admin admin Title List
行ってきました“soramimi club special event 2006”! ここまで限定色の濃いライブに参戦するのは初めてで、その分期待も強かったのですが、それをはるかに上回るしっとりとやさしい時間……もうもうサイコーでした。

今回、やけにHP・blog(mixi?)での公表について神経質になっていたような気がするのですが、何かあったのでしょうか。確かに会員限定のスペシャルだから公表されたくないという気持ちは判るのですが……。純粋に心配。最初と最後のイベントについてのみの注意だったので、曲目は公表してもよいのかもしれませんが、その辺すべてひっくるめてぼかしを入れつつ感想を。


まず、衣装にびっくり。かわええ―――!! なんかいつもと雰囲気がだいぶ違った気がします。“心に優しいロック”って感じ。……私の“ロック”へのイメージが凝り固まっているせいかもしれませんが……。ああいうかわいらしい服が似合うのってホントうらやましい。最近シックなイメージの衣装が多くてなんとなくそういうイメージが固まりつつあったのですが、一気に元気なイメージが戻ってきました。いいなあ。

マチネ・ソワレ両公演に参戦しました。実はどちらもチケ確保しているということになんとなく後ろめたさを感じていたのですが、そういう方が普通にいらしてひと安心。公認らしいし。フフフ。
曲目(=リク受け曲)が両公演で違っていた(1・2曲かぶってはいましたが)ことに、正直驚かされました。すすすすげ―――!! 自分で作られた曲(が主体)なのだから、覚えていても当たり前っちゃ当たり前なのかもしれませんが、それでもやっぱりすごいと思います。そして改めて言うのも何ですが、“ピアノ(主旋律以外)を弾き”“足でペダルを踏みつつ”“歌う”というあのトリプルコンボが奇跡のようだと思ってしまう私……。って、それはさておき。マチネ公演には二人(遊佐さん通とまではいかない初心者を連れて)、ソワレ公演には一人で参加したのですが、曲目を思い起こすと、ソワレ公演のほうが初心者さんには楽しいラインナップだったのかなと思わなくもない。もちろん、どちらの曲目も、うわそうだよねその曲ひっさしぶりだよねすごいところから持ってきたね! と言いたくなるリクエスト曲ばかりだったのですが、ややソワレ公演のほうがいろんな曲調(イメージ)を楽しめたような気がするので。個人的に好きな曲が多かったのはマチネ公演ですが。でも僅差。

ライブ情報もちらりほらりと。しかしどれもこれも日程が……。とはいえ頑張りますようん。リリース情報もいろいろ出てましたがすでに持っているアルバムはともかくとしてもうひとつ遊佐さんがぼそっと言ってたものがすごく気になる気になる……!

で、個人的……というか史上最大のイベントかもしれない……。とうとうやりました先生! 遊佐さんと、あああああ握手、を……ぅおおおおお!! 大興奮です今も思い出したらぐぐっと涙出そう。閉演まぎわプレゼントをお渡しして、どさくさにまぎれて握手してもらっちゃっ、た……!! やってしまった後で何ですが、あれは一般のFANがやってしまってよいことだったのでしょうか(汗) 今まで閉演直前にプレゼントをお渡ししている姿はよく目にしたのですが、関係者かなにかではないかと思っていました。それにしてはだいぶ後ろの席から出てくるなと思ってはいたのですが。今回、あきらかに関係者じゃない方がお渡ししているのを見て、ここは!と、思わず突撃。小規模会場って、素敵!!
しかしちっちゃいちっちゃいと思っていたもののホントにちっちゃかった……ステージの下から差し出す形でやりとりをしたのですが、目線ちょっと上げるだけで済んじゃったよ! 手もホントちっちゃくて、こ、この手であのピアノを弾いてらっしゃるのか……! と驚き。しっとりすべすべでうっとり。拍手しまくりで無駄にあっつくなったデカイ手で握っちゃってすみません遊佐さん……! そしてありがとう! あの笑顔だけであと何十年かは生きていけますよ私は。
よく芸能人やらなにやらと握手して、この手は絶対洗わない……! とのたまう姿を見ながら“ケッ”と思っていたのですが、今なら判ります、すごく!! いやもちろん洗うのは洗うんですが(汗)、なんだか不思議なパワーをいただいたような気がします。次にまたお逢いできる日を楽しみに、頑張る……!













管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 memorable songs, All rights reserved.