memorable songs

ARCHIVE PAGE: 2010年12月

No image
READ MORE

読了めも_ちんぷんかん

ちんぷんかん (新潮文庫)(2009/11/28)畠中 恵商品詳細を見る2010/12/26-「ぷん」の立場がない。-2010/12/29惚れっぽすぎだよおっ母さん……。でもこの心変わりというかなんちゅうかの気持ちはよくわかる、わかるぞ! 命短し恋せよ乙女!命といえば小紅にかこつけて若だんなを神の庭へと勧める仁吉・佐助……。ほろり。...
No image
READ MORE

テレビっ子

浅田真央オルゴール MAO Music BoxDreamMaker商品詳細を見るこんな商品があるんだ。びっくり。連覇逃したのは残念だけど、ここまで調子を上げてきたのが凄いなと思った。いつだったかのニュース記事で「(トリプルアクセルを)飛ばなかったら今後ずっと飛ばなくなる」みたいな発言が書かれていて、ものすごく感銘を受けた。トップに昇り詰めていく人あるいはトップを維持する人というのはこういうことをさらりと言える人なのだろう...
No image
READ MORE

いろいろ雑感

こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です! 今日のテーマは「クリスマスはどう過ごしますか?」です。FC2 トラックバックテーマ:「クリスマスはどう過ごしますか?」今年に関しては金・土曜と絶好のお祝い(?)日和だったにも関わらず、これといって何もしない普通の休日だった。ケーキと鶏(ハーブやらスパイスやらが効いていてうまかった)はしっかり食べたけど、もう一方の手に持ってたのはワインとかシャンパンとかで...
No image
READ MORE

読了めも_シュガータイム

シュガータイム (中公文庫)(1994/04)小川 洋子商品詳細を見る2010/12/25読んでいて、果てしなく腹が減った。サンシャイン・マーケットの食材の説明(熊の手に関しては笑ってしまったけど)とか、読んでいてありありと目に浮かぶ食べ物たち…おおう。ただラスト付近の、タイトルについての説明書きみたいな部分はいらなかったような…でもあれがないと私みたいな読解力なし子は「主人公が甘いもんばっかり食べつくした時間」と解釈し...
No image
READ MORE

読了めも_光の帝国 常野物語

光の帝国 常野物語 (常野物語) (集英社文庫)(2000/09/20)恩田 陸商品詳細を見る2010/12/23-あまぞんさん商品ページでの表紙はなんでこんなおどろおどろしいんだろう。-2010/12/25ツル先生の「そうか、ミサキは笛が得意だったな」とのつぶやきに涙。作中に自分の出身地名がぽろっと出ていてなんか妙に気恥かしかった。宮城周辺に住んでいる方々はこの作品をどういう面持ちで読んだんだろう。聞いてみたい。* * * * *作品の趣旨...
No image
READ MORE

読了めも_恋と恋のあいだ

恋と恋のあいだ(2008/12/15)野中 柊商品詳細を見る2010/12/23-タイトルから「冷静と情熱のあいだ」を思い出した。-2010/12/23野中柊さん第二弾。やっぱりじわじわくる。あと食べ物の描写がやたら細かくてめっちゃ腹減った。そこまで恋愛至上主義ではないんだけど、恋愛が始まるか始まらないかくらいの頃の、相手以外のことは全くないがしろになってしまう気持ちとか、恋愛が終わることよりも冷めていく自分自身に恐れを感じてしま...
No image
READ MORE

読了めも_あなたのそばで

あなたのそばで(2005/09/08)野中 柊商品詳細を見る2010/12/22実は野中柊さんを存じ上げずたまたま図書館で見かけたこの本の表紙の可愛らしさに魅かれ借りたという、ジャケ買いならぬジャケ借りなんですが、面白かった。そして奇しくもオムニバス形式。この主人公は(前のお話の)どの人だ!?とペラペラめくりなおして探しまくる工程も楽しかったりする。他はすぐわかったけど「運命の人」の主人公はしばらくわからんかった。占い...
No image
READ MORE

読了めも_ラブコメ今昔

ラブコメ今昔(2008/07/01)有川 浩商品詳細を見る2010/12/20-阪急電車 を読んだとき、読みやすい文体だなと思ったので手を出してみた。どうでもいいけど文庫本じゃないので多分家でしか読めない。あと4冊残ってるのに他の本は返却日に間に合うのか自分。-2010/12/22がんばって楽しい場を作らなくても黙って隣にいるだけでほっとするような誰かがひとりでもいてくれたらそれはきっとものすごく幸せなこと。主人公の性格とはまったく...
No image
READ MORE

読了めも_うそうそ

うそうそ (新潮文庫)(2008/11/27)畠中 恵商品詳細を見る2010/12/18-どうでもいいけど近隣図書館においてある「しゃばけ」シリーズはここまで。どうしよう。買うか。つかどうせ買うならいっそ既刊本全部欲しいんだけど、どうしたものか。-2010/12/20悩みというものはいかに(周りから見たら)恵まれた立場にあろうとも恵まれた立場なりのものが存在してでも自分が(周りから見たら)恵まれた立場にあると自覚している(せざるを得ない...
No image
READ MORE

読了めも_しゃばけ読本

しゃばけ読本(2007/11)畠中 恵、柴田 ゆう 他商品詳細を見る2010/12/17-↓の記事で解説が谷原さんであることに驚いていたのだけどこの本をパラっとめくった3秒後に超納得しました。そうか仁吉さん…orz 言われてみればめっちゃイメージ通りだ。-2010/12/18イラストが多くて嬉しい。対談等も面白かったけど。間取り図とか頭に入れて読むとまた話の受け取り方も変わってくるのかしら。あと時刻設定とか割と適当に解釈して読んでいた...
No image
READ MORE

