セーラー服にお願い! 4 (4) セーラー服にお願い! 4 (4)
田中 メカ (2006/11/04)
白泉社

この商品の詳細を見る


やばい泣いた。特に“もう離さないから安心してね”のあたり! ぐあ―――雛菊、ええ子や……! そしてそれ以降のシシさんのイチャつきたいぞ主張っぷりがかわいすぎです。

美里の神がああなってしまった理由というものを実はあまり考えていなかったのですが、なんだか妙に納得。お約束といえばお約束なのかもしれませんが、神=永遠に中立の立場というのは、逆に言えばどこまでいっても孤独でなければならず、それを踏み込んだが最後、神であるが故にその侵食してくる力も強大すぎたという解釈が、なんか好きだなと思いました。
一方、ラスト。ああそうなんだなと……。教師と生徒ですねフフフ。田中先生の描くこのカプ、大好きなんですよね~vv その後の展開も気になりつつ、雛菊の空白の6年も気になりつつ、番外編として九尾と鈴田嬢のなにやらいい感じな空気も匂わせつつ……終わってしまったのは寂しいですが、大満足な作品でした。次の作品はまだかな~。

しかし200年の罪をつぐなうのに6年で転生って……シシさんの“子供がほしい”パワー、恐るべし。













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.