上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Daddy Long Legs Daddy Long Legs
勝田 文 (2006/04/19)
集英社

この商品の詳細を見る


タイトルにもなっている“Daddy Long Legs”と他の作品を掲載した短編集。

やられた……。“尋常小学校”とか“寄宿舎”とか“財閥”とかその手の単語が出てくる時代(ってえらく広い範囲ですが(笑))を書いた作品って大好きなのですが、そこに“あしながおじさん”が被さるとここまですごいことになるのかと。雰囲気がなんともいえません。この作家さんの、妙に乙女乙女していない絵面(褒めてます。勿論乙女乙女した絵面も大好きなのですが)だからこそ、ここまで入り込めたのかもしれません。淡々とした流れが大好きです。
あしながおじさんをモチーフにしたお話といえば、大和和紀先生の菩提樹もありますね。あれはあれでやっぱり素敵な作品です。確かこの作品、“はいからさんが通る”に続いて映画化されたんですよね。当時の南野陽子さんは大好きでした。当時の曲は未だにソラで歌えます。

“パーラー”。
“俺は何の手土産もなしにここに来てもらいたいけど 坂田さんが来られないっていうならもう来ないで”
この台詞が痛いです。自分自身がなにかの“理由”ではないというのを認識するのは辛いものです。













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。