ありのみ

父から、梨が届きました。案の定、ひと箱です。もちろん問題なくもりもり食べています。うまま。

今の職場はちょうど父と同年代の方が多い……というか殆どその年代……なのですが、そういう方々に囲まれて働いていると、自分がいかに父親好きなのかが思い知らされます。何かにつけて比較して見てしまうというか。とはいえ私は実際に父が働いているときの姿を見たことがないわけですが。いろいろ話に聞く機会はあれど、実の娘に悪口を吹き込むような人はいない→必然的によい噂ばかり耳にするので理想ばかりがどんどん膨らみまくっている感もなくはないのですけれどもね(笑)。

とはいえ、もともとファザコン気味ではあったのですが、ここまで(精神的に)べったりになってしまったのは、働き始めてからのように思います。ある意味家庭を顧みず朝から晩まで働く父に、学生の頃は“ああ~…”と思ったりもしていましたし。何のために働いているかということを本当の意味で理解できたのは、自分が大人になってからのことだったような気がします。いまだ好き勝手やってる娘ですんません、父。













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.