上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜ここを書いた後お風呂に入りガリガリ君を食べたらいい感じに眠気が飛んだので、めずらしくPCもつけずに色々雑用をこなして、布団に入ったのが2時回った頃だったのですが今日起きたら12時を回っていました……昔はもっとひどかった(17時起床とか)ので、それに比べれば幾分マシといえばマシなのですが、昔よりも長時間労働を強いられていないという前提があるのにこの調子というのは、なんだか鼻の奥がつんとしてきます。

それはさておきガリガリ君。これぞ夏のアイス!って気がします。冬にこたつで食べるアイスもこれまたオツなものですが、冬に食べるものはクリーミーで甘めなものの方が多い気がしますし。
とはいえ、子供の頃にガリガリ君を食べた記憶があまりなく、食べ始めたのは大人になってからのような気がします。一番良く思い起こされるのは、今は亡き(なのかな?)グリコのダブルソーダ・パピコ(こっちは今でもありますね…ちなみに白派)。ダブルソーダというのは文字通り、二本のバーがひとつにくっついた形のもの。ふたり兄妹で、真ん中からぽきりと折って一本ずつ食べていました。おばちゃんおばあちゃん家でもなぜかダブルソーダの大量在庫が用意されていて、遊びに行くと従兄弟とみんなで並んで食べていた記憶があります。

……が。あれって、二つのバーがくっついた真ん中の部分が、折れやすいようにちょっと細くなっていて、折るとそれぞれのバーにおまけっぽくくっついてくるのです。で、そのおまけの量でどちらのバーを選ぶかケンカになった(しかも毎回)ような記憶が……だってあの手のおまけ部分ってなんだか妙においしいですよね。カステラの、めくり紙にくっついたおこげ部分とか、ポッキンアイス(チューペット?)の、絞り口部分とか。って……昔から意地汚いな……。

てか、次第にパピコ率が高くなっていったのはそういう理由なんですか母・叔母・祖母……。
スポンサーサイト

魔法のコトバ 魔法のコトバ
スピッツ (2006/07/12)
ユニバーサルミュージック

この商品の詳細を見る


ハチミツとクローバー……アニメ化されたことは知っていたのですが、映画化もされていたんですね……CMを観てびっくり。観たといっても片手間に流れていたのをチラ見していた程度だったのでよく判らないのですが、主人公とおぼしき女の子がえらい芸術的な絵を描いていたのが妙に印象的……そういうお話なのでしょうか…? 例のごとく原作未読なのでよく判らない……。
しかし最近原作つきのドラマ・映画って多いですね。元のイメージにぴったりあった俳優さんを見つけてくるのって大変なのではないかと…。

で、魔法のコトバ。やっぱり一曲リピートで聴いています。ああ、いいですねえスピッツ。希望に満ち溢れるようなメロディラインなのに、歌詞は進行形ではないというこの裏切りが素敵。だからなのかどうなのか過去にとらわれじめじめしているような印象がなく、明日に向かって頑張ろうって気になれるのかなあと。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 memorable songs, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。