memorable songs

ARCHIVE PAGE: 2006年12月

No image
READ MORE

ゆく年くる年

紅白と何とかという格闘技とをチラ見しつついろいろやっています。さっさと風呂に入り年越しそばも食べたので、あとは寝るだけです。金曜まで働いていてなんとなく昨日今日は通常の土日と感覚が変わらないので、年末年始という気があまりしないんじゃないかと思っていたのですが、結構くるものですね。なんだかわくわくします。正月料理なんてものは満足に作れないしってことでほとんどお買い上げで済ませたのですが、流石に申し訳...
READ MORE

のんべんだらりと新年を待つ

カレンダーを取り替えました。これはトイレ用です。今まではかたつむりに足が生えたような謎の生物やら妙ちきりんな記号やらが羅列したものを使用していたのですが、今回はこれ。色彩の鮮やかさに魅了されてお買い上げです。部屋用には、渡辺宏さんのイラストのもの。表紙からでかいひつじ雲の上にくまがのっていて、そのやさしげな雰囲気にイチコロでした。手が空いたとき、たらたらネットを見ていたら、こんなものを発見しました...
No image
READ MORE

仕事納め

本日が仕事納めでした。社会に出てからというもの、29日まで出勤という会社に勤めたのは初めてだったので(……というほどたくさんの会社を渡り歩いてきたわけではないのですが)ちょっぴり楽しみだったのですが、案の定朝っぱらから幸せでした。なぜなら電車が。いつもいつもみっちみち、急ブレーキはもちろん、ポイント通過で揺れるたびにどわーっと人が倒れこんでくる(毎日通るルートなんだからいい加減耐性つけろと言いたい…...
READ MORE

クリスマスター

しかしよりによってイブが日曜って……なんて使えない日程なんだろうと思ってしまいますね。ちびっ子たちはすでに冬休みに入っているのでしょうから、大手を振って食って飲んで(←?)できるのだろうなとうらやましい限りなのですが、この年になるとどうしても次の日のことを考えてしまうというかなんというか。来週中はもういいよと言いたくなるけど言えない飲み会も控えてるし、なんだかなもう。といっても、もともとこういう日に...
No image
READ MORE

前言撤回

年の瀬などと感じないほどのんべんだらりとやっていけるつもりが、なんだかやたらと忙しいat会社。定時で上がってはますけどね。意地で。そのかわり超~フル稼働なので、布団に入ると5分でぐっすりです。そしてぎりぎりまで寝ている……。何をやっているかというと、おおまかに言えば書類整理。大好きなんですよそういうの。さすがに終日それにかまけていると飽きてきますが。来週は来週で別件がみっちりだし交通会館にも行かなきゃ...
No image
READ MORE

キャベツ祭

先週の金曜日。キャベツがあまりに安かったので、ひと玉買ってしまいました。それ以降、外食をした土曜以外はキャベツ三昧です。キャベツのなんとかって成分は胃にやさしいんだったと思う(胃薬の原料ですよね)のですが、そのおかげなのかはたまた気のせいなのか、先週飲んだくれてちと弱り気味だった胃の調子がよろしいです。お通じも同じく。うひひ。金曜は野菜チャウダー(あさり…というか貝類が苦手)、日曜はロールキャベツ...
No image
READ MORE

ういういdays 恋愛ディストーション

せっかく都会に出たのだからと大きめの本屋に寄りました。日付が中途ハンパなので新刊も出てないし、まあ大丈夫だろうと思っていたら、そうでもなかった……。 観用少女【完全版】(1)川原 由美子 (2006/12/15)朝日ソノラマ この商品の詳細を見る買ってはいないのですが、偶然見つけてしまって驚愕。なぜって、文庫版を持っている+次巻発売を年またぎで待っているからなのですよ……ひどいよ朝日ソノラマさん……。川原さんの絵は、ただ...
READ MORE

おせちもいいけどカレーもね

……というCMが流れ始めるにはまだ早いような気がしますが、無性にカレーが食べたくなったので食べてきました。桃太郎電鉄の新作が欲しかったので秋葉原のヨドに行ったのですが、この時期=クリスマス前のおもちゃ売り場の動員数を舐めきっていた……どぅあ―――っとものすごい列が並んでいて見ているだけで酔ってしまい、結局上野ヨドまで歩いて購入……空いてました。素敵! その道中、根岸あたりで見つけたのがこれ。その名も“カリーど...
No image
READ MORE

YOU,行っチャイナyo!

