していくものと
運動会モード として
入力した正確性や速さによってペットが競技の結果が変わってきて
頑張っている姿がまたかわいいのです

その都度その都度、自分の成績が残せるので
当時勤めていた会社の先輩に、モモスキーさんが居たのですが
その方と張り合い、一時期狂ったようにやっていた記憶があります

こういうのって、一度やりだすと妙にはまってしまいますよね
一時期(多分これが売り出されたころ)
この手のタイピングソフトが流行ったことがあったと思うのですが
ヨドバシかどこかで“ご自由にどうぞ”とばかりにセッティングされていた
ガンダムのやつがめちゃめちゃ面白かった記憶が…

てなわけで
早速インストールしてみました
案の定、はまりました


……指と腕が痛いです……




* * *


昨日のへたれなコメントにお気遣いいただいた皆さん
ごめんなさい
ほどよく復活しています
本当に、ありがとうございます

木の実となんとかのケーキたまに
「甘いもの」という大まかなくくりではなく
ピンポイントで「ケーキ」が
無性に食べたくなることがあります

自分で焼いてもいいのですが
“思い立ったが吉日”ではないけれど
作っている過程でなんだかお腹いっぱいになってしまい
どうでもよくなってしまいますし
とはいえ、この寒さでは
そうそう遠くまで出歩くのもしんどくて…
ちょっと前に、うちの目の前にあったケーキ屋さんが
なくなってしまったのですが
今にして思えばあれはホントに痛かった……

てなわけで
近所のお店のなさにうちひしがれながら放浪中に
スーパーに入っている、リトルマーメイドにて
ケーキを発見し、飛びついてしまいました
滅多に覗かないので、ケーキを扱っていること自体
知りませんでした
おいしかった~



* * *

人の痛みや苦しみというものは
表に出そうと出さまいと結局のところ
そのひと本人にしか本当の意味では判らないんだなと
思うことがあります
無責任な言葉でえぐられるのは
後々まで引っ張ってしまい、思いのほか辛いです

トホホ

近年まれに見るレコーダーの稼働率で録りまくった
年末年始の特別番組…
今日、一気に観ました
古畑~は、リアルタイムで観ていたのですが
あらすじを知ってから改めて確認したくなるであろうものもありますし
録画できる日のものは録画しておいて
改めて今日見直した次第


NIN × NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE プレミアム・エディション


まずはこれ
…ケンイチくんというよりのび太くんでは…? というのが
一番の感想
てか、それ以前に「ハットリくん」の中の男の子は
「シンイチくん」だと思っていました
なぜだ?

このころの慎吾ちゃん、痩せているというか
いい体型してますね…!
ものすごいダイエットしたのって、この頃でしたっけ

子供向けなのか大人向けなのか、微妙だよなあ…と思いつつ
とりあえずの録画だったのですが(失礼)
浅そうで実は深いことを言っているのがよかったです
難しいことを簡単に伝えるのって本当に難しいことですし


警部補 古畑任三郎 サウンドトラック Vol.2
とりあえずこれ貼ってみる

「今、蘇る死」

何はともかく、藤原くんが……!!
沖田役のような、やんちゃな役もよかったのですが
こういう、ちょっと狂気を帯びた役もまた、いいですね~
銃が暴発する寸前の顔なんてもう……!

ちょっとトリック(…というか、石坂浩二さんに操られたという類)に
無理があるんじゃ…と思わなくもなかったのですが
人間、欲を出すとああなるのかもしれない、という
危うい面が描かれているのがいいなと思いました

ホントはこれも録画したかったのですが
致命的なことに
うちのレコーダー、ダブ録じゃないのです
……今回の放送時間の被りは、久しぶりに泣きそうになりました……


「フェアな殺人者」

イチロー、すげ―――!!
この一言に尽きますね
大リーガーなんだから芝居なんて頑張ってないで
本業しなさいよ本業を! と、ちょっとだけ思っていたのですが
まったくもって自然に観れちゃいました

「野球を教えてくれたのが兄だから」という、ある意味シンプルな理由が
切ないですね
美しい兄弟愛に一票…


「ラスト・ダンス」

個人的に、しょっぱなで出てきた
仕事着の姉の方が可愛いなと思ったのですが(汗)

妹とはいえ、死んじゃった人が着ている服を脱がして身につけるってのは
どうなんだろうと思いつつ
『家政婦は見た』ばりに大活躍(証言とか)する展開に
およよと思いつつ
ずっと日のあたらない場所にいた姉の心情が痛くて
引き込まれてしまいました

…てか…ホントに死ぬのが妹の方だったとは…

ああ、待ったさ!!

なにをって
新選組!! 土方歳三 最期の一日
ですよ…
本当に本当に、待ってました!!

