FC2ブログ
昨日のことですが

今年最大の(個人的)イベントのひとつ
mimori yusa piano solo 2005 “bonbonniere”
再び行ってまいりました

beforecocoa当初、会社はお休みを取る予定だったのですが
予定が狂いに狂いまくり
結局出社と相成ってしまい
定時と同時にダッシュ…
ライブで十二分に癒されることは判っていたけれど
ちょっとそれ以前に色々あり
イライラした気持ちをココアとスコーンでリセットして
いざ、会場入りしました
(素直に腹ごしらえだと言いなさい自分)

てなわけで
以下、ライブレポです
前回同様、ファンと公言しながらだとはいえ
あまりにイタタちゃんな発言の連続になると思いますので
遊佐未森さんをご存知の方
ある程度私がイタタなのはもう慣れてるわよ な方のみ
どうぞ~



以下、追記です

ウキウキワクワクしながら早速
銀座ヤマハホールへ突入
実は私、ここに足を踏み入れたのも今回がはじめての体験でして
最初、なんで階段に人が並んでるんだろう…といぶかしみつつ
一旦4階まで昇ってみたのです
そしたら、皆さん今回のライブのために並んでいた方々だった…orz
再び一階へと戻り、いそいそと並びなおしました

さっそく席につき、ちょっとづつ落ち着いてきた頭で
席からステージを見ると…あああああああ
確かにね。近い。近いのです。ホントに
けど…今回のライブは「ピアノソロ」
そう、ピアノが真ん中にででんと居座っているのですよ
私の席は、会場右側に位置していて
ピアノは、鍵盤が会場左側を向いた状態で置かれていて…
ぎゃ―――――!
この席、ピアノで遊佐さんが全く見えません!! 足しか!!
しばし呆然でした
(とはいえライブ中は、照明の当たり方の関係で
遊佐さんのシルエットがうまく映し出されて、それはそれでいい感じだったのですが)


そんなこんなしているうちに、順調に開幕となり
登場です
今回は、黒のノースリーブのワンピ
シックな感じでとても素敵でした…(*^ ^*)

曲目は以下のとおり

・エニシダ通り
(春に出るアルバムに収録とのこと。インストゥルメンタルっぽいです
 遊佐さんの幼少の頃通った、エニシダの生えた道をイメージして作った曲…と仰っていた…ような)

・水色
前回に倣って、「合歓の木陰で」が来るだろうと思っていた私は
この時点で大パニックでした
うわああああ
曲目違うよ………!
無理してでも10/22の会も行っておけばよかったよ……!! と(涙)

・DIARY
この曲、大好きです
「貴方」に会えない日のことも綴っておく、という
寂しい気持ちからも逃げない気持ちがとてもいいなと思いますし
畳み掛けるようにやってくる、サビ……
この時点でちょっと目頭が熱く……(オイ)

・春の雨
この曲も、春に出るアルバムに収録されるとのこと
前回聴いたとき、ああこの曲知らないよ―――! とちょっと凹んだのですが
良かった。知らないわけだ…


この間、カゴメのCMでのナレーションのお話が出ました
いい声です、よ、ね……
なんとかというドラマを見ると、提供がカゴメさんなので
見れるらしいのですが
その、なんとかというドラマに興味がなく、いつやっているかすら判ってないので
未だチェックできず…
昔やっていた、モグモグゴンボ(でしたっけ?)という番組は
カゴメさんが提供なうえに
欠かさず観ていたので
今この番組がやっていたらこのCMにもお目にかかれるところなのですが…


・小さな喫茶店
上のCMのお話で出てきた、カマドさん絡みで(違)
や、やっぱりマドさん でも カマさんでもなく
カマドさん で良かったと思いますよ遊佐さん…
この曲もとても好きです
昔の曲なのに、古さを感じさせないのが素敵…なのは遊佐さん+アレンジの力なのかどうか…

