花と惑星 花と惑星
谷川 史子 (2006/07/14)
集英社

この商品の詳細を見る


表題と同名のオムニバス作品と、そのうちのひとりの話の続編。
あーもうなんていうか、谷川ワールドここにありって感じです。最近の長めのお話ももちろんいいのですが、さくっと始まりさくっと終わる谷川先生の短編はめちゃくちゃ好きです。

花と惑星…“part2 睡蓮”が好きです。現彼女の実家があやういからって、大学辞めて北海道へ舞い戻るってのもびっくりしましたが、それを、あんな引き止めかたさせておいて結局くっつけないってのが谷川先生。罰ってそんな。
エンディングで、コーヒーかなにかのCMで引用されていた谷川俊太郎先生の詩を思い出したことは内緒です。

で、その“睡蓮”の続きにあたるのが“春の蕾”。う、う、植木屋さんてばイカス―――!!あのタオルの巻き方はヤバイ。つくづくガテン系の兄ちゃんには弱いです。やっぱり最終的には時が解決してくれるってことなんでしょうかね。彼は彼でそれまで待つつもりだったのやも知れませんが……。

ところであのくせ毛風の髪で“レンレン”はいかがなものかと(ドキドキ)。













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.