memorable songs

ARTICLE PAGE

仕事始め

でした。寒さのせいなのかどうなのか、しょっぱなから電車が遅れていてかなり凹みました。特に遅れることなく無事着いたのでいいんですけども。気のせいか最近、電車の遅れを知らせるアナウンスの内容に“朝のラッシュの影響で”という文言が増えたような気がします。少なくとも私の利用している電車に関しては。……いや、いいけどさ……。
“新春ドラマスペシャル 白虎隊”を通してしっかり観ました。“くま”を飼うエピソードで、ああ犬の(銅像の)方のことか! と、やっと気づきました。なるほど。野際陽子さんがいい演技してたなあ。この方の演じるおばあちゃん役は最近のドラマに欠かせないように思います。現代劇時代劇問わず。
以下感想。隠すほどではないかもしれないのですが、あまり聞こえのいいことは書けていないので隠します。




白虎隊自体の部分については、とてもよかったと思います。特にそれぞれの息子たちを送り出す母の描写にはぐっときました。それだけに、第一夜冒頭部・エンディングの現代の家族の図は…不要というか、一連のドラマの流れとして観た場合、もったいないような気がしてなりません。特に後者。
実際、白虎隊の肖像画やら何やら遺品のようなものは、ああいった施設に行けばたくさん展示されていますし、それを見ていろんな話を聞いて、感じ取ることはそれこそ人により多々あると思います。けれど、何を感じ取ったか(感じ取って欲しいか)までを同じ作品の中で演じてしまうというのは何か違うような気がします。折角いいお話を演じていたのに、余韻も冷めないまま締めで一気に説教くさくなってしまった気が。ああいう史実は、いろんな意味で教訓にすべきはあっても説教としてしまってはいけないんじゃないかなと思います。言葉遣いがあそこまでわざとらしく変化するというのも、むしろ馬鹿にされているような気になりました。ラストの乾杯も意味が判らないですし。

……といいつつ。私としてはやんちゃなやまぴー・田中くんも観たかったので、そういう意味では大歓迎なのですが。うおお可愛いぜやまぴー! 抱いてやるぜセニョリータ!(いりません)

2 Comments

るか  

私は後編しか観ていないのですが、確かに最後のあれは ふーむ って感じでしたね。
ここのところのやまぴーは、ますます麗しく可愛らしくですよね。
そりゃエステCMも来ちゃうよね^^
田中聖くんは こうき と読むようですよ。
うん 何回か聞かないと読み方難しすぎて憶えられないです。

2007/01/12 (Fri) 18:56 | EDIT | REPLY |   

しずく  

最後のはね~…。でもやまぴーがかわいいので何でも許します(笑)
エステCMも、最初正直違和感があったのですが(若いんだからエステ必要ないじゃん!と)
観ていくうちに、違和感がなくなりました。妙に色気がありますよね。

……“こうき”……!貴重な情報サンクスです!
そうかそうなのか…なぜか“あきら”だと思ってました(^^; 
これからは彼を見かけるたび、胸の中で“こうき!”と
叫ぶことにします(笑)

2007/01/13 (Sat) 18:35 | EDIT | REPLY |   

Post a comment