memorable songs

ARTICLE PAGE

大切なのは過去ではなく今後をどう変えていくかではないかと

■今後のポータルサイト「livedoor」の運営に関して

ポータルサイト「livedoor」は、月間約1400万人のユーザーの皆様からご来訪を、約300社の広告主からのご出稿を頂いており、既に法人としての株式会社ライブドアからは独立した「公共性」を有していると考えます。当社は、上記の認識に立ち、今後も、メディアとしての「中立性」「独立性」を最大限に確保しながら、ポータルサイト「livedoor」の運営を継続してまいります。

ポータルサイト「livedoor」の運営、サービスの提供については、一切の問題はございません。100万人を超えるユーザーの皆様にご利用を頂いている「livedoor Blog」をはじめ、ポータルサイト「livedoor」の各種サービスをご利用頂いているユーザーの皆様には、ご心配をおかけしたことをお詫び申し上げると共に、今後も変わらぬ、より一層のご愛顧をお願い申し上げます。




対応早いなあ
……そうでもないかな?

まあ今後いつどうひっくり返るかは判らないけれど
とりあえずBlogサービスも続けていこうと考えているようですね
……“現状では”、ね……


ポータルサイト「livedoor」と
株式会社ライブドアとが
同一のものではなくそれぞれ独立したものという考え方は
なんとなく、好きだなあと思いました

この例と比較するのはどうかと思いますが
スノーマークな乳業会社が過去にやらかしちゃったときに
そこがつくっていた粉ミルクまで製造中止になってしまい
それを飲んでいた赤ちゃんが、他のミルクを受け付けないので
本当に困っていたという側面があったらしいのですが
それと同様に
会社が何かやらかしちゃったからといって
(その“何か”がどうにもこうにも許されないことだとしても)
その会社が作り上げてきた、商品なり何なり(の、価値)までも
つぶしてしまうのは、もったいない気がしますし
困る人もいるはずですし
不買活動等の抗議的な活動は、やりたいひとだけやってればいい話で


亡くなられた人が出てしまったというのは
やるせない話ですけれどもね……

0 Comments

Post a comment