上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てなわけで
歯医者さん3日めです
てか、むしろ、今日治療したところが本番

まず、ニコニコしながら(←偏見)開口一番
「奥歯(親知らずの歯)なので、お口疲れちゃうと思いますが
 頑張ってくださ~い」
って
先生、問題はそこじゃないっすよ…

とにかく、とにかく
削られまくりました



   ←この間、1分半くらい→
チュイ――――――――――ン
(あがががががが――――――っっっ)(←心の声)

先生:「はいちょっと休みましょうか~」
私: かくかく頷く(しか、できない)

   ←この間、2分くらい→
チュイ――――――――――ン
(ぬごごごごごご――――――っっっ)

先生:「痛かったら左手挙げてくださいね~
    次、削って痛かったら、麻酔かけますからね~」
私: やっぱりかくかく頷く(しか、できない)

   ←この間、1分45秒くらい→
チュイ――――――――――ン
(ぐぎぎぎぎぎぎ――――――っっっ)

流石にこの時点でしみかたが尋常ではなくなり
左手を挙げてみたのですが

先生:「はい、ちょっと痛かったですね~
    もうちょっとですから、がんばってくださいね~」
私: 「………!!(ま、麻酔は!?)」
(先生と助手さんの顔をかわるがわる見てみるのですが麻酔お願いしますといえないチキン野郎…)
先生:「はい、いきますよぉ~」

   ←この間、1分20秒くらい→
チュイ――――――――――ン
(~~~~~~~~~~~~っっっ!!)(←心の声すらも尽きる)



幸いなことに、神経まで虫食いが及んでいなかったので
よかったといえばよかったのですが
いや~、しみたしみた!
まさに、精も根も尽き果てたって感じです
歯を削られるときって、体中に無駄に力を込めてしまうので
どっと疲れますよね……
ハア…



***

歯医者さんが虫歯を虫歯の部分だけ削るにあたって
歯の全景を見ることなくスッパスッパと削り上げるには
やはり、先生ご自身の手先に掛ける力と
患者の歯の大きさ(ある程度の想定)とを
つねに計算しながらの作業と集中力が必要なのだろうと思います
その計算の正確さこそが歯医者さんに求められるものなのかもしれません


果たしてその計算式上に、歯医者さんのお腹のお肉の体積は
きちんと算入されているのでしょうか……

私を担当してくださっている歯医者さんは
多分、少なくともAカップはあるだろうな~…とおぼしき
ぽよりんさんなのですが
今日は歯の部位が部位なだけに(一番奥の、上の歯)
ちょうど先生が背後に回り
リクライニング部分をがーっと下げられ
私の頭を抱え込むような体勢で治療を受けたのですが
…私の頭頂部に、先生の腹(胸?)が……

haisha
赤矢印:腹(胸?)からの圧力・
ぐっと押される感じ

青矢印:削る機械からの圧力…っていうか削る方向・
ぐっと引き上げられる感じ





こ…これ、腹(胸?)の圧力に負け(て、頭をちょっとでも下げちゃったりし)たら
先生の計算上の、削る力に反しちゃうわけだから
必要以上に多く削られない!!!???


治療中に私の頭を占めていたのはこの懸案事項でした
……頑張りました……













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。