結局一番多いのは自分用土産という罠……orz 今回はいつもにましてがっつり買い込んできました。人様に差し上げる分・頼まれ分も含めつつ、別便で発送した分を除きつつ、帰宅時に手元にあったものを並べるとこんな感じに。

お土産+自分用福岡銘菓

……一体いつ食べるつもりなのかと。つか、ダイエットはどうしたんだと。まあ冷蔵庫を新調したこともあり、賞味期限内に食べきれなかったものは冷凍する前提で買ってきたってのもあるけど、それにしても……。

自分用みやげ

そしてこっちが純粋に自分用。L’OCCITANEのJAL国内線機内販売限定セットは、これが買いたくてJALを選んだようなものです。アホです。おまけのトートバッグ、もちっとマチが広かったら言うことなしだったんだけどなー。キット自体はどれもこれも使うものだったので満足(この手のセットって絶対使わない(少なくとも私は)ってのが必ずひとつは入っていて無駄にしてしまう)。ちなみに対応してくれたキャビンアテンダントさんも二・三日前に購入したとのこと。それを聞いた瞬間思わず笑ってしまいました。嘘でもそういうトークって嬉しいものです。
そしてよりによって羽田空港で買ったよーじやのあぶら取り紙・アロエ(羽田空港店舗限定)。あなたは何県在住なのかと小一時間。

ベルばら入浴剤

さらにまったくもって旅行には関係ないのに、天神のドラッグストアで購入してしまったCreer Beaute ベルばら入浴剤。ええもうアホかと。旅行前、手土産を買いに行った道すがらで初対面した時には購入を我慢できたんだけどなー。旅行というある意味現実離れした空間では簡単にその箍が外れてしまった模様。アンドレの湯・フェルゼンの湯・アランの湯・ジュローデルの湯と、現状四種類発売されているらしく、実際見かけた店舗でも全種類売られていたのですが、ジュローデルは止めておきました。いや、なんとなく。そしてルイ16世の湯はないということに、ちと涙が。さらに、アンドレの湯は「潤いの湯」、フェルゼンの湯は「タラソの湯」と、いかにもセレブリティな雰囲気漂うカテゴリなのに、アランの湯は「多汗の湯」と、なんちゅーかあからさまというかもちっと遠まわしな書き方はなかったのだろうかと思わされるノリであることに、ますます涙が……。イメージぴったりではあるのだけど(ごめんよアラン)、なんか汗くさいイメージが浮かぶんだよなあ「多汗」と言われると……。まあ私自身他のフレーズが浮かばないんですけども。……多汗……。













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.