・あやとり
うん。何回聴いても可愛らしいメロディです
やっぱり、ふたりあやとりで「つづみ」をやりまくって
絡まっちゃった、みたいな……(だから違うって)

・潮見表
この曲、ファンが多いですよね…
や、もちろん私も好きですけども

・つゆくさ[小夜曲]
ステージ中央に立ってのアカペラでした
圧倒

突然というかなんというか
モザイク の曲を歌ってくれたのを聴くのは今回が初めてだったので
なんだか新鮮でした
出だしの歌詞が、とても好きです。斬新で

・エデン
キタ――――――!! 待ちに待ってました!!
この曲、好きなんです。本当に
胸に染み透ってくる旋律と歌詞がとても好き
今回のためにアレンジしたという波の音(鎌倉の波の音だそうです)とともに
心も体もリラックスできてしまいました…


この間、ボンボニエールについてのお話
そう、タイムリーですよね! 紀宮さま(黒田清子さん)の
引き出物……!
ニュースステーションか何かでそれを見た瞬間
ほえっ!!?? と、テレビに視線釘付けでした
「ボンボニエールの時代がきた!」と喜ぶ遊佐さんが
可愛らしいのなんのって……vv
そして
ボンボニエールが欲しくなってしまった私…


・クロ
生演奏………!!
フォ――――――――!!
やっぱりいいです。この曲
まじ、「みんなのうた」は録画体勢で臨みます
うちの、土曜17時~19時前後はNHKと決まっているので…

・Island of Hope and Tears
来ましたよ…
サビが哀しくて切なくて、でも好きだ……
戻りたくても戻れないことって、確かにあるんですよね
しみじみ

・素肌
実は、アルバム派(というか、シングルを買わない派)なので
アルバムを買ったら、頭からつらつらと聴いて
歌詞カードを見ずに鼻歌で覚える方なので
タイトルと曲とが一致しないことが多いのですが
この曲、「素肌」というタイトルだったんですね…
聴きながらいつも、古い欧米の市場の風景を思い浮かべていたので
ちょっと意外でした
いや、それだけなんですけど…
モスリン という響きに憧れたりはしました

・夏草の線路
この曲
何から何まで好きです
線路って、いつまで走っても交じり合うことのないレール
という意味合いが個人的に強くて
なんだか切ないなあ…と思ってしまうのですが
ずっと続く道でもあるということ
それを改めて思わせてくれるこの曲がとても好き

・ポプラ
メリットのCMだったでしょうか
なんだかすごく聴いたことのあるメロディだなと
アルバム初聴のときにも思ったのですが
未だに、どこで耳にしたのか思い出せない……


この間、実は銀座好きでもあるというお話
考え事をしながらぷらぷらと散歩したいときは
銀座を歩いているとか……
なんだって――――――!
こりゃ銀座を歩く時は油断できな……


で、アンコール

・青空
最初はわたしが歌います
二番は皆さんが歌ってくださいね
三番は、みんなで歌いましょう
(三番まですべて歌詞が一緒なのです)
という言葉に甘えてというか何というか
バカ声で歌ってしまいました……orz
だってみんな声ちっちゃいんだも…
こういうのって、その場に行った人だけ味わえる醍醐味というか
いつもはメディアを媒介したうえでしか会えない方と
一体化できるような気がして…嬉しいです、よね…
とはいえ
すんません、隣の席だった方(涙)

・アカシア
うん。しんみりして終了です
厳かな感じがしてとても好きな曲です


てなわけで(?)
今回の曲目は、個人的にとても考えさせられる曲の連続でした
勿論、十分リラックスした上で、考えを馳せる余裕をもらえる
という意味なのですけれども
そういう意味でも、とても大切な位置を占めてくださっているアーティストさんです
本当に、末永く歌いつづけて欲しいなと思います

席にさりげなく(?)置いてあったアンケートのなかに
次のcafe mimo の案内もあったことですし
アルバムも発売ですし
それを糧に、これから過ごしていくことになりそうです
うひひ

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 memorable songs, All rights reserved.