memorable songs

ARTICLE PAGE

なんだもない。

私の生まれた地方……というよりもしかするとうちだけの言葉なのかもしれませんが……今日、会社を出た瞬間にぽろっとこぼれた言葉が↑の“なんだもない”でした。実際はもっとだらけた感じの物言いですが。
意味としては、“くそ忙しくてわけがわからないほどだ”みたいな感じでしょうか。今日はまさに飲まず食わずフル稼働で働き(いや、お昼休みはちゃんといただいてますが)めまぐるしい日だったので、かなり疲れていた模様。私の生まれた地方は特徴的なお国言葉みたいなものはないと思っていたのですが、こう、気をふっと抜いたときに口をついて出るのは、そういう言葉なんだなとちょっとしみじみ。別に実家が恋しいとかそういうわけではない(筈な)んですけどね。

例えば曲などで“東京”を取り扱う場合、どうしても“冷たい”とかそういうイメージのものが多いように思うのですが、自分が東京で過ごした時間を思い起こしてみても、そう言えばそういう意味でつらいと思ったことはなかったなと思います。地元の人間だって、例えば電車が駅に停車しても、ボタンを押さないとドアは開かないということを知っていても教えない程度には冷たいし。
ローカル電車はボタン式開閉だったのです。車社会で父が運転好きだったのでローカル電車に乗ったのは数える程度ですが。今もそうなのだろうか……。ちょっと確かめてみたい気がする……。

2 Comments

るか  

私もたま~に 地元の方言が出るんです。
そんな時は自分でも びっくり!
私ってやっぱり○○人なのね~って認識しちゃいます^^
先日愛知へ行っている長男と話していたら 愛知方面の方言が出て 二人で あれ? って笑ったり。
思わぬ楽しいコミュニケーションがとれました(笑)

2006/06/09 (Fri) 15:01 | EDIT | REPLY |   

しずく  

意外に出ますよね!

出かけた先の言葉も、ふと出てきますよね。真似しているうちに癖になってしまって。
ところで、愛知方面の方言って…気、気になる……。ニコチャン大王のような言葉はさすがに大げさすぎだとしても、お国言葉ってその土地その土地のお国柄が出て、いいですよね。

2006/06/10 (Sat) 00:47 | EDIT | REPLY |   

Post a comment