memorable songs

ARCHIVE PAGE: 2011年07月

No image
READ MORE

読了めも_フリーター、家を買う。

フリーター、家を買う。(2009/08)有川 浩商品詳細を見る2011/7/27-28感想を書くまでに1年たっているってのが何ともはや。あまりにスムーズに行き過ぎという気がしなくもないけど、そんな現実味すらもすっとばして引き込まれるお話。ちょっとだけ自分の家の事情が頭をよぎったのは内緒…というか少なくとも父には言えない。どうでもいいけど家が欲しいなあ。...
READ MORE

ろぐ_20110724

最近ことに「読んだ本の記録帳」になりつつある……。図書館で借りた以外にも読んでいて、昨日は「別冊図書館戦争Ⅰ」(Ⅰは「ファースト」)を読んだ。やっぱり面白い。「ゆず、香る」も楽しみ。最近、棚に並んだ本全件のリストアップをした。漫画・文庫おり混ぜ1324冊。リストアップしただけで満足しつつ、意外に歯抜け(*1)重複(*2)が多かったことに我ながら驚いた。Excelで作ったんだけどこれどこかにアップロードしておけ...
No image
READ MORE

読了めも_ライオンハート

ライオンハート (新潮文庫)(2004/01)恩田 陸商品詳細を見る2011/7/21-22運命の二人が時空を超えて何度も「一瞬」巡り合う、そんなお話。ラストでようやく一安心漬ける感じ。ところで「蒲公英草紙」「蛇行する川のほとり」でも思ったことだけど、恩田さんの文章というか言葉はなんてきれいなんだろう。...
No image
READ MORE

読了めも_ゆんでめて

ゆんでめて(2010/07)畠中 恵商品詳細を見る2011/7/13-20「しゃばけ」シリーズは発刊順に読んでいたつもりだったので、はじめの章で見たこともない人名がうようよ出てきたことに本気で焦った。読み進めていって、納得。とりあえず屏風のぞきが無事なようでよかった。いままで生きてきた上で何度「選択肢」にぶち当たって来たかなんて想像もつかないけど、その選択の積み重ねで今ができているということを、たまにぼんやり考える。最...
No image
READ MORE

読了めも_大奥 華の乱

大奥―華の乱 (角川文庫)(2006/11)浅野 妙子、尾崎 将也 他商品詳細を見る2011/7/16実家で読みふける。読みながらドラマと漫画のひとコマがぐるぐる回って困った。ところでドラマの小池栄子はものすごくよかったと思う。...
No image
READ MORE

読了めも_八日目の蝉

八日目の蝉 (中公文庫)(2011/01/22)角田 光代商品詳細を見る2011/7/4-8薫(あえてこう呼ぶ)が不倫相手の子供を妊娠するという設定は必要だったんだろうか。人を好きになるきっかけはえてして取るに足らないことだったりすること、その辺りにはすごく共感した。ドラマを見たのはほんの一部。映画ってまだやってるんかいな。ちょっと観てみたい気がする。...
READ MORE

ろぐ_110709

ないないと聞いてはいたけど街中での扇風機の在庫なしっぷりに驚いた。一応昔から(上京時に買ったから17年物! 我ながら天晴)使っている扇風機があるっちゃあるのだけど、もひとつ欲しいなと見にいったらひどい有様。確かに風はくるけどインテリア性ゼロのものか、羽根のないおいくらまんえん的な例のアレしかなく……。さんざん迷って無印のサーキュレーターを買った。さっそく棚のど真ん中に鎮座させ、旧来の扇風機と合わせてふ...