FC2ブログ
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

POWER OF DREAMS POWER OF DREAMS
大黒摩季 (1997/08/06)
ビーグラムレコーズ

この商品の詳細を見る


ふとテレビをつけたらこの方が歌っていたのでかじりついてみています。今は〆で“ら・ら・ら”を歌っている……何かのドラマの主題歌だったような気がするのですが、なんだったろう……。
FANの方が“今いちばん歌ってほしい曲”としてあげていたのが“いちばん近くにいてね”と“チョット”、“あなただけ見つめてる”でした。どの曲も名曲だなあ……とくに“あなただけ見つめてる”。歌詞が、ああ、うんうん、わかるよ…と微笑ましくなりつつも一方でその一途さがちと怖かったりして。
番組の冒頭でも紹介されていたのですが、この方の詞はストレートでいいなと思います。特にああこんなこと思うよね悩むよねってな部分がぐっとくる。↑↑のアルバムに確か収録されていたと思うのですが“アンバランス”が好きです。曲調も。
といいつつ結局のところ全般的に好きでむちゃくちゃ聴き捲くっていたので多分いまでもカラオケ行ったら歌えそうです。久しぶりに行きたくなってきた……いかん……。

“容疑者 室井慎次”観ました。そしてやはり日記のあたりで泣きそうになった……死というものを変に神格化するわけでも軽んじたいわけでもないのですが、負担になりたくないからと思いつめてしまう流れにつくづく弱いです。未読の本がたまっているというのに、映画公開時前後に買った日記を読み返してしまったりしています。うう。

ハネウマライダー ハネウマライダー
ポルノグラフィティ (2006/06/28)
SE

この商品の詳細を見る


どこかしこで言われていることですが敢えて言うと、私も“種馬のように~~”と歌っているのだと信じて疑わなかったクチです。手に入れたのがつい最近なのですが、実際、カップリングに“タネウマライダー”なる曲が入っていて更にびっくり。こういう遊び心が大好きです。
ラストのサビがいいですね。なんだかすごく楽しそうで。バイクは乗らないのでよく判らないのですが、バイクっぽい曲のなかでは個人的にイージュー★ライダー以降の大ヒットです。素敵。

ちょいと昔。実家に帰り最寄のバス停に降り立ったとき、音楽を聴きながら歩いていてしょっぱなから財布を落としたという経験があり(結局戻ってきました。ありがとうございますあのときの方……!)、それ以来音楽を聴きながら歩くという行為を避けていたのですが、最近は通勤時だいたい音楽を聴いています。
かろうじてMP3プレイヤーではあるのですが、購入したのが5年くらい前で、形が今のオシャレなものとはほど遠く、もろポケベル(若人には判るまい……)なので、曲を飛ばすとかボリュームを下げるとか、こまごまとした作業をするべく手元に取り出すのが結構恥ずかしかったりします。携帯用プレイヤーなんて出掛けているときにしか使わないのにそのとき使わないでいたとなると、ほぼ3年くらいのブランクがあるのですが、よく電源が入ったもんだと感心感心。因みに恐ろしいことに電池式です。しかも単4。
そんな私はつい最近まで、ipodは、macユーザーしか使えないのだと固く信じ込んでいました。そういうわけじゃないんですね……文明の進化にはついていけませんよトホホ……。

ULTRA BLUE ULTRA BLUE
宇多田ヒカル (2006/06/14)
東芝EMI

この商品の詳細を見る

ちょっと前に手に入れ、しつこく聴いています。ここ最近の通勤のお供は、このアルバムが中心です。といいつつシングルカットされたものに偏って聴いているのは申し訳ないような気もしますが、表題…というか中心曲なのだろうと思うのですが…の“BLUE”はとても素敵です。やっぱりいいなあ宇多田さんてば。

This is Love → のっけからのこの曲はテンション上がります。カップヌードルを食べたくなるのは困り者ですが。どうでもいいですがシーフードヌードルを牛乳で作るとコクが出ておいしいというのはローカルネタなのでしょうか。最近いろんな変り種メニューが発売されているけれどやっぱりシーフードが一番だと思います。
二番に入るときの“激し~い~♪”の発音が好きです。特に“は”のところ。文字通り激しくて。

BLUE → 声、高けぇ―――!! “光”もすごかったですが更に高いですね。こう、ラップ調の部分が少ない曲だとカラオケで歌えるかなという観点で聴いてしまったりするのですが、こ、これはムリ……。
やっぱりどうでもいいのですが、もうちょっと若い頃は青とか緑とか寒色系・男の子っぽい(といわれることの方が多い)色を好んでいたような気がします。でも最近は暖色系・女の子っぽい(といわれることの多い)色のほうが好きになってきています。ピンクとか薄い紫とか。以前飲み会か何かの席で私を含む数人の同年代女性が赤系の服を着ていて若い子たち(……)が茶色とか緑とかその辺の色の服を着ていたことがあって、そのときにふと“年を取れば取るほど赤っぽい色が好きになるっていうよね”と軽くぶった切られた記憶があります。そのときは猛反撃しておいたのですが、今にして思うとやっぱりそうかも。ち―――ん……。

COLORS → 改めて聴くとやっぱりいいですね……。ここまで色彩豊かな歌詞で尚且つそれが不自然じゃないのが素敵。ふたり一緒に夕日を見ているだけで満足とまで思えるような相手と離れてしまった理由を“口は災いの元”だけで片付けるところもなんだかすごいです。けれど、深い。もう駄目だと思っても、諦めることはいつでもできる。本当に駄目になるまで繰り返して(継続して)みることが大切なんだなあと、この曲を聴くたびにしみじみ思うわけです。

