admin admin Title List
で、今日は何をしていたかというと
午前中に配送されてきたニュー本棚に、せっせこせっせこ本を移し変え
一日が終わりました
ほぼ6時間がかりで…まじ疲れました
でも、かなりすっきりと納まってくれて大満足です
奥行きが案外広く、文庫本が三冊並ぶのも
功を奏してくれました
棚が余っている状態なんて、人生で初めて見ましたし

しかしあれですね
こういう整理作業って、センスがでますね
可動棚が3枚ついていたのですが
その割り振りに、4回くらいキレそうになりました
背丈の真ん中よりちょっと下に動かない棚があって
その上下を上手く区切らないと
文庫本・コミック・A5版とさまざまなサイズの本を
効率的に納めることはできず(本を入れたときに
棚の上部に半端な隙間が空いていたりとか)…

4回くらいキレそうになったってのは
4回くらいやり直したってことなんですけどもね
orz
どうも私は昔から、そういう計算がうまくできません

可動棚といえば
最近の家具は、可動棚を止めるピンが
ねじ留め式になっているんですね!
ぐりぐりっと押し込むものしか見たことがなかったので驚きました
他にも、即板にあらかじめ穴が開いていて
ふたつの本棚(同じものを買いました)をぴったり並べ
ビスを通して連結できたりして

なんていうか…進化してるんだなあ……

昨日のことですが
バイト先で同じ部署にいるおばちゃんたちと
近くのお店へランチをご一緒しました

尋ねるのも失礼なので、いままで知らなかったのですが
お年は、どうやら私と同年代の息子さんがいらっしゃるそうで
逆に言えば私の母と同じくらいの年代ってことなのですが
今は時代が時代とはいえ、この年で一人身のままフラフラしているのは
なにゆえなのか、やはり気になったようで
結構、根掘り葉掘り訊かれました
(別に訊かれちゃまずいことをしているわけではないので
訊かれること自体は構わないんですが)
特に、結婚のこと
で、そのとき出たおばちゃんのひとこと

“親としては、子供が親になった時点で
ようやく一人前と認めることができる”

ちょっと目からウロコでした

正直私は、結婚して子供を生む=孫の顔を見せるということが
“親孝行”になると思っていたんですね
一人前と認めてもらうということも、広い意味で言えば
親孝行にあたるのかもしれませんが

やっぱり親はどこまでも親で
子供の自立というものを望んでくれているものなのだなあと
ちょっぴり慢心気味だった自分にうちひしがれてしまった午後でした…



実は親(とくに父親)大好き人間なのですが
最近流れているS●-n●tのCM(女の子のほう)……なんなんですかあれ!

無駄にうるさいのが嫌いなので、終始シャウト気味ってだけでもイラッとするんですけど
さらにその内容が…

“パパと一緒にごはんも食べる、パパと一緒にお買いものにも行く、この際洗濯物も一緒でいいから…”

確かにメアド一緒ってのは絶対にイヤですが
一緒にごはん食べたりいっしょにお買いものに行ったり洗濯物を一緒にしたり…って、そんなに恩着せがましく言うほどのことですか?

誰のお陰でそこまで育ったと思ってんのアナタ(だいたい、お洗濯するのもアナタじゃないでしょ)?と
首根っことっつかまえて怒鳴りつけてやりたくなるのは私だけなんでしょうか…

あまりいいイメージを持てないCMが最近多いですが、見ていてここまで不愉快になるCMって、他にないです
出演している女の子はとてもかわいいのに、もったいない……

フラワー・オブ・ライフ (3)


あれ!? もうそんな(続きが発売されるような)時期!? と
本屋で飛びついて買ってきました
そういえば前の巻が出てから大分たってましたね

本棚交換のため、部屋の本を箱詰めした矢先だったので
2巻のおさらいができず、う―――ん…と思いながら読んだのですが
まったく問題ありませんでした
というか、この作家さんの作品は、みんな強く印象に残っている気がします

で。今巻はなんといっても山根さん
すっっっっっげ―――わかるよその気持ち!! と思ってしまいました
人からの借り物…というか、本をぞんざいに扱う輩は
それだけで信用しなくなります
表に出すか出さないかはともかく
(作中の山根さんはよくできた人ですが)

ハルと翔太のけんかのお話も良かったです
本当に言いたいことを言い合えるのが
友達ってやつだと思いますし
友達だから言えないこともある、というのも
哀しいかな、現実でもありますが

彩雲国物語 藍より出でて青



手に入れたのは先週(結局、●善さんでは見つからず
他の本屋さんにて購入…今は普通に売ってました…)なのですが
読み始めたら一気に読んでしまいたいので
読み始めるタイミングを逃してしまい、今に至る本が
ここに一冊……
そろそろ読むぞ―――!



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 memorable songs, All rights reserved.