大奥 2 大奥 2
よしなが ふみ (2006/11/29)
白泉社

この商品の詳細を見る


若い男だけを襲う謎の伝染病により、日本の男性人口は女性のそれよりも半分以下に減った。将軍も、幕府の要職も、男名ではあるけれどほぼ女。そしてそのために作られた、男性版・大奥。1巻よりももう少し遡り、大奥の発足のころを描いた作品。

まず表紙にびびりました。“大奥”なのになぜ住職様が!?と。そして中身でさらにびっくり。赤面疱瘡の患者とかお万の椀に入れられたブツとか若紫の惨状とか。もともと容赦のない描写をされる作家さんではあると思うのですが、それでもこれはキツかった……夢に出そうでした。出ませんでしたが。

男として生まれてくるか女として生まれてくるか、それは決して自分で選ぶことはできず、与えられた道でしかないのかもしれませんが、“どちらとして生きたいか”も、ある程度はそこで決まってくるのではないかと思います。本能というか。それを何かの思惑のもと、否定されたりねじ曲げられたりというのは……辛いなあ。1巻時点(2巻は家光時代・1巻は吉宗時代)では、男名・女性の将軍がすでに常識としてできあがってしまっているので、悲劇性とまでは思わなかったのですが。

いずれにしても、続きが楽しみです。













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.