memorable songs

ARTICLE PAGE

DEEP RIVER

DEEP RIVER DEEP RIVER
宇多田ヒカル (2002/06/19)
東芝EMI

この商品の詳細を見る


NEWアルバムが出たばかりだというのにこのアルバムのことを書くのは今更感というか乗り遅れ感丸出しでアレですが…。
ところでNEWアルバム。そのタイトルを昨日まで私は“UTADA BLUE”だと思い込んでいました。しかしすごいタイトルだよな~と思いつつふと顔をあげテレビをまじまじと観てみたら“ULTRA BLUE”だったんですね。直訳すると超ブルー? 宇多田さんなにかあったんですかー。
それはそうとこのアルバムは買ってしまいそうなイキオイです。カップヌードルのCMソングが素敵ですし、なんといっても“COLORS”が入ってるしな~……。恐ろしさのあまり会社帰りはCDショップの前を避けて通っています。今月は思った以上に出費がかさむので金がないのです(涙)

で、本題。このアルバムの中の“Deep River”“Letters”この二曲がとても好きです。
まず“Deep River”…アルバムのタイトルにもなるくらいだから本人もかなりの思い入れがあるのだろうとは思うのですが、聴いた瞬間、すごいなと思ったことを覚えています。詞の中に“河”という単語がはっきり謳われている部分は一箇所しかないのですが、音から河の情景がすうっと浮かんで来ました。“全てを受け入れようなどとしなくてもいい”という、表立って乞うことはできないけれど誰かに言って欲しい(少なくとも私は)“許し”の詞もなんだかほっとさせられます。

“Letters”…。打って変わってこちらはなんだか身につまされる歌詞だなと。特に、曲の中の主人公が働く理由とやらのくだり。働くことに限らずそりゃ人生そのものですよね。♪あみだくじ~♪ババア♪(古)と陽気に歌いたくなりそうなアミダくじに例えるセンスは好きなのですが、アミダくじのように、行き先までにところどころ待ち受けている角の曲がり方に決まりがない分タチが悪い。予想もつかない世の中だから、ばーい日本・興亜・損保!もしかしたらもっといい曲がり方もできたのかもしれないけれど、とりあえず今の自分はそれなりに幸せだと思えるのは嬉しいことだと思います。

0 Comments

Post a comment