FC2ブログ
まずは池野先生、40周年おめでとうございます!ファンとしておめでたくありがたいことこの上ないです。思えば漫画を「ちゃんと好きになった」のってときめきトゥナイト、ひいては池野先生のおかげです。ときめき~については二次テキストサイトを作ってしまうとかそれを通じて友人ができるとか、実生活にかかわる変化を与えてくれた作品で。その後のオタ寄りの楽しい人生を送っているのもすべて池野先生のおかげなんだよなあ~……と書いてしまうとあれっなんだか感謝の意が薄れ気味に見えてしま…う…!?

とにもかくにもエッセイ。クッキー別冊ふろくのときも思ったけど、大明神様のお告げは強いね。うちの地元はなんだったっけ…「こっく〇さん」は確かものすごい上位の方で、その名を口にするのもタブー化していて、他のなんとかさんを召喚していたような気がする。あと「事務職」と軽く仰っているけどOB女子会に「なんとか会」と名付けられているあたり、格式高い就職先だったんではないだろうか…なんでもできる方なんだな…。
ときめき~のアニメ化って言われてみれば原作と同じ時期だったのかもしれない、と下巻を読んで思い出した。当時からりぼん読者だったかな?林間学校~蘭世さん椎羅さんに噛みつかれるエンドの別冊ふろくをウキウキしながら読んだ記憶だけはあるから、りぼん参入はちょっと遅れてたのか…。うん、第一話とそれ以降の真壁くんのキャラは違いすぎるけど、正直、アニメの声がなぜあの声だったのかはものすごくしっくり来ました…あの声なら「よっしく!」はアリだな。伝説の「よっしく」。
最終回~第二部のエピソード。そ、そうかそんなに反発の声が…。まあでも池野先生ご本人も仰っているとおり、第一部がすごすぎたからね…。反発する気持ちは分かる、それを先生に言葉を選ばず言ってしまう気持ちはわからないけど。自分はどうたったかというと、当時ファンレターを送るという発想が皆無だったうえに、ときめき第一部終了とともにりぼん購入をやめる約束をさせられていたので…。毎月りぼんを買いコミックスも買うという行為が親としては許せなかったらしく、親としては即りぼん購入を辞めさせたいところを、せめてときめきトゥナイトの終了までは…!と頼み込んでいたのでした。てか親も読んでたんだけどな。なのでというかなんというか、コミックスで読んであれ!?主人公変わってる!と驚いたんだったような気がする。
第二部は第二部で、魔界=異質な存在がばれた時どうなるのか…が描かれていて、とても良かったなと思う。曜子さんカッコいいし。第三部にはあまり触れられていなかったけど、私は新庄さん好きだったんだよ…。実は開陸くんだったという繋がりにその瞬間まで気づかなかったんだよ…。あと愛良の「ら」。「羅」にしようという案はなかったのかな。「真壁愛羅」だと字面が強すぎるからか…?
担当さんのエピソード。「わかむらさき」の企画を立ち上げたのがIさんなのかどうかは分からないけど、この企画考えた方天才だと思うわ。原作アリの作品を描かれるってことも新鮮だし、そもそもその内容(原作)もすごくよかったし。最近、偶然にその原作者の方のTwitterアカウントを見つけてこっそりフォローさせていただいているけど、ツイ内容がこれまたすごいんだよね。知識量半端ないし、限られた文字数で詳しくかつ分かりやすく示されていて、ああ、文章表現を生業にする方はやっぱり違うなと思わされた。bot運用らしいので、直接やりとりすることはかなわないのが残念。
そして衝撃の下巻あとがき…担当のKさん、Jさん、Y子さん…。なんの面識もないのになんだかものすごくショックだった。Kさんの年齢は分からないけれど、JさんY子さんって若くない…? もしかして震災で…? なんの面識もないのにかえって不謹慎かもしれないけど、心よりご冥福をお祈りいたします。
裏表紙にまさかの玉ちゃんが出ているのがちょっと笑った。もっと他にいるやんw と言いつつ、「事情」での玉ちゃんめっちゃイケメンだからなあ~。本編でもいいパパだったけどね。













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 memorable songs, All rights reserved.