本放送前の番宣とか特別番組とか
いろいろいろいろ、これでもかってなくらいに放送されたから
ってこともあるのですが
ここまで思い入れをもって待ち、臨んだドラマって
今の今までなかったように思うので
何を書いていいのやら判らなくなってしまいました
(少なくとも、昨日のうちにはまとまらなかった)

いや~……
よかったです……!

榎本武揚との対決部分を、丁寧に描いてくれていたのが
まずよかった…
この部分を、見ているこっちにもきちんと納得できるように
描いてくれないと
副長だけが悪者ですし
最初、榎本が副長を「リアリスト」と称したことに
へ? と思ったのですが
後でちゃんと「ロマンチ」と訂正したところも好きです
自分以外のだれかに、自分の全てをかけるだなんて
そうそうできることではないですしね


そういえば
これは「新選組!」「新選組!!」に通じて感じたことなのですが
このドラマのおかげで、人物感が大分変わったように思います
山南先生とか榎本とか大鳥とか
私の中では、はっきりいって悪者だったのですが
よもや自分が、山南先生切腹のシーンで
涙することになろうとは……

山南先生といえば
回想シーンもよかったですね~
試衛館時代の、ほのぼのムードが復活していて…



榎本との語らいの後
死に場所を求めていたはずの戦いが
生きるための戦いに変わった直後の
さっぱりした表情が、これまたとても素敵でしたね
水を得た魚のようにあんないきいきした表情の副長は
山本さんにしか演じられないよ…
そしてその直後の、局長に語りかける台詞と
その後の史実との対比が哀しくて、ただただ涙……
重ねられて出てきた発句帳も、さらに涙を誘います

最期の台詞が
「新選組副長 土方歳三」
なんですよね…
「陸軍奉行並 ~」
ではなくて
どんなに時代や情勢が変わっても、この方は
新選組副長 として散ったのだろうと思います

年始早々、涙を胸の奥から搾り取られるような
本当に、いいドラマでした
唯一、気になる点を挙げるとしたら
副長に酌をするときにワインラベルを下に向けるってのは
どういう了見だ榎本―――!
ってことだけです
ハイ

山本さん、本当にありがとう―――!
そして、お疲れ様でした……!


NHK大河ドラマ 新選組 ! スペシャル DVD-BOX


…金がなく泣く泣く諦めたのに欲しい熱が再燃……っっ

主役に「滝沢」くん起用ってのは
ギャグなのか―――! と思っていたのですが
(念のため注:南総里見八犬伝の原作者は滝沢(曲亭)馬琴)
面白かったです…!
ところどころのCGと珠(の文字の浮かび方)がおもちゃのようだったのが
残念っちゃ残念ですが

個人的に、犬塚信乃戍孝って
ちょっとおまぬけキャラというイメージが強くて
(村雨丸を古河に納めに行くってのに、その前にちゃんと確認しろよ! と)
え、タッキーなの!? と正直思ったのですが
真面目でまっすぐなキャラを演じさせたら
タッキー、最高ですね
それ以前の現代劇の印象より、「義経」あたりの印象のほうが
強いからかもしれませんが
時代劇でのタッキーをもっと観たいかもです

あと、びっくりしたことといえば
玉梓かなあ…
玉梓 イコール お色気ムンムン熟女(…死語…)
というイメージの塊だったので
かたせ梨乃さんを超える役者さんはいないよ! と息巻いていたのですが
菅野美穂さん…この方ホント演技の幅が広いですね…
処刑されるシーンでの迫力には
ドキドキしてしまいました


八犬伝 (6)


実家においてあるこの作品を
また読みたくなってしまった次第
もう文庫化されてしまったのでしょうか…
手持ちのものは、A5(変形?)サイズで
2巻くらいまでが「THE 八犬伝」というタイトルロゴなのです

昨日は一日中外に出なかったので
今日、ようやく年賀状を確認しました
今年の元旦は日曜日だったと思うのですが
それにもかかわらず、配達してくれたわけですね
ゆうメイト(って今でもいうのでしょうか)の皆さん、お疲れ様です!

