金魚奏 金魚奏
ふじつか 雪 (2006/09/05)
白泉社

この商品の詳細を見る


夏祭り、身体中しびれるような和太鼓を奏でる雅生に恋してしまった主人公・飛鳥。けれど実は雅生は耳が聞こえず、彼のいるのは音のない世界。いままでそういった相手と接したことがなかった飛鳥と、人と接することを諦めはじめていた雅生の切ない恋の奇跡。

これは弱った、超好みだ。いや内容が内容なだけに、“好み”などと軽々しく言ってしまうのはちょっぴり気が引けるのですが。
よかれと思ってしたことが、どうにもこうにも空回ることってあるし、一度知ってしまったらどうしてもそれ以上を求めてしまうことってあると思います。この二人の場合、そんなときの障害が多く、これからも多いのだろうなと。いちいちそれにぶち当たってしまうのであろう二人のまっすぐさが危うく、眩しいです。
ところでこれは続くのかしら?? どうやら新作は読みきりらしいですが……期待期待。













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.