memorable songs

ARTICLE PAGE

ダーリンの頭ン中


ダーリンの頭ン中
まだ買ってないのですが

今朝、電車に揺られながら
この本の中吊りを見てしまい
朝っぱらから吹き出してしまいました
この方の描かれる絵の
ほのぼのさと突飛さの合わせ技がスキです

外国人の旦那さまとの考え方の違いを
面白おかしく描かれているシリーズなのですが
人と人が並んで歩いていくということは
すごく素敵なことで
大切なのはひとつだけで
国の違い人種の違い言葉の違い
そんなことは本当はちっぽけなことなのではないかと
思えてしまい
ちょっとしんみりします
(勿論実際は、壁を乗り越えるのは難しい側面も
あるのだろうと思いますが)

面白さ・娯楽のなかに
そういった大切なことが隠されている作品て
すごいと思ってしまったり…

0 Comments

Post a comment