上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドネバーランド エルネア王国の日々

ゲームの話。またしても新たなゲームにハマる。今のところLOKとこのゲームの二刀流。最近は若干こっち寄り。

この年にしてLOK=ゲームにハマったのは、ソーシャル面というかチャットのせいというかおかげというかだと思っていたのだけれど、意外や意外。NPC相手のゲームなのにどっぷりハマってしまった。運動神経を要しない(といっても私の場合、大物を釣り上げるコツを理解したのはつい昨晩のこと)・特にあれしなきゃこれしなきゃ的な制限がない……と、まったりできるからかな。基本無料なのにこのクオリティはなんじゃあと思っていたらえらく歴史のあるゲームでちょっと前にPSでも同シリーズのゲームが出ていたそうで。もちろんビジュアル的にも好み。イムはいつもかわいいねー。ただし恋人関係になったあとのデート中の会話エピやら朝イチからあってるのにキスしたいだの思っちゃうとこやら、あらあらおばちゃん目のやり場に困っちゃうわむずがゆいわ的なところも多々ある。だがそれがいい。

通信が若干気になるので外ではあまりやらないようにしようと思いタブレットで男子アカウント作ったものの結局スマホでも女子アカウント作ってやってしまう始末。イムをペットにしたい熱がだんだん高まってきてちょっと困ってる(有償)。それくらい面白い。



まんぷくマルシェⅢはまだかー。
スポンサーサイト

マツコ・デラックスさんは某番組によると3~4つの区から出ないで生活できるらしいけど、私も平日は2つ、休日は1つの区で生活を完結できてしまう。理由も1つ。通販好きだから。実店舗よりお安いところを探す達成感も楽しいし。正直、生鮮食品以外はオール通販でもいいと思っているくらい。

といっても全くトラブルがないわけでもなく。最近Rからはじまるサイトでの買い物が、店舗が掲げる納期よりだいぶ遅れての到着になった。買ったもの自体、急ぎで欲しいものでもなかったので、そこまで致命的でもなかったのだけれど、遅れる連絡が納期当日になってからだったり等のやりとりがなんか気に入らなかったので、これを機にAmazon、なんだったらプライム会員になってしまおうかと思案中。
2,000円おまとめの必要なく送料無料、配達日付・時間指定OK、会員限定のセールありって、なかなかいいよねー……

と。昨日の時点までは意思が固まりかけていたんだけど。今朝、配達状況確認画面にて見慣れない運送業者名を発見し、え、誰なん……と検索かけたところでその意思がぐらぐらに揺らいだ。笑えるくらい悪評しかない。遅延あたりまえ不在票いれない再配達依頼がめんどくさい等々。
いままでクロネコさん一本だったのに、このタイミングでこれってことは何か。プライムサービスには加入するなと言う神のお告げなのか。そもそも荷物はきちんと届くのか……と戦々恐々としながら待ってたら、なんかふつうに来た。オフィス街だからなのか。

いつも会社宛に送れるならいいけれど、持って帰るのに重いのはちとしんどいので、会社宛送付は軽い少量の物に限られる。けどプライム会員になったとしても、配達業者は選べない。Amazon側のサービスがよくても、肝心の配送がアレじゃ会費を払うのはちょっといやかなり戸惑ってしまう。買い物に、ちゃんと届くかな的なドキドキは求めてないのだ。

別件で検索したら死去ネットなるサイトを発見。世の中いろんなサイトがあるもんだなあ……と、興味深く眺めていて、思わず変な声が出た。
吉野朔実先生、亡くなられていたのか……。

クールで美しい絵とストーリーに魅せられて、とりつかれたようにコミックやエッセイを買いあさったのが、つい昨日のことのように思い出されるのに。掲載雑誌はスルー・完全にコミックスだけを追いかける中途半端なFANでしかないけれど、それでもショックすぎてなんだか何も手につかない。

心よりご冥福をお祈りいたします。
素敵な作品を有難うございました。

茨城と書いていばらぎと読んでしまうのも内海と書いてうちうみと読んでしまうのも幼少からの刷り込み。

瞑るおおかみ黒き鴨

全然関係ない記事からふと思い立ち検索してみたらなんとまあ。「大人の極上ゆるり旅」とか「うちくる?」のどなたか大物ゲストのお友達としてTV出てた時とかもともとスリムというか芸能人にしてもやせすぎだろ不健康っぽいな大丈夫かなと思った印象が強すぎたのだけど、上記ページのキャスト一覧フォトはなんかすごく嬉しくなっちゃうくらい持ち直していた。いい画だわ。
プライベートは勿論お仕事状況すら即時入手する術がないのが残念だけど、ずっと好きだし、アルバムどころか見ることできないVHSビデオテープ捨てられないしそもそも未だに曲を聴く。私がジャニーズタレントに王子様的な何かを求めてしまうのはこの人(たち)の功罪だ。アイドル見てるときくらい現実から離れたいってのも往々にしてあるけども。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2016 memorable songs, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。