上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間なんて自然の前ではほんの些細な存在でしかない。改めてそう思い知らされている。

被災地の皆様-亡くなられた方には心からご冥福をお祈りしたいし、少しでも早く遺族の方とご対面できるとよいなと思う。無事避難された方には難しいかもしれないけれど気を強く持って、休める時には休み食べれるときには食べ、少しでも体を休めてほしいと思う。

私の出身地は福島県。親戚や高校までの友人は、ほとんど福島を含む東北にいる。
幸いなことに、それらの人々とは全て連絡が取れ、家族ともども無事ということを確認している(ただ家屋・家具等の被害は甚大だけど)。本当に良かった。連絡がついた瞬間、涙が出た。ほっとしたと同時に、いまは何もできない自分が辛い。


このまま事態が終息にむかってくれること、そして一日も早く被災地の皆さんに日常が戻ってくることを願うのみ。


以下は自分関連のこと。
通常通り・なんだったら午後休とって(サボリ)遊びに行っても良かったな~なんてお気楽なことを思いながらダラダラ仕事していたら、突如ものすごい地震が。ええかっこしいなので冷静を装ってはいたものの……。
怖かった……。
ビル(会社)のビルの壁はところどころヒビ入ってるし。
ヘルメット被りつつ避難誘導の声に従い階段を下りながら、足踏み外しそうになるし、気が気ではなかった。午後休なんてとって一人で過ごしていたら大変だったろうな(真面目な自分に感謝(違))

帰宅許可が下りた後、歩いて帰ろうと思えば帰れる身で会社に居続けるのも何なので、相方と待ち合わせ徒歩で帰宅。他にも徒歩で帰る人は本当に沢山いて、道路は人も車も大渋滞だった。地震発生時そのものも怖かったけど、無言で帰路をぞろぞろ歩く人の列というのも、何とも言えない怖さがある。

恥ずかしい話なのだけど、被災地にはほど遠い地に住んでいるにも拘らず、私自身がパニックになっているようで寝ても寝ても疲れが取れない。というか眠れない。親戚友人が東北にいてまた何かあったらという不安も要因ではあるのだけど。たまっている図書館の本を読んだり、できるだけ日常生活に近い生活を送ろうとしているものの、結局ニュースに目が向いてしまう。外出(といっても徒歩5分のスーパーに買い物程度だけど)もひとりで行くの怖いもんなー。

都心にいる私でさえこんな状態なのだから、被災地の方々はものすごい恐怖と絶望感に苛まれているのだろう。
本当に胸が痛む。


* * * * *

ニュースを見てはいるものの。
なんか必要な情報が提示されていない気がするのは私だけなのかしら。事実説明も大事だけど、じゃあどうすりゃいいの結論言えよ! と、苛々する箇所が多すぎる。そうでなくても不安でいっぱいの被災者さんにインタビューマイク向け続けるなんてどういう神経しているんだろう。ネタになればそれでいいのか。節電を呼び掛けられている今、何社も同じようなニュース流さなくていい。N○Kさんにお任せして他の局は番組作りやめて節電に協力せいよ、と思う(自家発電システムがあるとか言われたらそれまでだけど)




しずくさんも、ご家族も無事でよかったです。
私は関西の離れた地で何もできないことが歯がゆいです。
情報に振り回されないように、お互い気をつけましょう。
【2011/03/21 15:14】ぷに
ぷにさん、ごぶさたしてますv

ご心配ありがとうございます! とりあえず周りの人間は無事でした。
生きていること、それだけでいいと心から思いました……。

必要な情報がうまく入ってこない今日この頃ですが
踊らされることなく自分を強く持って過ごしたいですね。

【2011/03/26 19:32】しずく









管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。