memorable songs

ARTICLE PAGE

おおきく振りかぶって 第五話・第六話

おおきく振りかぶって 2 完全生産限定版 おおきく振りかぶって 2 完全生産限定版
TVアニメ≪完全生産限定版≫ (2007/07/25)
Sony Pictures Entertainment(Japan)Inc.(SPE)(D)
この商品の詳細を見る


もう“2”なのかそれともミスプリなのかは判らないけど、先週放送分までようやく見ました。その前の分はミハ誕の日に話題にしたかったんだけどなあ。


まず第五話。私的にはかのにゃんのサービスショットがカットされていなかったってだけでももう満足って話でして。あと“ジンクスだ”も(後者をカットすると、わけがわからなくなるって気がしなくもないですが)。そういえば三星メンバーが言い争う場面が結構好きなんですよねえ。特に“畠はおまえ(かのにゃん)のために……!”という誰かの台詞。勿論、ミハに対してしていたことは決して褒められたことではないけど、なんでそうせざるを得なかったのかということを周りがちゃんと判っている+止められなかったというのが、いいなあと。いや、ゲンミツに言えばよくはないんですけど、この子たちも方向が違っちゃっただけでホントはいい子たちなんだなあと。そして織田の一喝でお互いさらっと謝りあっているのもいい。……まあこれは流石にラストでミハにちゃんと謝っている(原作)のを見てるからそう思えるだけかもしれませんが。

第六話。いやもう誰が何と言おうともこの回は阿部さんの大活躍につきる……! 狙っているのかどうなのか判りませんが、“いい気持ちにさせてやるぜ”(ちょっと違うかも)と“クソレフト”が同じ回とは……! 今日の朝、プリキュアの前にこの回の録画分を見たのですが死ぬほど笑いましたまじで。図(原作)で読むのも破壊力抜群でしたが、さらにそれに色と音が乗るとあんなに衝(笑)撃的なものになるのか……。バックに稲妻走らせすぎですってば。流石というかなんというか、判ってらっしゃる>アニメスタッフさん

0 Comments

Post a comment