with!! 1 (1) with!! 1 (1)
斉藤 けん (2006/07/05)
白泉社

この商品の詳細を見る


顔よし頭よし運動よし、と何でも来いな兄・司朗を持つ真砂。そんな兄は真砂の誇りであり少々コンプレックス。ある日突然司朗は真砂をかばい交通事故に遭って死んでしまう。そして真砂の身体にはある変化が……! なお話(そうか?)。

うっはキタコレ! と小躍りしてしまう、斎藤けん先生のコミックス第三弾です。待ってました! ……といいつつ、本屋さんで一度超スルーしてしまいました……花の名前とのギャップが激しすぎて……いやまあ確かに花の名前でもちらりほらりと笑いの要素が見え隠れしてたけど……。平積みだったというのにそのままふーんと通り過ぎ、その目の端に作者名がちらりと入り込んできて“おおっっ!?”とUターンしました。あぶないあぶない。

帯に目は通したものの、あまり深く考えず、裏表紙カバー部分のあらすじも読まず一気に読み始めたので、冒頭近くのほっぺにチュウシーンに、え、え、近親……!?と期待…じゃなかったビビりました。そして八坂くんにときめいた……よっしゃここで兄が亡くなり意気消沈な真砂に、“飯だと言っとるだろうが聞こえんのかっっ”と一喝よ! とワクワクしながらページをめくったら落ち込むまもなく乗り移ってました……そしてそんな吹き出す要素満載だというのにしっかりマジ泣きしてしまう要素も兼ね備えてるんだもんな――……やられた。
番外編(書き下ろし)も好きです。どうでもいいですが、サッカーを題材にしている作品でC翼ネタが出ているとなんだかホッとします。スカイラブハリケーンはともかくツインシュートなら翼くん岬くんも成功させてるしきっとできるさボケs'!(笑)
しかし兄妹ってみんなこんなに仲いいものなんでしょうか……ここ10年くらい帰省してもまともに口をきいていない程度な自分には到底理解できない世界でした……うらやましい。

草川為先生のときも驚いたのですが…作風が違っているであれどうであれ、二作を同時進行するのってすごいなと思います。二つの世界が頭の中に常にあるってことですしね。with!!と花の名前、次はどちらが先に出るんだろう……。いずれにしても期待期待。













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.