memorable songs

ARCHIVE PAGE: 2011年01月

No image
READ MORE

ろぐ_20110130

こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です! 今日のテーマは「今、どんな財布をつかってる?」です。FC2 トラックバックテーマ:「今、どんな財布をつかってる?」ディオールの長財布で右下に花の刺繍があるやつ。もう5・6年くらい使ってるかも? 愛着というか手になじんでしまい次の財布を探してはいるもののどうもどれもこれも今イチ……。最近本ばっかり読んでいる気がする。返却日までのスパンを考えずめいっぱい借りて...
No image
READ MORE

読了めも_華麗なる一族 下

華麗なる一族〈下〉 (新潮文庫)(1970/05)山崎 豊子商品詳細を見る2011/1/29これまたドラマとはかなり違うな、てのが印象。鉄平視点→阪神特殊(製)鋼メインだったから、親子の確執の方がメインになっていたけど…原作は銀行メインでドラマなんてもんじゃなくドロドロしてますなー。舞台は関西だけどメガバン合併の頃もこんなやりとりが実際あったんだろうなあ。そういう意味で銀行大統合 小説みずほFG (講談社文庫)もちょっと読んで...
No image
READ MORE

読了めも_華麗なる一族 中

華麗なる一族〈中〉 (新潮文庫)(1970/05)山崎 豊子商品詳細を見る2011/1/27-29...
No image
READ MORE

読了めも_華麗なる一族 上

華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)(1970/05)山崎 豊子商品詳細を見る2011/1/24-27白い巨塔を読んだらここはやはり。どちらにするか迷った「大地の子」は、近所の図書館に1巻がなかったorz...
No image
READ MORE

読了めも_春狂い

春狂い(2010/05/11)宮木 あや子商品詳細を見る2011/1/22宮木あや子さん第三弾。正直、読むのがしんどかった。作中の『少女』の年代と接する機会が皆無の身としてはホントにこんなことが繰り広げられてるんじゃないか、と不安(てのも変ですが)になった。六章での、ミツコが売春していたら~のあたりの前原先生の回答がいいなと思う。...
No image
READ MORE

読了めも_こころげそう

こころげそう (光文社時代小説文庫)(2010/08/10)畠中 恵商品詳細を見る2011/1/18-「こころげそう」=「小転げそう」=「転びそう」だと思ったら、違った。「しゃばけ」シリーズのタイトルといい、勝手な推測をしてから読みにかかるのはやめなさい自分。-2011/1/19よく人が亡くなるお話だなあ、てのが印象。ほのぼの、ほろりとさせられる世界観は大好き。人のやさしい想いの絡まりは時に残酷なのがつらい。...
No image
READ MORE

読了めも_回廊亭殺人事件

回廊亭殺人事件 (光文社文庫)(1994/11)東野 圭吾商品詳細を見る2011/1/16-まったくもってどうでもいいけどこの本、昨年の9月に購入されたものらしくめちゃめちゃきれい。ここのところ、いかにも図書館の本というべきか、汚れや水濡れ跡がすごい本ばかりに遭遇してきたので、新鮮。自分のものではないから(というか、税金で運営されているという性質上、めぐりめぐって自分のものでもあるのか)といって雑に扱うことに何の抵抗も...
No image
READ MORE

読了めも_ドラえもん短歌・あまんきみこ童話集

「白い巨塔」の生々しさというかドロドロした権力社会にちょっと疲れたので息抜きにほんわかした本を。ドラえもん短歌(2005/09)枡野 浩一商品詳細を見るパラっとめくってその場でぶふっと吹いてしまいそのイキオイで借りてきた。思わずにやりとしてしまうようなものもありじんわりくるものもあり…個人的にはしずちゃんの入浴について指摘した短歌が秀逸だと思う。あと本編よりもむしろ解説にあった、ビックライトで胸だけを大きく...
No image
READ MORE

読了めも_白い巨塔 5

白い巨塔〈第5巻〉 (新潮文庫)(2002/11)山崎 豊子商品詳細を見る2011/1/12-ようやく最終巻。-2011/1/14ドラマを見ながら、この財前君というひとはずいぶんあっさり亡くなっちゃうんだなと思ったら原作でも唐突に伏線が発生してあっさり亡くなってしまったので少々驚いた。とはいえ時代背景を思うとこのハイスピードの亡くなり方は妥当といえば妥当か。作中でケイ子も言っていたけれど財前君は里見先生には勝てない、そう思う。自分...
No image
READ MORE

