上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なな色マジック (1) なな色マジック (1)
あさぎり 夕 (1999/11)
講談社

この商品の詳細を見る


実家に帰ると、20年前くらいのコミックスがごろごろ並んでいたりします。当時自分で買ったものなのですが、その頃の自分は、気に入った作品を全巻そろえるという点にあまり重きを感じておらず、友人たちも似たような作品が好きで、A子ちゃんが1・2巻持ってるからじゃあ私は3.4巻買う、あるいは続きを連載雑誌で読んで満足してしまう的な流れだったため、ところどころかいつまんでしか手に入れていないのですが、今この年になってそのツケが……orz たまに何の予定もなく実家に帰ったりすると、他にすることがなく、日がなそのコミックスを読みふけってしまうのです。で、下手に途中部分(まで)しかないものだから、無性に全編通して読みたくなってしまい……良くも悪くも、文庫化・愛蔵版化のおかげで、結構昔の作品でもすんなり手に入ってしまうんですよね。この作品もそのパターンで、文庫本を買いました。

実家で読んだのは2巻くらいだったので、油断していたのですが……この作品ってこういうお話だったのか……! 姉と比べられて生きてきた主人公のコンプレックスがすこしずつ昇華されていくことしか覚えていなかったので、Bが思いのほかあっさり亡くなったことに驚きました。そして絵(というか、顔)の変化がすごいですね。当時からこういう書き込みのすごい絵を描かれていたんだなあと。













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。