marionようやく観てきました
昨日

ちょっと早すぎるかもよ、Bダッシュ~♪
じゃなかった
定時ダッシュで会社を出て
待ち合わせたのが有楽町マリオン
ここのからくり時計をぼーっと眺めるのが好きです
待ち合わせの場所としては
ベタベタ過ぎて捻りがないですが

因みに、有楽町マリオン(=日劇2)
確か今日まで、耳の不自由な方にも楽しんでいただけるように
とのスタンスで
作品中の台詞にすべて字幕がふられているんですね
もしかしたら他の映画館・作品でも
とっくの昔からこの程度のサービスは適用済み
なのかもしれませんが
ちょっと感心してしまいました

ひとつの作品の中でのサブキャラを主人公にした
サブストーリー的なものって
嫌いじゃないのですが
私の場合、の印象(というか贔屓目)が強すぎて
う~ん……と、正直なところこっそり思っていたのですが
これがなかなかどうしてほんとにもう!
見事に引き込まれました…

例のごとく、続編(と言っていいものか…)の
容疑者 室井慎次
観にいこうと
一緒に行った友人としっかり予約をとりつけてきました
満足満足


以下、個人的な萌えポイントの羅列
あらすじについては極力触れてませんが
ネタバレになりかねないので
映画観た方だけ読んでくださいまし…
クモ が後にも先にも
王蟲にしか見えなかったのは私だけですか…!
あの青い光といい、暴走してるところといい…!
(って、しまった、暴走してる時は赤い目だ…)

ああっ地下鉄社員に源さんが…!(違)
それだけでもう私は画面見ながら泣いてしまいそうでした

線引屋さん、ほんとごめんなさいごめんなさい
初登場の瞬間、ああっ高木ブーだ!! と
爆笑してしまいました…
しばらくずっと思い込んでいて
いくら和久サンが亡くなられたからって
ドリフつながりをもってくるのは、いささか強引すぎない~?と
ちょっぴり冷ややかな目になってしまいました
私がアホなだけです
ホントごめんなさい

八千草薫さん、ホントもう美しすぎ…v
あんなお母様だったとしたらそりゃボレロも聴きに行くっちゅーねん
お母様って呼ぶっちゅーねん


そうそう、犯人を最後に殺しちゃうってのは
なんだか後味悪いラストでしたね
踊る~らしくないというか
それまでの伏線は一体なんだったんだ、みたいな
容疑者~に続く伏線なんでしょうか? んなことないか…

個人的な萌え最高ポイントは
上に書いたとおり、八千草薫さんなのですが
ユースケ・サンタマリア……
え、主役張れるの?? と思う気持ちも正直あったのですが
いやいやいや……
「真下」になってましたね
もちろん、過去の作品でも十分
真下を演じていたとは思うのですが
それをはるかに超えた演技を目の当たりにしたというか何というか

ともかく
かなり惚れ込んでしまいました
むちゃくちゃカコイイ……!すごいぞサンタマリア!














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.