memorable songs

ARTICLE PAGE

嗚呼漫画漬けの日々

大概、土曜日は「おやすみの日」にすると決めているので
奇跡的に早めに目が醒めたとしても
(って、最近金曜の就寝がめっさ早いので
それに伴い起きる時間も早まりつつあるのですが)
張り切ってお出かけするとかいうことは
滅多になく
3時から5時、ジムに行って一日が終了
というのが毎度のパターンなのですが
今日は色々こまごまとした用事があったため
珍しく午前中からお出かけでした

お出かけすると漏れなく足を運んでしまうのが
そうです、本屋さん…
ついでに、通っているジムからちょっと離れたところに
幸か不幸か、ブックオフが…
うををををを……!
順調に、金が飛んでいくよ……!(涙)



マドモワゼルバタフライ
画像がないのが悔しいよAmazonさん…

芸者見習いの蝶々(←主人公の源氏名)と、
蝶々の住む芸者置屋の裏手に住む彫師・千夏さんの
恋物語
…とひとことで片付けられない素敵なお話でした

昭和十年頃という時代背景での
社会通念・思想とか垣間見えて
個人的には好きな内容…v
絵もすごくすごく好みです
蝶々が、むちゃくちゃ可愛いったらもう…! そして着物…!


となりのメガネ君。 2 (2)
こ、こっちも画像がないんですかAmazonさん…

1巻が出た頃、近所の本屋で
立ち読みができるお試し版として開放されていたのですが
そのとき、ぱらぱらっと読んで
即座に購入を決意
待望の2巻発売に、飛びついてまいりました

しかし
「となり」で「メガネ」ですよ…!
なんて(私の)萌えポイントをがっつりと貫くタイトル…!
内容もまた、いいんですよ
幼くして親を亡くし、親の友人の家へ引き取られ暮らす美波くん(=メガネ君)と
その友人宅の娘・栗子の
恋物語
…と、ひとことで片付けられない素敵なお話(こればっかりだ)なのです
メガネを片時も離さない理由とか
1巻でも、帰りの電車で読んでいて危うく涙しそうになったのですが
今回も…帰りの電車で読んでいてやっぱり涙しそうになりました
子供のころのエピソード…気持ちが判る分、来るものがあります…!


桜蘭高校ホスト部 4 (4)

超金持ち高校・桜蘭学院高等部にて
暇を持て余す男子6人+女子1人の
ホスト部面々が繰り広げる学園ドラマ・ラブコメ
…って言葉では言い尽くせないなあ…

人気作品だということは知っていたのですが
実はタイトルで…避けていました…
のに
とうとう手を出してしまいました
なんだこれ…! 
はっちゃけたギャグが、お、面白すぎ…ぐふう

主人公のハルヒ…こういう、一見あっさり無頓着なキャラって
暗い過去とかトラウマとかしょっているというパターンが
多い気がするのですが
変に不幸っぷりをアピールさせすぎていないのが素敵
それぞれ特殊な人物ばかりですが
特殊な人物特有の特殊な心情があいまって
面白い……!
一気に読んでしまいました
(とりあえず今日は、1巻から5巻までを購入)


しかし……
次から次へと惹かれるラインナップで本を出すのは
勘弁してください白○社さん……

0 Comments

Post a comment