memorable songs

ARTICLE PAGE

場所は違えどばばんばばんばん

温泉に行ってきた。場所は鬼怒川温泉。唐突に温泉へ行きたいと思い立ち、あまり色々考えず直感で場所・宿を決めたのだけど、うまい具合に当たりを引いた気がする。お宿は、三連休ということもあり平日よりは割高だったっぽいけどそれでもお手ごろなお値段で、むちゃくちゃ立派というわけでもなくどちらかといえばこぢんまりとした所(失礼な……)だったのだけど、部屋とかフロントとか階段とか、モダンな雰囲気やところどころにさりげなく飾られている和小物が私の好みのど真ん中を突いてくれた。恐れ入りました。お料理も、場所柄と言い切ってしまってよいものかどうか判らないけどどちらかといえば海の幸より山の幸寄りだったのが嬉しかった。もちろん味にも満足。そして風呂。“クアハウス”というには物足りないかもしれないけど、いろんな種類の風呂(通常・露天・泡沫風呂・ジャグジー・打たせ湯・箱蒸し・サウナ・立ち入浴)が一箇所にまとめられているのって、いいかもと。スーパー銭湯とか健康ランドとかでもいいんだけど、人が多くて落ち着いて入ってられない気がしてちと苦手なので(食わず嫌いではあるけど)……。温泉に行きたいという割に、行ったところで普通自宅で入浴するのと同じくらいの時間しか入浴できない(飽きてくる・ただ回数は増えるけど)身としては、一度の入浴で飽きずに長時間とっかえひっかえ入っていられるというのは嬉しかった。特に泡沫風呂が良かったなあ。ジャグジーほど強くはない勢いの泡がぽこぽこはじける感覚が心地よく、湯温もちとぬるいめで、他に人がいなかった(夜中は貸切状態だった……団体(宴会)客が多かったからかな)のをいいことに、えっらい長い時間浸かってしまった。極楽でした。ついでにどうでもいいけど露天風呂。贅沢だなーと思うのだけど、メガネなしだとほぼなんにも見えない身としてはあまり意味がないのだった。コンタクト買おうかな。(……?)

次の日は日光江戸村へ。ホントに『温泉に行きたい』だけが先に立ち、それ以外の予定はなにも決めておらず、適当にお土産とか見ていれば時間も経つだろうと思っていたら、実際江戸村だけでいい時間になってしまった。北町奉行所のお芝居を見たのだけど、面白かったなあ。高橋英樹さんとか松方弘樹さんとか、西郷輝彦さんとか里見浩太朗さん(江戸を斬る)のイメージ(貫禄あるがっちり体型)が強烈過ぎるせいか、江戸村での金さんが最初悪役かと思ってしまったのだけど(失礼)。悪玉の商人と“おひねり”の説明をしていた同心の掛け合いが最高だった。
にゃんまげ高見の見物中

江戸村といえば“にゃんまげに飛びつこう♪ ドンドン♪”と思わず口をついてしまうほどあのテーマソングが印象的なのだけど、にゃんまげがいなかった……。真夏の暑い盛りだったらまだわかる(つかあの着ぐるみ姿で炎天下歩き回られたりしたら逆に心配になる)けど、そりゃないでしょ連休の中日だったのに。けっこう人も入っていたのに……。と、ふと上空を見たらこっそりいらした。高見の見物中。ぬいぐるみだけだけど。

定価販売中

で、空いた時間で鬼怒川駅周辺をふらふらしてお土産を買い捲り。日光といえば湯波でしょ、と、もともと巻いてあるものやら薄い四角いものやら湯波を買い込み、ついでに栃木だし……とかんぴょうを買いつつ、温泉街だからってことで温泉饅頭もぱくりと。そのお店に張られていたのがこのチラシ。実家近くにコ○マ電機とヤマ○電機が道一本はさんだところに隣同士並んでいるところがあり、そのうち前者の壁にはでかでかと“ヤ○ダさんより安い店”と貼られていて、正直ドン引きしたのだけど、それを思い出した。この店の2・3メートル先には“定価より2割引”を前面に出し温泉饅頭を売っている店があったので。戦ってるなあ。

で、いろいろ物色した後、駅前のお店で買ったとちおとめソフトクリームを舐めながら、同じく駅前に設置されている足湯に浸かって温泉気分の駄目押し。もうちょっと待てば、紅葉がいい時期だったんだろうなと思わなくもない。奥日光では紅葉が始まったとか。とはいえそんな、人が集まる時期にうろうろするのも苦手だし、見頃のあたりにはまた別の予定があるし、なんやかんやで満足な日々でした。色々考えなければいけないこと・やらなければならないことが立て込んで結構滅入ったりもしていたのだけど、大分回復・充電完了。たとえ一時でも環境を変えるって、頭を切り替える効果はかなり高いのかもしれない。また次の休みに向けて、がんばろー。

0 Comments

Post a comment