チョコレートコスモスチョコレートコスモス
(2006/03/15)
恩田 陸

商品詳細を見る


2010/12/9-11

なんだろう。演劇の世界という全く踏み込んだことのない場所が話の舞台であるためなのか最近連続で読んだ「きらきら少女」ではなくつかみどころのない=自我を持たない女子大生(と、才能に満ち満ちた大女優)が主人公であるせいなのか、いまひとつ感情移入はできなかった。(「少女」と呼ばれる世代も自分とはかけ離れているのだけど)ただ、面白い。ひとつひとつの演目のくだりには引き込まれ夢中になって読んでしまった。ラスト近くの響子パパが、作中にはそこしかまともに出ていないのに素敵過ぎる。













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.