カラクリオデット 1 (1) / 鈴木 ジュリエッタ

彩雲国物語 第1巻(待ってました…!)のイメージ画像はとっくに登録されているというのにこちらは出ないってことは、やはり画像登録なしのままでいくのかなあ…ううう。
まあそれはさておき。帯のコピーにビビっときて(例えが古いな)これこそまさに衝動買い。けど、大当たりでした。

主人公・オデットは、高名な天才科学者・吉沢博士に創られたアンドロイド。人間に近づくべく高校に通い始めててんやわんや…なお話。天才科学者とアンドロイドの組み合わせと見た瞬間Dr.スランプを思い出し、ぺろりと頁を繰った瞬間に、おいおいおいセクサ…(以下自粛)かよ!? と、掲載誌を無視して色んな妄想が頭の中をぐるぐると駆け巡ったりと色々大変だったのですが、どちらも違った(当たり前です)…。かといって重苦しい葛藤があるわけでもないので、さらりと読み進めることができました。何よりオデットがめちゃくちゃ純粋で可愛い。
第四話・アーシアのお話がお気に入りです。血まみれの猫を抱いていつもどおりの微笑みを向けるコマはむちゃくちゃシュール。“作りもの”であるが故の怖さがじわりときます。

こうなると、吉沢博士の過去が気になるところです。いやほらそれはやっぱりさ―――オデットを創った動機が気になってさ―――…。と、読後も色々考えさせられる作品でした。続きが楽しみ!

銀河鉄道999 (劇場版) 銀河鉄道999 (劇場版)
松本零士、 他 (2002/10/21)
東映ビデオ

この商品の詳細を見る

某清涼飲料水のCM。目の当たりにした瞬間、全ての動きを止めてテレビを凝視してしまいました。例のCMって、初代のCMのイメージが強すぎてじょびじょば――っとどこからなにを出す音なのだろうとか色々考えてしまい、あまりいいイメージがなかったのですが(下品ですみません)、今のバージョンは……。なんかもう全てを超越しちゃっている気がします。日本国民の1割くらいは敵に回したのではないかと思うのですが……いいのかサン●リーさん。全く持ってやる気の感じられない哲郎の“ば―――”が素敵。

某ファーストフード店にて。会計が1,200円ちょいで、ちょうど100円玉を切らしていたので、2,000円とちょいを出したのですが、担当してくれたお姉さんに“おあと200円はよろしいですか”と尋ねられました。思わず反射的に“あ、はい、すみませんがそれで”と謝ってしまったのですが、一体私にいくら払わせるつもりだったのだろう……。謎。

ひょろりとした人よりも適度にがっちりした人の方が好きなのですが(筋肉マニアではないですが)、最近観たなんとかって番組でぐっさんとワッキーがどこぞの炭作りをお手伝いしていて、不覚にも惚れ直しました。白ランニングと白はちまき手ぬぐいと地下足袋と…あれをあんなにスマートに着こなすぐっさん、最高です。そこに青空と大自然がついてくるとあんなにも心躍る画面になるわけですか…ああびっくりした。鉄腕DASHでのTOKIO(特に上から三人!)の野良仕事姿もむちゃくちゃ好きなのですが、こちらもなかなか捨てがたい(何様だ)。久しぶりに新たな萌えツボを発見した気分です。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 memorable songs, All rights reserved.