memorable songs

ARTICLE PAGE

100万回生きたねこ

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))100万回生きたねこ
(佐野洋子の絵本 (1))

(1977/10/19)
佐野 洋子

商品詳細を見る


「100万回生きたねこ」作者の佐野洋子さんがご逝去されたそうですね。たまたま訃報を目にしたのが職場だったにも拘らず思わず声をあげてしまいました。
子供のころは正直あまりピンとこなかった記憶があります。でも大人になってから懐かしい~と手に取ってしまったのが運のつき。大号泣しました。本当にいとしいと思ったものを手にしてしまった時、猫ははじめて自分自身、あるいはいとしいものが死んでしまうことへの恐怖だとか哀しみだとかいう感情を同時に手に入れてしまったんだよなあ、と。あと、この猫は100万回生きたうち本当に猫ばかりでなく本当に可愛がってくれた飼い主とかもいたと思うんですが、そういう相手への感情というか感慨は何一つ残らなかったんだなあ…と、違う意味でも哀しくなった。嬉しいことや周りへの感謝の気持ちが一切残らないような人生(ねこ生?)を100万回も繰り返すなんて、ある意味地獄だ。

子供に読ませるべきという意見も多々ありますが、この本は、「大人になってから再読(して号泣)することを前提に子供に触れさせておくべき本」だとは思う。それとも最近の子供は感受性が段違いに豊かなのかな。少なくとも私よりは繊細だろうと思うけど。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

0 Comments

Post a comment