読了めも_白い巨塔 4

白い巨塔〈第4巻〉 (新潮文庫)(2002/11/20)山崎 豊子商品詳細を見る2011/1/10-11お母さん亡くなってる……! こんなあっさり……。亀山さん登場。証言決意まで。...
No image
READ MORE

読了めも_白い巨塔 3

白い巨塔〈第3巻〉 (新潮文庫)(2002/11)山崎 豊子商品詳細を見る2011/1/10地裁判決まで。そういえばこのあたりの上川さんも素敵だったなあ。...
No image
READ MORE

ろぐ_20110110

この日記を打つ時、何が困るって、タイトル。それに尽きる。みなさんうまいこと要旨をつかんだタイトルつけてるなー。布団と炬燵を今日ようやく捨てた。10年近く独り暮らししているけれど粗大ごみに当たるゴミを捨てたことがなかった(家具を買い変えていない)ので、その手続きからして楽しかった。粗大ごみ収集のシールってコンビニで普通に売っているもんなんですね。そこからして未知の領域でした。大型ごみを捨てたといっても...
No image
READ MORE

読了めも_白い巨塔 2

白い巨塔〈第2巻〉 (新潮文庫)(2002/11)山崎 豊子商品詳細を見る2011/1/10百ドル紙幣で十枚、千ドルが日本円に換算して三十六万円……。時代の流れを感じるなあ。...
No image
READ MORE

読了めも_白い巨塔 1

白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)(2002/11)山崎 豊子商品詳細を見る2011/1/7-いまさら感ありまくりな感じだけど仕方ない。年末に図書館に足を運んだらそれまで揃っていなかったのが全巻あったんだもの! ちょっと前にフジで放送された唐沢・江口版ドラマは珍しく全編見たのでそのイメージがちらついて困る。財前くんの描写が筋骨隆々大男みたいな描き方されているので唐沢さんのキャスティングはちと違うかもしれないけど(ただあの...
No image
READ MORE

読了めも_手紙

手紙 (文春文庫)(2006/10)東野 圭吾商品詳細を見る2011/1/7生きていくということが絵空事ではない以上、『消すことができないこと』はあり、共存していくしかない。分かっちゃいるけど来るものがある。もともとの要因が自分への愛情だったことで兄を憎みきることすらできない主人公の境遇は文字通り不幸だ。...
No image
READ MORE

読了めも_アイスクリン強し

アイスクリン強し(2008/10/21)畠中 恵商品詳細を見る2011/1/2-「しゃばけ」シリーズ以外は置いてないだろうなと思っていた。図書館様舐めてましたすみません。-2011/1/6「しゃばけ」シリーズとは一線を画す……ようでいて、つながっているようで。「子に甘い親」という図が好きなのかしらん。途中から長瀬巡査がTOKIOの長瀬くんに変換されつつ読み進めていた。そのまんまじゃん。...
READ MORE

起動

明日から出勤。例年のことながらお正月っぽいことは何もせず終わる(年越しそばも食べたしお雑煮も食べたしおせちも食べたけど…って、食に関してだけはそれなりにこなしているのが我ながらなんとも)。カレンダーが悪いとここまで短いもんなんだなー。これじゃ土日休みと大して変わらん。てなわけで初詣に行ってきました。最近ハマったパズルゲームにかまけていたせいでスタートが遅かったけど冬の風にも負けず散歩がてら。思いも...
No image
READ MORE

ゆく年きた年

年末年始は実家に帰省した。世間様的に冬休みで、他県に嫁いでいった友人もお子さんと里帰りしているという情報を聞いたのでその友人と会った。その子は中学の頃の友人で、昨夏の同窓会でほぼ20年ぶりの再会を果たした友人のうちの一人。高校の頃に数回会い、大学の頃いちど電話で話したこともあったけれど、しっかり話したのは本当に久しぶりだったので喋る喋る……結局5時間近くファミレスにいたような。お互い卒業後の環境は全く...