頑張って都会に出なくとも、大概の用事が済んでしまうこともあり
最近の移動手段は、主に徒歩か自転車です
運動にもなるし、いいかなと
今日の外出も、家を出る直前まで
自転車での移動のつもりだったのですが
ドアを開けた瞬間に挫折しました…
(全国的に大雪だとか言ってんのに自転車を使おうという時点で
ナメ過ぎの感がありますが)
何より、風がつえ――――――!
ヅラ飛んじゃうづら!

……まあそれはさておき

13歳のハローワーク


いってきました、ハローワーク
雇用が安定したってことなのか ……いや、それは……
単にこの寒さのせいなのか
ガラ空きのなか、促されるままに登録用書類をカキコして
ふと、生年月日記入欄を見たら
年号に「平成」があってびっくり
確かに、あり得なくはないんですよね…平成生まれの社会人……

ハローワークへの登録のあと
実際雇用保険を受給する時の条件設定とか説明会の日程を伺ったりとかのため
違う窓口へ行きました
そこで、退職時に会社で書く(というか同意させられる)
離職票の退職理由欄での記載について
あらためてその場で確認し、同意して署名捺印するのですが
その時、隣の席にいた、同じように登録をされていた方(おじさん)と
その相手をされていた担当の人が
ただならぬ雰囲気になっていて
私の担当をしてくださった方に助けを求めるようなアイコンタクトをしていたので
(“~ので”ってこともないですが)
聞き耳を立てちゃいけないなと思いつつも
声がデカかったので耳に入ってきてしまったのですが

どうやら、単なる「自己都合」ではなく
会社側が結構色んなことをずらずらっとあらかじめ欄に書いてきていて
(当然、おじさんにしてみればその後が不利になるような理由)
それに署名するしかなかった、という状況だったらしく……

私自身、退職間際のあの微妙な空気が
ちと辛かったといえば辛かったのかもしれないけれど
そんなものは大なり小なり誰でも感じるものでしょうし
基本的にはかなりの円満退社をさせていただいたと思われる身なので
こんな言い方になってしまうのですが
そういうイヤガラセというかなんというか…は
あるところにはやっぱりあるんだなあ、と……
今日見た方の場合、あの嘆きっぷりからみて
退職「した」のか退職「させられた」のか
それ自体も微妙ではありましたが

景気が悪い(→リストラ)せいだけじゃなくて
それ以前の問題ですよね
法の規定とか制度とか、いろいろあって
事実上、雇用者と労働者は対等な立場だとされていても
結局は、目に見える形としてわかりやすいもの(=お金)を与えている立場と
もらっている立場 という図式になってしまうのが
哀しいかな、現状ですし
実際、かわりも腐るほどいるっちゃいるわけですからね~…

書いていて自分自身わけが判らなくなってきましたが(^^;
理想と現実との乖離って、難しいなと思ってしまった次第でした
まさに、『法を生かすも殺すも人次第』…

うーん
かぼちゃ食って柚子湯入って、がんばろ―――













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.