胸が痛むこととかどうしようもない憤りとか、いろいろ思うことはあるけど、いつもどおりの生活を心がけている。
そう言えば地震のテロップが減ったな、と思う。首都圏に流れてこないだけなのだろうか。地元の人と電話で話していると「あ、揺れた」という会話が5割の確率で発生するんだけど。


さて災による影響の話。
まずは計画停電。それ以外の時間帯にも節電をしないとな…と、それまでの堕落した生活を思い起こしつつ、気をつけてはいるつもりな感じ、なのだけど……。

とりあえず家中のコンセントをかたっぱしから抜いてみた。常時差しっぱなしでないといけないようなものはそんなにないということに気付いた。最近冷え込むので炬燵があってよかったなあ、と心から思う。電源入れてなくても炬燵に足を入れているだけであたたかい。

そして厚着。いったい何枚着てるんですか、と笑っちゃうほど着ている。三つの「くび」を保温するとあたたかく過ごせるという鉄則に従い、ネックウォーマー・アームウォーマー・レッグウォーマーは定番セット。プラス900円セールのときに買い込んだヒートテックが大活躍。正直ヒートテックとか言っても全然ぬくくないじゃん!と思っていたのだけど、ヒートテックの上にもう一枚、体にフィットするものをもう一枚重ねて着るとめっちゃぬくいことを今更になって知った(それまではヒートテックの上にゆったりしたフリースを着ていた)。なにこれすごい。

電子レンジの使用も極力控えている。そもそもあまり電子レンジを使わない家なのであまり不自由はしていない(^^;
ついでにと言っちゃなんだけどこの機に乗じて炊飯器の使用も控えてみよう、と思い立ち、土鍋でごはんを炊いてみた。うまーーーい!! 直火で炊くとおいしいと再三目にしてはいたけど、ここまでとは。ちょっぴりできるお焦げがたまらんです。昔母親が圧力鍋でご飯を炊いていた時期があって、その時のご飯もおいしかったけど…土鍋すごい。圧力鍋ごはんもやってみるべきか。(うまくやらないと炊きあがった米の色が変になると聞いてためらい中)

米といえば。東京での買占め映像を見たらしい父や伯母から「米送ろうか?」と言われた時には泣けた(両者とも福島在住/被災状況は軽めですが)。根本的な部分が間違ってるから!
米は手元にあるからよいとして、ヨーグルトやもやし・卵が、いつでも手に入るわけではないのがちとさみしい。でも生きていけないほどじゃない。パンがなければケーキを食べればいいじゃない方式ですよ。いやパン売り場も最近すっからかんだけどさ(そしてケーキは胃もたれするからいらん)。だからってわけじゃないけど、こないだ久しぶりにすいとんを作りました。うまかった!

停電の話に戻すと。街中のディスプレイライトや駅構内の照明やら、確かにちと薄暗いなーと思う。けど、このくらいでいいんじゃないのかな、とも思う。信号やら街灯やらが消えてしまっているのは、センター駅-最寄駅間を徒歩通勤中の身としては、防犯面でちょっと怖い部分もあるけど。


もうひとつ・水の話。正直言うとあまり気にしていない。いや本当はもっと気にした方がよいのかもしれないけど。買いに行こうにも売ってないし、そもそもいろんな発表が遅すぎて公式見解が出るころにはすでに口にしてます的な事態の方が多いと思うんだよなあ……。

ただ、未来ある子どもたちのことは守ってほしい。お願いしますよお偉いさん方。














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.