上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルとナツ―届かなかった手紙

今日、5回分一気に観ました

ええと
不勉強なもので、当時のブラジル移民政策等について
あまりよくは判っていないってのが実のところなのですが…
(だからこそ、観てみようと思ったってところもあります)
お父さんの頑ななまでの愛国心(と、一言で片付けるのは気が引けますが)に
とにかく心打たれました
日本の「勝ち」に縋ることでしか自分自身を保つことができない心境というのは
いかほどのものなのだろうかと

冷静に観ていくと、ハル→ナツの手紙はともかく
兄夫婦に子供を預けっぱなし(実際は違いますが)だというのに
親夫婦から兄夫婦への手紙はなかったんだろうか、とか
ちょっとつっこみたくなる部分もなくはないですし
このドラマの趣旨のひとつが「日本の心を忘れてしまった現代の日本人」だから
仕方ない部分もあるのですが
特にラストで、今の日本(人・家族関係)は本当に駄目だと
あまりに強調しすぎなんじゃないかなと思わされたり
(ナツには、こんな日本だけど私はこっちで頑張るわ、みたいな台詞を期待していた…
今の日本にだっていいひとはちゃんといると思うので)
む? と考えさせられる部分もあったのですが
それを差し引いても、魅せられてしまうドラマだったと思います

そして〆めはミーハーちっくに
翼くんもよかったよ……!
森光子さん・野際陽子さん…このお二方の美しさはすごすぎる……!


公式ページ → 













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。