上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーター、家を買う。フリーター、家を買う。
(2009/08)
有川 浩

商品詳細を見る



2011/7/27-28

感想を書くまでに1年たっているってのが何ともはや。

あまりにスムーズに行き過ぎという気がしなくもないけど、そんな現実味すらもすっとばして引き込まれるお話。
ちょっとだけ自分の家の事情が頭をよぎったのは内緒…というか少なくとも父には言えない。
どうでもいいけど家が欲しいなあ。







スポンサーサイト

最近ことに「読んだ本の記録帳」になりつつある……。図書館で借りた以外にも読んでいて、昨日は「別冊図書館戦争Ⅰ」(Ⅰは「ファースト」)を読んだ。やっぱり面白い。「ゆず、香る」も楽しみ。

最近、棚に並んだ本全件のリストアップをした。漫画・文庫おり混ぜ1324冊。リストアップしただけで満足しつつ、意外に歯抜け(*1)重複(*2)が多かったことに我ながら驚いた。Excelで作ったんだけどこれどこかにアップロードしておけないかなー。本屋で検索しながら買い物したい。それとも本は今後Amazonさんの購入にしふとするべきか(リスト見ながら買い物できるので)…迷う…。

*1 連続ものでも、前の巻を読み返さず買ってきた本のみを読んでしまう/なんとなく話が通じなくても脳内補完していたものと思われる
*2ほとんどカバーをかけている弊害…と、人のせいにしてみる(^^; ただ発刊の途中で出版社が変わっていたとかいろいろトラップもあったんだよ……


以下、幸福の木観察日記。

20110724
koufuku_20110724

葉がいい感じに伸びた。
他の観葉植物も買いたいと思っているんだけど、いかんせんこやつの鉢がデカすぎて床に他者を置くスペースが余っていないのが困りもの。鉢が直径50センチのもの(何号かは知らん)を使っているのが悪いっちゃ悪いんだけど幹を切り倒したとき、鉢のサイズに合わせ伸びた根を、がっつり切るのはかなり抵抗があったんだよなー。(なので、当初の鉢にそのまま埋めた)
もうちょっと我慢して天候が安定したら根の剪定(過激に)&小ぶりの鉢に植え替えをしよう。

ライオンハート (新潮文庫)ライオンハート (新潮文庫)
(2004/01)
恩田 陸

商品詳細を見る


2011/7/21-22

運命の二人が時空を超えて何度も「一瞬」巡り合う、そんなお話。ラストでようやく一安心漬ける感じ。

ところで「蒲公英草紙」「蛇行する川のほとり」でも思ったことだけど、恩田さんの文章というか言葉はなんてきれいなんだろう。


ゆんでめてゆんでめて
(2010/07)
畠中 恵

商品詳細を見る


2011/7/13-20


「しゃばけ」シリーズは発刊順に読んでいたつもりだったので、はじめの章で見たこともない人名がうようよ出てきたことに本気で焦った。読み進めていって、納得。とりあえず屏風のぞきが無事なようでよかった。

いままで生きてきた上で何度「選択肢」にぶち当たって来たかなんて想像もつかないけど、その選択の積み重ねで今ができているということを、たまにぼんやり考える。最良ではないかもしれないけど、おおむね満足と思えることは、幸せなんだろうな自分。




大奥―華の乱 (角川文庫)大奥―華の乱 (角川文庫)
(2006/11)
浅野 妙子、尾崎 将也 他

商品詳細を見る


2011/7/16

実家で読みふける。読みながらドラマと漫画のひとコマがぐるぐる回って困った。
ところでドラマの小池栄子はものすごくよかったと思う。

八日目の蝉 (中公文庫)八日目の蝉 (中公文庫)
(2011/01/22)
角田 光代

商品詳細を見る



2011/7/4-8

薫(あえてこう呼ぶ)が不倫相手の子供を妊娠するという設定は必要だったんだろうか。

人を好きになるきっかけはえてして取るに足らないことだったりすること、その辺りにはすごく共感した。ドラマを見たのはほんの一部。映画ってまだやってるんかいな。ちょっと観てみたい気がする。

ないないと聞いてはいたけど街中での扇風機の在庫なしっぷりに驚いた。一応昔から(上京時に買ったから17年物! 我ながら天晴)使っている扇風機があるっちゃあるのだけど、もひとつ欲しいなと見にいったらひどい有様。確かに風はくるけどインテリア性ゼロのものか、羽根のないおいくらまんえん的な例のアレしかなく……。さんざん迷って無印のサーキュレーターを買った。さっそく棚のど真ん中に鎮座させ、旧来の扇風機と合わせてふた部屋分の空気を巡回させている。静音性ではない方を買ったので仕方ないっちゃ仕方ないけど音がちとうるさい、かも……けど概ね満足。あとセールの勢いにまかせ扇子を購入。しかし気に入るようなものはセール対象外という罠(^^;その扇子を購入した際、店頭に並んでいたものをそのまま持っていったのだけどどうやら一部持ち手の部分が欠けていたらしくレジ打ちの時点で店員さんが気づきお店の在庫と取り替えてくれた。プロってすごい。

↑の買い物に出る前、テレビを眺めていたら、元光GENJIの山本くんが元男闘呼組の前田くんとゴルフをしていた。時の流れを感じた。
震災をきっかけに色々片づけをしたのだけど、昔買ったCDが出てきたので懐かしさのあまりよく聴いている。初めの3部作(といわれていたような気がする)・「光GENJI」「Hi!光GENJI」「Hey!Say!」はいい曲が揃ってたと思うなあ。この頃が一番好きだったからかもしれないけど。といいつつしつこく後期まで追いかけたファンでした。最近職場で「忍たま乱太郎」の話題になったとき、うっかり「勇気100%」は光GENJIのカバーなんですよ、と口走ってしまい焦った。(誰も分かってくれなかったので)(割とメジャーな話だと思っていたのだけど違うのか)

Cool SummerCool Summer
(1990/07/25)
光GENJI

商品詳細を見る

このアルバムも持っているんだけど、ジャケットをまじまじ見ると着ている服があまりといえばあまりで泣ける(ビニールじゃないのかしらこれ)。つか光GENJIのステージ衣装ってどれもこれもすごかったような。途中で脱ぐから何でもよかったのか。



以下、幸福の樹の成長記録。

20110625
koufuku_110625

20110702
koufuku_110702

20110709
koufuku_110709

どんどん伸びるよ!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2011 memorable songs, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。