というフレーズが浮かんだ今日の夕暮れでした。前回帰省したとき、父がやたらと会社絡みでお安く行けるという中国旅行のことを熱く語っていて(実際一度行って来たらしい)、おまえも行くかという話の流れになり、ゆるいノリで行く行くと答えておいたのですが、帰りしな父からその件でメールが。本気だったのか……と思いつつも、2月頭の予定・海外逃亡を3分後に了解と返した娘のメールをどういう思いで父は読んだのか。そっちのほ...
No image
READ MORE

都忘れ年忘れ

今日のサザエさんでもネタにされていたのですが、忘年会の時期ですね。酒は嫌いじゃない、むしろ好きなのですが、それでもやはりしんどいものはしんどい。幸か不幸かあまり顔に出ないので、やたら飲まされ次の日の胃がえらいことに。荒れまくっているときにはなぜか甘いもの“だけ”が食べたくなります。特にケーキ系。けれどそういうときに食べたくなるのは高いおいしいものではなくそれなりにお安い普通のケーキ。そして今日、やっ...
No image
READ MORE

Dr.スランプ 2~9

Dr.スランプ (2)鳥山 明 (1995/07)集英社この商品の詳細を見るそして今はこれを読んでいます。例のごとく実家にて、なぜか10、15、16巻のみがあったのを読んでしまい(確かいとこがほぼ全巻持っていたような記憶が)……文庫を大人買いしました。ええアホです。1巻だけ並んでいなかったので、これから1巻を探す旅に出ます。子供の頃読んでいたときにはなんとも思わなかったのですが、この年になって読んでみると色々身につま...
No image
READ MORE

マドモワゼルバタフライ 2

マドモワゼルバタフライ 2 (2) / 小椋 アカネAmazonさん画像入れて―――(涙)なんやかんやで、前巻で終了だと思っていたので、ぷらっと立ち寄った本屋さんで千夏さんと遭遇し、驚きました。そして彼の親バカならぬただのバカへの変貌っぷりにも。ええのう、ラブラブ。本編ももちろんよかったのですが(家政婦ごっことか……! おばかちゃんだよ蝶々……!)、巻末の4コマにぐはっとやられました。とくに双子のお面。リアルすぎるという...
No image
READ MORE

なな色マジック 1~3 (文庫版)

なな色マジック (1)あさぎり 夕 (1999/11)講談社 この商品の詳細を見る実家に帰ると、20年前くらいのコミックスがごろごろ並んでいたりします。当時自分で買ったものなのですが、その頃の自分は、気に入った作品を全巻そろえるという点にあまり重きを感じておらず、友人たちも似たような作品が好きで、A子ちゃんが1・2巻持ってるからじゃあ私は3.4巻買う、あるいは続きを連載雑誌で読んで満足してしまう的な流れだったため...
No image
READ MORE

大奥 2

大奥 2よしなが ふみ (2006/11/29)白泉社 この商品の詳細を見る若い男だけを襲う謎の伝染病により、日本の男性人口は女性のそれよりも半分以下に減った。将軍も、幕府の要職も、男名ではあるけれどほぼ女。そしてそのために作られた、男性版・大奥。1巻よりももう少し遡り、大奥の発足のころを描いた作品。まず表紙にびびりました。“大奥”なのになぜ住職様が!?と。そして中身でさらにびっくり。赤面疱瘡の患者とかお万の椀に入...
No image
READ MORE

世界最高!

NHK杯を観ました。冬だということを認めてしまうと一気に寒くなる気がするのであまり認めたくはないのですが、スケートを観てしまうと、ああ冬だなって気にさせられますね。秋口から観ていた気がしますが(^^;で。NHK杯……。浅田選手・世界最高得点で優勝って……すごいですね。表彰台も日本選手独占だし! 並んだ浅田・村主・中野選手の後ろから日の丸がずらっと三つ並んだ絵を観、あらためて感動。で、浅田選手ですよ。何も...