上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIFE LIFE
小沢健二、スチャダラパー 他 (1994/08/31)
東芝EMI

この商品の詳細を見る


↓↓↓の記事を書いた直後、CD変えました。“かたづけBOX”とかいういかにもな名称のプラスチックの箱に洋楽・邦楽別、年代別な雰囲気でCDを分別ししまっているのですが変な積み方をしているので棚からひとつ出してしまうと他のものを出すのが面倒くさい……たまたま手にしたのがちょうどこの辺の年代のCDボックスだったらしいです。小沢健二さんというと紅白だかなんだかで深津絵里さんのことを歌った曲を歌いながら靴をすっ飛ばした人というイメージが強すぎです。前身といえばいいのか、フリッパーズ・ギターの“恋とマシンガン”も、未だ携帯でアラーム設定しているくらい好きなんですけども。当時も今と同様、音楽情報に疎かった私がなぜにその曲を知ったかは言うまでもなく、ドラマです。ブギ3部作(っていうのか……今知りました……)が大好きでした。そして将軍…じゃなかった華麗なる一族の後番組も。あれはやばい。ソファにのだめ役の子とふたり座って髪を撫でているシーンでぐはっときましたぐはっと。リアルで“萌え”を感じたのは久々です。大竹しのぶさんの演じる母になんというか、女のいやらしさというようなものを感じてしまい本気でイラっときたのですが、ここまで思わせるってことはやっぱり大竹しのぶさんの演技力のなせるわざなんだろうなあ。巧すぎる。

1を聞いたら多分1.5くらいまで読み取ることはできる(深読み・邪推含む)んじゃないかと自画自賛しているのですが、3に展開させることはできないんだなということをまざまざと思い知った今日この頃です。
職場で、20人前後に宛てて、文頭の宛名部分だけ変え内容は一緒のカバーレターを作るという仕事がありまして。先の担当者(今は退職)はそれをExcelのみで作っていたのです。当然のごとく周りは作業方法を引き継いでおらず(私)さんのやりたいようにやってくれていいよというスタンスだし、私自身マクロとかよく判らんですし、ついでに、集計作業を伴うならExcel・体裁を整えるならWordをそれぞれ使用するという固定観念に取り付かれているので、カバーレターのテンプレ自体Wordで作り直してやろうか(しかも基本差込印刷だし)、けどそれも面倒だなあと半ばキレ気味に考えていたのですが、ついさっき検索してみたら簡単に答えが。個人的大好き関数ランク第一位のVLOOKUP様……! もちろん検索値セルを手入力で変えつつ一枚一枚印刷していくという、半原始的な方法ではあるのですが、20枚程度ならそれで無問題! この方法考えた人ホントすごいと、拍手喝采を送りたいですホントに。
で、本題に戻ると。VLOOKUP関数を表作成等でめちゃめちゃ使っているにも拘らず、検索値セルと値挿入セルを離して関数を使うという考えに至らなかったこの応用力のなさにマジ凹み中なわけなのです。まっすぐ前しか見えない突き進めないというのは致命的だよなあ。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。