memorable songs

ARTICLE PAGE

美しく、日本語を


問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?
読んではいないんですが(汗)

全く持ってどうでもいいのですが
社会人経験というものが長くなればなるほど
社会人初心者(?)を相手に、アラがよく見えるというのが定説で
巷で言われる、「ファミレス言葉(でしたっけ?
“~でよろしかったでしょうか”とか言うやつ)」を使っているだの
「お疲れ様です」「失礼します」等の挨拶は勿論
目上の人に対する姿勢がなってない、だの
電話でまず自分から名乗らない、だの
やいのやいの、それこそ小姑のように
陰で、重箱の隅をつつきまくるという先輩方も
結構存在するものでして
(本人に注意すれば済む話だし、実際
目に見えて変わった子もいるんですけどね…)
特にファミレス言葉(多分)には
私の周りは厳しい様子
まあそれはさておき

自分以外の相手に
文字という手段だけで気持ちを伝えるのって
本当に難しいことなんだなと
改めて思い知らされることがあります
それは
趣味で書いている文章(創作)、
こうして頭に浮かんでくることを
つらつら書いているだけの文章(日記・私見)、
一対一で直接伝えることのできるメール、
不特定多数の方の目に触れる可能性の高い、ブログやサイト
どういったツールに関しても言えることなのですが

例えば、自分が何気なく書いた一言に関して
深読みされたらどうしようとか
自分の好みを口にした一言が
誰かの好みを否定していると受け取られたらどうしよう、とか
相手は明らかにひいているのに、それが読み取れなくて
一人暴走してしまっていたらどうしよう、とか

夏の暑さで疲れてしまっているからなのか
よく判らないのですが
とりあえず
オアシス運動週間 のつぎは
ことばに気をつける週間 にしようかと
心に決めたのでありました
いつも以上に
意味不明ですみません

0 Comments

Post a comment