「白い巨塔」の生々しさというかドロドロした権力社会にちょっと疲れたので息抜きにほんわかした本を。


ドラえもん短歌ドラえもん短歌
(2005/09)
枡野 浩一

商品詳細を見る


パラっとめくってその場でぶふっと吹いてしまいそのイキオイで借りてきた。思わずにやりとしてしまうようなものもありじんわりくるものもあり…個人的にはしずちゃんの入浴について指摘した短歌が秀逸だと思う。あと本編よりもむしろ解説にあった、ビックライトで胸だけを大きくするという趣旨の短歌の、変遷。胸にかける情熱には涙が出る……。


あまんきみこ童話集 (ハルキ文庫)あまんきみこ童話集 (ハルキ文庫)
(2009/03)
あまん きみこ

商品詳細を見る


あまりの懐かしさに、思わず。「車のいろは空のいろ」「白いぼうし」とか大好きだったなー。あと「ちいちゃんのかげおくり」ってあまんきみこさんだったんですな。知らんかった。
「天のまちやなぎ通り」を読みながら、↑の「白いぼうし」を思い出した。こういう、毒のないふわふわした話は大好きだ。そうまさに小学校の頃の国語の教科書に載っていたようなお話。そういう作品を、作家さんを問わずまんべんなく編纂した本を出してくれたら絶対買うんだけどなあ。「スイミー」とか「くじらぐも」とか「一つの花」とか、あと名前忘れちゃったけど「えんびふらい」がおいしそうな話とか。

2011/1/15













管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.