admin admin Title List
以前 ほしのこえ を買ったとき、佐原ミズ先生の絵はなんて綺麗なんだろうと半ば感動しこりゃ作家買いだと意気込んでいたにもかかわらず私の利用している本屋さんでは新刊をさっぱり見つけることができずそのまま忘れてしまっていたのですが、いろいろ物色してみたらいろいろ発見。新刊棚しか見ないってのはあまりよろしくないんだなあ。

バス走る。 バス走る。
佐原 ミズ (2007/06/08)
新潮社

この商品の詳細を見る


ちと貧乏生活気味の身としてはお値段が張りましたが、カラーイラスト収録という煽りに陥落してお買い上げ。“ダドレアの路”の絵本のような水彩画が美しすぎる。お話では“忘れ名ヶ岡停留所”と“ナナイロセカイ/めがね泥棒”が好きです。前者は切なさがいい。手に触れても何でもないことのような扱いだとか『こうでもしないと見てくれない』だとか。後者はどっちもかわいすぎるのがいい。特に加納サイドのお話が好きです。ダテなのかよ! 


マイガール 1 (1) マイガール 1 (1)
佐原 ミズ (2007/04/09)
新潮社

この商品の詳細を見る


月の下での、どちらかが陽子さん(ママ)に逢いたくなったら、自分の知っている陽子さん(ママ)の話をするという約束がいいなと思います。互いにあっさりなじみすぎてるんじゃないか的な感は否めないけど、知り合う前から“てんとう虫のマサムネ君”の存在に焦がれていた子と、捨てられたと思ってもずっと忘れられなかった恋人と自分との子供と判っている人とだったら、こんな感じなのかなとすんなりと思うことができました。なんせ正宗君がいい奴だし。裁縫もできちゃうってのがすごい。秋君のエピソードも胸を打ちます。子供って大人よりも、見ていないようで見ている、いろんなことを知る(感じる?)能力に長けているような気がします。その分、子供に謝られてしまうのは結構キツイ。


私たちの好きなベルサイユのばら 私たちの好きなベルサイユのばら
池田理代子プロダクション (2003/03)
宝島社

この商品の詳細を見る


失礼ながら執筆されている方々のことはあまりよく知らない(室井祐月さんくらいしか……しかもなぜ知ってるかって、ワイドショーでのコメンテーター姿を覚えてるってだけだし)のですが、おのおのの見解が興味深いです。“ベルサイユのばら”という作品は本当に大好きなのですが、連載をリアルタイムで読んでいた世代とは、読み方というか入り込み方がまた違ってくるのかなとしみじみ思ってしまいました。オスカル様に無意識に“様”をつけてしまうあたりは同じなのですが、あの髪型にしようとは思わなかったしなあ。アニメのあらすじ説明(全話分)も嬉しいです。一応テレビで放送しているのを観てはいるのですが極端に電波が悪いのと放送時間をよく忘れてしまうのとでとびとびになってしまっているので。…DVD購入すべきか…。そして文庫版では到底見ることのできなかったカラーイラスト(一部モノクロも)がふんだんに載っているのも嬉しい。


アラクレ 3 (3) アラクレ 3 (3)
藤原 規代 (2006/09/19)
白泉社

この商品の詳細を見る


一気に4巻まで購入。購入前からこの巻の表紙が気になっていました。両親をなくし天涯孤独だと思っていた主人公が実はご令嬢、しかもヤのつく一家の。それだけでも好き設定なのですが、その手の世界ならではのギャグが面白すぎる。あの柄の浴衣はダメだろう。どんどん歯止めが利かなくなりつつある五十嵐さんが可愛すぎます。4巻が、あわや家庭訪問か的な引きで終わっているのですが、どうなるんだろう。断りきれず開放→あのアラクレさんたちが必死に取り繕う…って流れになるんだろうか。って、ぼやぼやしているうちに5巻は今月中旬発売ですか。おおう楽しみ。ところで表紙は杏真さんなのかしら。


キスよりも早く 1 (1) キスよりも早く 1 (1)
田中 メカ (2007/07/05)
白泉社

この商品の詳細を見る


萌えは別所で叫ぶとして。
やっぱ田中メカ先生大好きだ。これに尽きる。てっぺいめごー。





コメントを残します、こんにちは。(笑)
ほしのこえ、是非原作のアニメをご覧になることをオススメします。
新海誠氏の自主制作アニメですが、全て一人で作ったとは思えない完成度です。
全体に広がる静かで切なく儚い雰囲気が、主人公の心情を代弁しているようで、私は大好きです。CGの技術も素晴らしいんですよ。
DVDブックのような形で発売されているはずですが、レンタル等に下がっているかどうかは分かりません^^;
それにしても、コミカライズされていたとは。小説版などがあるのは知っていましたが、これはお買い上げかもしれません(笑)

新海氏の他の作品オススメなのですが、ほしのこえは30分程度の短いアニメなので、初見には最適かも。
次作の「雲の向こう、約束の場所」はBSで放送されたものを見ましたが、こちらも素晴らしい作品です。最新作の「秒速5センチメートル」のDVDがもうすぐ発売なので欲しいのですが、他作品のDVD収集で手一杯でお財布が寂しいことに(笑)
新海氏は個人的に空の描写がジブリのそれに匹敵すると思っています。「雲の向こう~」の空の表現は素晴らしいですよ。

2007/07/15 14:00  そら
『私たちの好きなベルサイユのばら』
ベルばら好きの心をくすぐる本ですねー。
こんな素敵な本をご紹介くださって・・・どうしてくれるの!(笑)
で、記事を拝見しながら思い出したのですが
ベルばらファンになった頃、単行本と共にイラスト集やら色々買い揃えたのですが
引越しと共に処分をしてしまいました。
今思えば、なんてバチあたりな!
これからは もっとmonoを大切にしようと思います。
(と思っていると片付かないという困った現象 苦笑)
2007/07/15 19:13  るか
こんばんは~、そらさんv

す、すまんです……佐原ミズさんの絵にばかり目がいってしまって
肝心の「ほしのこえ」のアニメはノータッチでした……勉強させていただきます!(笑)
「ほしのこえ」のコミックを買ったときも、界隈のレンタル屋さんを
探しまくった記憶が甦ってきました
しかしそらさんからいただくコメントを読むたび毎回思わされることなのですが
ホント詳しいなあ。あと、ご説明がわかりやすくてすげー! と思います(尊敬)

ちなみに「雲の向こう~」のほうも漫画化されているそうですね。
これまた佐原先生。新海誠さん直々に佐原さんに描いて欲しいみたいなコメントを
よせたとかどうとか。そっちも読んでみたい所存なのですが、現在休載中orz……。
2007/07/16 17:52  しずく
こんばんは、るかさんv

ちょっとこの本はオススメですわよ!(笑) アニメがとびとびの記憶しかないのですが
(最終回がすさまじいということだけは鮮明に覚えている)全話あらすじがついていて
個人的にいちばんそれがオススメかも。ただ、DVDとか完全版(コミック)が欲しくなるという
罠もありますが(笑)

>ベルばらファンになった頃、単行本と共にイラスト集やら色々買い揃えたのですが
>引越しと共に処分をしてしまいました。

あるあるある(涙) 私もリアルタイムで読んでいた漫画等
結構ばさばさ捨てて(或いは捨てられて)しまっていたのですが
今にして思えば、とっておけばよかった……! と
「大人になってあらためてハマったもの」が多い身としては身につまされます。
2007/07/16 17:55  しずく









管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.