この年になると、ほとんどの友人が
個人としてだけではなく家族単位で年賀状をくれるので
単なる図柄だけではなく、一家の写真を載せた年賀状が妙に多くなるのですが
友人の子供ズの成長過程を見るのって
なんとなく楽しいものです
特に地元の友人だと
私自身が実家に、年末年始とかお盆とか連休時とか
一般的に帰りやすい時期ではなく
ど平日にふらりと帰ることが多い(というか殆ど)なので
お酒を飲みに行くという場合でもない限り
子供ズつきで遊びに行くことが多く
(相手の友人の子供ズを預けるあてがないので)
大体の子供ズとも会い
「おねえちゃん」と呼ぶよう固くしつけて帰ってくるのですが(汗)
この子達、次に会うときまで私のこと覚えててくれるかなあ…と
ほっこりします

もろ、年賀状のCMだったのかどうなのか
忘れちゃいましたが

年賀状を書くことは、遠い友人のことを思い出す良い機会だ

というようなフレーズが印象に残っています
印象に残っているという割に、フレーズ自体うろ覚えなのですが(汗)
確かに年賀状って、ただでさえ作業時期は特に忙しい年末だし
巧く作ろうと思うとかなり面倒くさい作業ではあると思うし
相手を思う気持ちよりも儀礼的な意味合いのほうが
強いと思わされることもなくはないのですが
大切にしたいイベントのひとつです
いただくのも嬉しいですし



年始のうかれムードのもと
日が沈んだあたりからすでに飲んだくれています
おせちもいいけどカレーもね
というほど、おせち料理を食べまくったわけではないのですが
そろそろ普通食が恋しくなるのが人の常というか何というか
ピザなんぞつまみつつ、その延長で飲み始め
そろそろワインがひと瓶空きつつある頃

ちなみにどうでもいいですが
近所のスーパーにて
年末に覗いたときには80円だったレトルトカレーが
今日覗いたら、120円になっていました
……やるなあ、サミ○ト……

こんなにテレビにかじりつきっぱなしだった年末年始は
初めてかもしれません
てか、NHK様々……! ここに尽きますわ

まず紅白
紅白をここまでしっかり観たのも史上初かも(笑)
…山本さん、司会超おつでした―――!!
みのさん相手によく頑張ったよ……
そして

白組の勝利もきっと、山本さん効果に違いないよ!!(笑)

……でもあれだけ赤組が豪華なゲストぞろいだったので
よもや白組が勝利するとは…びっくり……


最大のポインツは
ケミストリーの曲の前の応援トークですね

「かっちゃん!」
「トシ……!」


……フォ――――――!!
もう、ただただ大興奮でした!
仮にもアイドルなのに、公衆の面前で口の中に拳を入れる
慎吾ちゃんもサイコーでした!

仲間由紀恵さんの司会も巧くて、正直驚きでした
お芝居だけなのかなと思っていたのですが
うまく立ち回れる器用な方なのかもしれませんね

個人的に、小林○子さんの衣装よりも
倖田來未さんの衣装が楽しみだったのですが
(NHKで放送できる衣装で来るのかどうか)
曲のときの衣装…おお、かわいい~v でもそのあの何か物足りなくないっすか?
と思っていたら
やってくれましたね~
スカート部分を取るのまでは予想できたのですが
まるでふんどし姿のようなシルエットに
ただただ乾杯…v


で…ジャニーズカウントダウンライブ……

毎年思うのですが、ここまでジャニーズが一箇所に集められちゃうと
ファンの間での入場競争率が高くなっちゃって
大変…ホント大変ですよね……
ある意味、罪なイベントだなあ

V6が10周年てのもビックリでしたが
全員がバク転を当たり前にできるのがすごいなあ、と…
最近のジャニーズ界ではバク転バク宙当たり前なのかもしれませんが
あの場にいたFANの子達の中に
昔、グループの中の一人がバク転をしばらくできなくて
そのネタで映画まで作られた…ということを
知っている子は何人くらいいるのだろう……
そして確実に
昔の曲のほうが一字一句間違えなく口ずさむことができた自分に…トホホ


そして「スタジオパークからおめでとう」…
当然のごとく、出番のころには寝ていたので
今、録画しておいたのを観直しています
ちょこりちょこりと他の番組でも映像が出されていたので
同じシーンが使われるのかなと思っていたのですが
それまでとぜんぜん違うシーンが使われていて…
もうホントNHKさんってば! ツボを心得てらっしゃる!

鉄之助に写真を渡すシーンが……涙先取りでした……
(もっと鉄之助がごねるのかと思っていたのですが
その前に色々葛藤があったのかな?
その辺も、本放送に期待……)

例の写真は、怖いくらい似ていますね
写真を作るまでの工程でのこだわりにも、感涙……

本放送、ホント楽しみです

あけましておめでとうございます

このblogを通じてお友達になれた方も
サイトからここへ立ち寄ってくださる方も
本当にありがとうございます

基本的に私のほうは暇人でもあり構ってちゃんでもあるので
適度にお付き合いいただけると幸いです

今年もよろしくお願いいたします

いぬどしねりきりおせちを全種作るほどの根性はないので
適当に食べたいものだけを買い、いただきました
これは、見つけた瞬間に“買いだ!!”と思った
練り切り……
ほんのりとした甘みがとてもおいしゅうございました
和菓子は日本の宝ですね


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 memorable songs, All rights reserved.