memorable songs

ARTICLE PAGE

積極-愛のうた

積極-愛のうた 積極-愛のうた
谷川 史子 (2006/10/19)
集英社

この商品の詳細を見る


下と同様、ふらふらしていて見つけました。掲載誌が……ク、クッキーでもないだなんて……! 適度に本屋さんはチェックしていたつもりだったのですが、クイーンズコミックスの新刊って、うちの最寄の書店さんではハチクロ以外新刊の棚に平積みにしてくれないんですよ……。クッキーコミックスならちゃんと新刊棚に平積みしてくれるのに(“花と惑星”もちゃんと平積みだったし)……うああ移動はやめてくれ新刊を探しづらくなってしまう―――!

と、自分勝手な理屈をこねたところで。表題作の“積極”……。いやあこれはまいった。がつーんときました。谷川先生の描かれる話って、一見あっさりしているせいなのか、油断していると、胸にするりとしみこんできます。“らくだになった教授の背にゆられる夢”だなんて、なんですかそのほわほわムード!! と、ほえほえしながらページをめくり続けたら、き、教授が――! 青林檎が切ないなあ。
そして荒川くんもいい子なんですよねこれが。主人公の村主さん(このキャラの名前もまた……(笑))は、教授に惹かれる気持ちはわかるものの一方で、荒川くんに対してはひどい女だなと思うのですが、それなのにあの別れぎわの台詞……その場ではそうそう言えませんよ(もっとも彼の場合あの時点ですでに心の整理はある程度ついていたのでしょうけども)。少なくとも自分に対して悲しい仕打ちをした誰かに対して“いろいろあったけど会えて幸せだった”とは、気持ちを整理したころ振り返ってみて、ようやく思えるかどうかの低い確率の気持ちだと思います。私の心が狭小なだけかもしれませんが。……orz

2 Comments

かる  

わたしも谷川先生の大ファンでデビュー作からのファンです。
わたしも新刊を読んでレビューも書いたばかりだったので、なんだか嬉しかったです。

今回の「積極」ほんといいですよね!
まさに満塁ホームランうちこまれちゃったって感じです。
ほんわかとしたでも奥深い内面の世界がしっとりとしみわたって
くる感じですよね。
雑誌を移られて正解だったような気がします。
谷川さんの良さが存分に引き出されてるように思います。

荒川君、ほんと良い子ですよね。
なんかぎゅーーーと抱きしめたくなっちゃう・・・。

この作品も何度も何度も読み返す作品になりそうです。

2006/11/06 (Mon) 10:28 | EDIT | REPLY |   

しずく  

こんばんは、かるさんv
レビュー早速読みにいってきました! 谷川先生スキー仲間で嬉しいですv

で、“積極”……。
まさに“愛のうた”だ―――って感じでした。
谷川先生の描く死って、どれもこれも突然・あっさり描かれているような気がするのですが
現実でも死ってそんな感じで、唐突にやってくるんですよね。
けして多くは語り過ぎないものの、重いテーマを描かれていて
ずっと追っかけていたい作家さんです。

2006/11/06 (Mon) 19:37 | EDIT | REPLY |   

Post a comment