上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巷でよく目にするものの
どっちが本当の名前なのかよく判りませんが
とりあえず応えてみます
さやこさん(tawagoto)、バトンさんくすです

***

Q1.Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入っている音楽ファイルの容量)

最近(…といっても半年くらい前ですが(汗))
HDDを入れ替えたので
今のPCには、効果音くらいしか…
前のHDDには、60MBくらい入っていたと思います
とはいえ、しょせんへっぽこPCなので
音楽聴きながら何か作業するなんてもってのほかだし
もともとPCで音楽は聴かな…むがぐぐ



Q2.Song playing right now
(今聞いている曲)

…聴いてません…アチャー…
基本的に、PCに触るとき=何かしらの文章を打つとき なので
どっちにも集中できなくなるし…
あ、でも適当な歌を即興で作って口ずさんだりしてます
ごっはんの炊ける~いいにおい~♪ とか、なんとか



Q3.The last CD I bought
(最後に買った CD)

Erik Satie : The Complete Solo Piano Music
<Jean-Yves Thibaudet>
エリック・サティ:ピアノ・ソロ作品全集
<ジャン=イブ・ティボーデ>


CDやらMDやら、あっちゃこっちゃに点在していたサティの曲を
まとめてどかんと聴きたいなあ と思い立ち、衝動買い
5枚組で、ボリュームたっぷり聴き応えたっぷりです

クラシックの歴史…というか音楽史とか、○○派とかは
よく判らないのですが
サティの曲のところどころににじみ出る
ナイスなネーミングが大好きです
「犬のためのぶよぶよした前奏曲」とか
「輪まわし遊びの輪をこっちのものとするために
彼の足の魚の目を利用する」とか
かと思えば
「ジムノペディ」「あなたが欲しい」など
叙情的な曲も飛び出してきたり…ううむ、油断ならない…


Q4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

・パッヘルベルのカノン
初見は、小学校5年だか6年だかの音楽の授業だったと思うのですが
これをリコーダー(たて笛)で吹くという機会があり
ソプラノパートの人は息継ぎをするヒマもなく
死にそうになりながら吹いているのを
アルトパートの私は他人事のように眺めながら(他人事ですが)
いいなあ、この曲…v と浸っていた記憶があります
心の原風景を映し出すような曲って、こういうものなのかなと


・Railtown
これまた小学校の、低学年の時だったかと思うのですが…
よい音楽を聴いて情操的な感覚の成長を促すという
教育方針の一貫だったのかなあ
全校生徒が一同に会し、演奏家を招いてよい音楽を聴く、という趣旨の
「音楽教室」なる、2時間くらいの授業みたいなのがありまして
その時シンセサイザーで演奏されていたのを聴いて
うおおおおお~…としばらく感動していた曲です
この曲のCDか何かがあれば欲しいのですが
いかんせん、ジャンルが何なのか判らないため
探しようがない状態…
マスターキートンのサントラ(あるのかな)を買うしかないのかなあ…
(↑OPだか何だかになってるんですよね、この曲)


・MY FAVORITE THINGS
実は「サウンド・オブ・ミュージック」って
一度(しかも適当に)しか見たことがないので
どこにこの曲が出てきたのか判らず
『そうだ、京都、行こう』…な曲というイメージしか…
よく聴くのも赤坂達三さんバージョンですし
京都に行きたくなると、この曲を聴いて我慢します
去年(の大河期間)は、ホントキツかった…
京都行きたい熱を冷ますのが(笑)


・薔薇は美しく散る(ベルサイユのばら)

ベルサイユのばら「薔薇は美しく散る」

検索したらこんなのにヒットした…ヤバイ、むっちゃ欲しい…
「聴く」というよりはよく「歌う」…
カラオケで、アニソンが許されるような環境(メンツ)であれば
必ずといっていいほど歌います
(とはいえ同世代で行くと競争率が高いので
次点で花の子ルンルンを歌ったりします)
…しかし…「私は薔薇の運命に生まれた」って…
ホントすごい歌詞ですね、これ
でもそこがイイ


・HAPPY ARABIA
多分初見は結婚式場か何かのCMでだったと思うのですが
私がS.E.N.S.にはまるきっかけになった曲です
この曲が入ったアルバム「MASARA TEA WALTZ」をはじめ
その他既存のアルバムを買いあさり
アジア系の曲って、いいなあ~と、かなり浸って聴いていました
とはいえ、この方たちはその頃既に、色んなドラマの挿入歌を担当していたので
アジア系ばかりでなく、サントラにも手を出して…今に至る…
もしかすると、「歌詞のない、音だけで創り上げられた曲」の
魅力というものを知ることができたのは
この方たちのおかげかもしれません

…しかし…このラインナップのうち
歌詞がある曲がアニソンだけってのが…なんともはや…
ただ、昔聴いた曲のほうが最近になって聞いた曲よりもずっと心に残る曲
というのは残念ながら本音だったりしますねぇ…
本やらアニメやら映画やら何かにつけてそうなのかもしれませんが



Q5.Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す 5 名)

…ただいま交渉中(笑)
決まったらご紹介しますし、決まらなかったらここで止めますし…


いじょ


2005.6.26 追記
バトンお渡し先として
「Tokimeki Laboratory」管理人 悠里さまに
御承諾いただきました
ご回答は「ときらぼ更新日記」にて

もひとり、ここからのリンクは貼りませんが
オフ(プライベート)友人に押し付け、記事待ち中v
うひひ
(って、このやり方はかなり反則ワザのような気がしますが(滝汗))

2005.6.27 追記
バトンお渡し先として、ぷにさまに御承諾いただきました
ご回答は「ぷにぷにほっぺ」にて
既にご回答済みv 早速読みふけってきますv













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。