今更ながら「ショートケーキ」「エプロン」購入。用はなくても出版情報はまめにチェックしとかないとだめだな……。

しかし高嶋先生の作品はどれもこれもなぜにここまで私の心を鷲掴みにするのか。全体的な躍動感か、青春の甘酸っぱさ(笑)なのか、そもそも百合が嫌いではなかったからなのか、はたまた適度なエロさか。とにかく何が何やらわからんくらい好き。悶えながら何度も読み返すというのは久しぶり。この作品に限らずコミックス派なのでいつもはあまりネタバレしないようにしているんだけど、どうしても先が気になって検索したら落合選手の息子さんのふくしくんのレビューが出てきた! やるな!! ところで君は別名義での作品も好きなのかい

山田母が唐突に「ゆい」とか言い出したのを見て軽く衝撃を受けたのだけども、よくよく読み返したらあじさいで二人とも下の名前が出てた。萌えてるくせに要所要所はすっとばしている鳥頭です。そうか加瀬さん「友香」ですか……。なんでか勝手に「笙子」だと思い込んでた。あっ私は加瀬さん派です。というか山田を好きすぎる加瀬さんの暴走が面白すぎる。思春期の中高生男子みたいと形容しているレビューをどこかで拝見したけどもまさにそのとおり。といいつつも不意打ちでちゃんと女の子なところもあったりして。同性愛ものってどちらかが異性そのまんま・よくて中性っぽいのが多い気がするけど、だったら別にノーマルカップルの作品でよいんだよなあ。

ところで。各話の冒頭やら〆でだいたいでてくる山田のモノローグに過去形が多いのがちょっと……いやものすごく気になっている。「はじめて誰かとつきあった」ことの強調だったりエプロンでの「山田のまわりの男がいやなの」という台詞と相俟って、将来的に心変わりしてしまうのか、或いは心変わりせざるを得ないなにか不慮の事故が発生するのか……等、悶々とさせられてしまう。うわあ我ながらハマってるなあ。ネタバレサーチで「ライバルと加瀬さん。」というタイトルを覗き見たので、しばらくは大丈夫なんだろうと思う、思いたいけども。このシリーズは終了してほしくないけど、万が一終了するなら、ほんわか日常でいつのまにか物語が終了、ってパターンで切にお願いしたい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ショートケーキと加瀬さん。 (hirari、comics) [ 高嶋ひろみ ]
価格:918円(税込、送料無料) (2017/8/28時点)



手土産のケーキ。いろいろ買い揃えていくんじゃなくて、いちごのショートケーキ「だけ」「大量に」買ってきたってのがまたもう……!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エプロンと加瀬さん。 (ひらり、コミックス) [ 高嶋ひろみ ]
価格:918円(税込、送料無料) (2017/8/28時点)



山田が自分の嫉妬心を言いたい、けど言えない、だってそれは加瀬さんの自由だし……と、悶々と悩みまくって顔にも出まくってるのに相手(加瀬さん)は全く気付いてない。そもそも勘違い……ってのが妙にリアル。加瀬さんは普通に彼女いたんではないかと思いながら読んでいたので、初めてのおつきあいってのはこれまた衝撃的だった。

ふと思い立ち、世界名作劇場をレンタルしまくって観ている。子供のころとは感覚が全く違ってしまったというか、ほぼ毎話ダイレクトに涙腺にきてとてもやばい。こういういかにもな教育指導的なアニメだったり映画だったりを、これからももっと見てみたいな。子供向けと銘打っておきながら、ネタが保護者向け・オタク(自分も含む)向けで、裏でのお金の動きが透けて見えるようなのはもういいよ……。



おかあさまは大正義。四姉妹もいいっちゃいいんだけど、ジョーのモテモテエピソードってあんなに必要か? 原作もそうだったっけ……? あと初代OPEDの破壊力はやっぱりすごかった。



あまり期待していなかったのに、アン⇒若草⇒からの流れでたまたま見ていちばんハマったのはこの作品だった。お父さんがひたすら完璧超人。お母さんも地味にすごくてTOKIOも明雄さんもびっくり。特に男衆がいない日にオオカミの襲撃くらった回は泣いた。
人の手が入っていない筈の無人島でうまい具合に食べ物やら安全な住処が見つかるのはちょっとご都合主義的な部分もあるけど、それでも面白い。OPEDの記憶しかなくて、フローネの声が藩恵子さんなのかと思っていたのが、違った。が、お兄ちゃんが古谷さんだったことにちょっとにっこり。
ただ。直前に観たのが若草物語の美人姉妹だったのが悪かったのかどうなのか、いつもは私が観ているものにコメントをあまりしない家人(引いてはいると思う)がフローネを見た瞬間に「あ、かばおくん」と言い放ったせいで、もうそうとしか思えなくなってしまった。ごめんよフローネ。調べたら名作劇場で唯一ぶちゃいく認定されているヒロインだとか。なにこの親近感。

プールの話。度付きのゴーグルを使ったら、泳げるようになった。フォームはさておき。確かに視界がほぼなくて人様にいつぶつかるかわからない状態で泳ぐなんて無理だったんだよなー。てなわけでますます調子に乗るプールライフ。つぎは耳栓をゲットだぜ。

これだけ長く生きていればどこかしらにガタは来るだろうとうっすら思ってはいたものの、実際に立て続けに故障が発見されるといささか慌てる。最近夕方~夜になると足首からふくらはぎのきわ辺りに赤いぽつぽつが大発生する&めっちゃ痒いのでたまらず病院へ。正直、汗疹かなにかだと思っていたのだけれどもお医者様いわく紫斑だそうで……。どうにもならんかった痒みがお薬のおかげで消えて大満足。最悪見た目はもうどうでもいいよ……。若干減ってきたかな? 血流が悪くなっているのが理由らしく、「冷え症でしょ」「しもやけになりやすいでしょ」と言われたものの、いまいちピンとこない。こないものの。言われてみれば最近手も足も指先が常に冷たい。夜中、扇風機の風にわりと深刻な寒気がして起きる……あれっこれが冷え症ってやつなのか。

そして先般受けた健康診断の結果で何十年ぶりかの再検査。項目は目。「視神経乳頭陥凹」。ひらたくいうと緑内障の疑いあり。うんこれはかなり衝撃だったいろんな意味で。結果もらって即日精密検査を受けてきたら、右目がおかしいと書かれていたのにむしろ左目の方があやしいとか言われてさらに衝撃。ただ検査(視野)がめっちゃ長くて、右目⇒左目の順番だったので、集中力が途切れただけなんじゃないかという気がしなくもない。年イチでいいので検査しましょうと言われたものの、今回いった職場近くの病院にいつまで通うかわからないというかぶっちゃけいつ会社辞めるかわからないので、自宅付近のところでかかりつけの病院を見つけなければなあ。これは眼科に限らずだけれども。

沈むとまではいかなくともまったく泳げずビート板でちゃぷちゃぷ進むだけの身だけどプールに行ったら結構楽しくてその勢いで度付きのゴーグルを入手した。といってもセミオーダー扱いなのでまだ手元にはないけど。水着も半袖短パンの「やる気まんまん水着(偏見)」なので傍からみたら無駄にデカイ体型も手伝ってめっちゃ泳げそうな人に見えてしまいそうだけれどもまあ仕方ない。見た目から入るの大事!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.