読了めも_おまけのこ

おまけのこ (新潮文庫)(2007/11)畠中 恵商品詳細を見る2010/12/15-誰が誰のおまけ? まさか…-2010/12/17解説に谷原章介さんってのが正直いちばん意表を突かれた。・こわい ・・・栄吉さんの台詞がよきかなよきかな。理想はそうだとしても実際楽な手段を持ちかけられたらきっぱりは断れませんよ。・畳紙 ・・・おにゃごの気持ちは複雑怪奇。確かに化粧をすれば自信がつくって気持ちは理解できなくもないけど。・動く影 ・・・子...
No image
READ MORE

読了めも_ねこのばば

ねこのばば (新潮文庫)(2006/11)畠中 恵商品詳細を見る2010/12/12-「ねこのばば」→「ねこ」の「○○(関西風解釈)」なのか「ねこばば」なのかこのシリーズに関してはさっぱりわからん!-2010/12/14自分で打った文章とはいえ後から読み返して何言ってんだ自分…と思っていたのだけど実際表題作を読み終える直前の箇所あたりであながち外れてもいないのかな、とも思った。・茶巾たまご ・・・海苔だけで百珍ってすごくないすか。おに...
READ MORE

早起きは何文の得?

こんにちは!トラックバックテーマ担当の藤本です! 今日のテーマは「大泣きした思い出は?」ですFC2 トラックバックテーマ:「大泣きした思い出は?」朝たまたま早起きしたので久しぶりにプリキュアを見た。主人公とおぼしき子(つぼみちゃん?)が両親に対して敬語でしゃべっていたのを見て驚愕した。クレしんやポニョのそうすけやらのように、親を名前で呼ぶふざけた文化が蔓延しているのをもいちど矯正していくのかなー、と朝か...
No image
READ MORE

読了めも_ぬしさまへ

ぬしさまへ(2003/05)畠中 恵商品詳細を見る2010/12/11-「ぬしさま」→若だんな?-2010/12/12↑↑全く違ったし。とりあえず刊行順に読んでいる。いるのだけど。色恋話が絡んできたので意外だった(あまりこのシリーズにそういう印象がなかったので)。つか女の情念というかしたたかさというか、いいところも悪いところもさらっと描かれていて、楽しく読めました。松之助兄さんのお話(←一番すき)での娘さんはドン引き。猫好きとしては...
READ MORE

ブラック派のくせにスティックは別腹

ネスレ ホームカフェにおまけでマグカップが付いているのを見かけ思わずお買い上げ。もれなく3種(カフェラッテ・ショコラッテ・カプチーノ)。いつも飲んでいるのは牧場カフェオレハーフなんだけどな…と一瞬迷ったのだけど、牧場カフェオレもネスレだった。最近ネスレづいてるなあ。つか今検索したら検索結果に出てきたカップと絵柄が全く違うんだけど他にもあるの?欲しくなってしまうのであまり外出しないようにしよう。めんこ...
No image
READ MORE

読了めも_チョコレートコスモス

チョコレートコスモス(2006/03/15)恩田 陸商品詳細を見る2010/12/9-11なんだろう。演劇の世界という全く踏み込んだことのない場所が話の舞台であるためなのか最近連続で読んだ「きらきら少女」ではなくつかみどころのない=自我を持たない女子大生(と、才能に満ち満ちた大女優)が主人公であるせいなのか、いまひとつ感情移入はできなかった。(「少女」と呼ばれる世代も自分とはかけ離れているのだけど)ただ、面白い。ひとつひ...
No image
READ MORE

読了めも_博士の愛した数式

博士の愛した数式 (新潮文庫)(2005/11/26)小川 洋子商品詳細を見る2010/12/8-9映画観にいっとけばよかったかなー…と、ちょっとだけ後悔。ただ行ったら行ったで実写化作品にありがちな(はしょられた箇所や解釈の違いに誘引される)がっかり感があったんだろうなと思うと五分五分か。ルートがだいぶ大人びた子だなと一瞬思ったのだけど、このくらいの子供って下手な大人よりも物事を見て・感じ取っている不思議な生物なんだよなあ。...
No image
READ MORE

読了めも_蛇行する川のほとり 1-3

蛇行する川のほとり〈1〉(2002/12)恩田 陸商品詳細を見る蛇行する川のほとり〈2〉(2003/04)恩田 陸商品詳細を見る蛇行する川のほとり〈3〉(2003/08/26)恩田 陸商品詳細を見る2010/12/7-8表紙のカラーはイメージカラーなのかしらん。しかし恩田さんの描く「少女」と、「その周り」ってなんかいいな。危うくてきらきらしてる。2巻の芳野の独白全般には唸らされる。...
No image
READ MORE

読了めも_若草物語

若草物語 (新潮文庫)(1986/12)ルイザ・メイ・オルコット商品詳細を見る2010/12/5-6どんな話だったっけ、とふと思い出し借りてみた。ここかしこで世界名作劇場のキャラが頭の中を動き回って(ただメグとベスはアニメと原作のイメージがちと違う気がする)幼年期の擦り込ってすごいなと痛感。訳が古く、特にあ行の伸ばす音につく「あ」がことごとく「ア」なのが微妙。おじいさまはナイスガイ。...
No image
READ MORE

寒い夜には本の虫

最近読書づいている。というか、図書館づいている。特にこれといったきっかけはないつもりなのだけど、土日は隔月程度の割合で駅二つ分くらい散歩がてら買い物に行き、その道中に図書館がある・その中をショートカットがてら覗いたのがたぶんきっかけ(地域学習センターに併設されており、そのご立派な建物の中を突っ切るとかなりの近道になるのです。よいこはまねしちゃいかんざき)。こないだ借りたのはこれらの本。とりあえず読...