上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久方ぶりにゲームにハマる。題目は今更感たっぷりのこれ→

1ターン目はネット等何も見ず王女エンディング、その後改めて情報収集し(情報社会万歳)2ターン目はこんな悪女データを作りひととおりエンディングを見、今ターンはひたすら妨害に勤しんでいる次第。

なんでここまでハマっているのか自分でも考えてみたのだけど…。
まず「育成」システムのシンプルさ。最近のゲーム全般、システムが難しすぎてついていけんのですよ。アクションゲームができないからRPGや育成ものをやろうとしているのに、途中途中に出てくるアクション寄りのミニゲームの成績次第でアイテムが変わってくるとか言われると、あーもうやってられん! て気になるし。
そしてもう一点は…やはり、昭和の香りがする殺し文句(笑)。リアルにコーヒーむせました。特に炎のあの人。ただし本命は風のあの人。言動がいちいち面白く、愛すべきなんとかって気持ちになってくる。
ただエンディングのSS(と呼んでよいのか?)は闇のあの人が一番ぐっと来た。「ずっと独りだった・誰かが救ってくれるのを待っていた・でもその相手は自分より儚い存在」…というシチュエーションにつくづく弱い。



スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2012 memorable songs, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。