のこいのこ大全 のこいのこ大全
のこいのこ (2006/06/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る


CMソング800曲を歌い上げた伝説のボーカリスト・のこいのこさん初のベストアルバム。何はさておきまず曲目をば。

1.ヤセタンとコロンタン   2.パタパタママ   3. オノデンボーヤCMソング  4. めくる のせる たべる ボーデンチーズ  5. エバラ焼肉のたれ「今日は焼肉デー」  6. 緑屋   7. 中央自動車工業「パームエアーロータリー」  8. 味の素マリーナ   9. のんびりとメルシャン  10. せんば子狸まんじゅう   11. コメッコ   12. グリコ「カプリソーネ」  13. ヤマギワ住まいの灯りフェア   14. 任天堂「シャルマントランプ」  15. ナショナルエアコンクール&クール  16. サントリーレッド  17. ハートのある機械です   18. 旭食品  19. わたしとあなたの間に  20. まるさんかくしかく   21. 森永スコッチパイ   22. 大正製薬パブロン  23. ドッドウェル「チャム」   24. サンヨーファンヒーター   25. サクラクーピー   26. 味の素プチマリーナ   27. セイカノート プロペラジャグラー  28. 資生堂メイクアップファンデーション 卵のお顔   29. 資生堂メイクアップファンデーション  お料理上手   30. 資生堂メイクアップファンデーション 三ツ指ついて  31. レゴ レゴ レーゴ   32. やさしさを忘れず旭タクシー  33. 森永ヨーグルトなかよし   34. SSK オードブルツナ  35. カネボウ モグ 36. 味の素マヨネーズ   37. 苺の花嫁さん  38. 平和な日曜日 幸せをプレゼント   39. お誕生日おめでとう  40. カネボウアイス A  41. カネボウアイス B  42. カネボウ ブーガムランデブー  43. 片岡物産バンホーテンココア  44. セノー ポポーン  45. はたらくくるま  46. ニッカサラダ油  47. 三菱ふとん乾燥機ほすべえ  48. 武田製薬プラッシー  49. サンヨー食品カップスター  50. 吉忠ロマン  51. 浅草玩具ミロゲーム  52. ハクキンカイロ  53. 日本ペイント自分のことは自分でしよう   54. ハウス豆乳SOY200  55. アダム氏とイヴちゃん   56. タカラ パットちゃん   57. 味の素ハイミー   58. 旭化成セルセル  59. お月さまの願い   60. 今ここに   61. きのう きょう あした   62. トイレにねっ!

当初の最お目当ては“パタパタママ”と“はたらくくるま”。幼少の頃家にやたらとあった子供向け童謡レコード(…時代が…)で聴いたのかテレビで聴いたのか忘れてしまったのですがたまに口を突いて出るこの二つの曲を通して聴きたかったので……。
こ、こんな曲だったのか……特に前者。一番ではパタパタよく働くママを絶賛しているのですが二番ではパクパクよく食べるママになってしまう容赦ない落差が素敵。“はたらくくるま”のほうはもっと野太いボーカルの方でしか聴いたことがなかったのでかなり新鮮でした。“壊れた~”の部分はオリジナルの歌詞にもあったのですねぇ。

他にもエバラ焼肉のたれとか、つられて歌ってしまうものばかり。てか、“エバラ焼肉のたれ!”以外にも歌詞があるってことのほうに驚いた……。オノデンボーヤ・ヤマギワ住まいの灯りフェアとくると、秋葉原つながり(というか最近直行している)でヨドバシカメラのCMソングも手に入れたいところです……これはのこいのこさんではないか。しかし800曲歌ったということはまだまだこのアルバムはそのうちの一部ってことですね! すげえ!!

ところで25曲目の“サクラクーピー”……。な、懐かしい! いや、曲がではなく、クーピーが。
幼稚園のお絵かきはもっぱらクレヨンだったのですが、120色入りとか、クソガキには勿体ないほどのセットをもらったりしたくせに私はクレヨンが大嫌いでした。で、小学生になり図工の時間のため皆購入させられたのが忘れもしないサクラクーピー。ビニールのちゃちいケース(ふたがすぐ取れる)にはいった12本入りのものだったような。ホントは色鉛筆が欲しかったのに学校全体の決まり(購買部にもクーピーしか売っていなかった)で、ちと寂しかった思い出があります。手がクーピーくさくなるんですよね~。でもクーピーを削るのはなんだか楽しかった気がします。スルスル削れて。

ところで、クーピーっていまだ現役なのでしょうか?? というかむしろ同年代でもクーピーを知らないという意見もあったのですが……地域的事情なのでしょうか…。

魔法のコトバ 魔法のコトバ
スピッツ (2006/07/12)
ユニバーサルミュージック

この商品の詳細を見る


ハチミツとクローバー……アニメ化されたことは知っていたのですが、映画化もされていたんですね……CMを観てびっくり。観たといっても片手間に流れていたのをチラ見していた程度だったのでよく判らないのですが、主人公とおぼしき女の子がえらい芸術的な絵を描いていたのが妙に印象的……そういうお話なのでしょうか…? 例のごとく原作未読なのでよく判らない……。
しかし最近原作つきのドラマ・映画って多いですね。元のイメージにぴったりあった俳優さんを見つけてくるのって大変なのではないかと…。

で、魔法のコトバ。やっぱり一曲リピートで聴いています。ああ、いいですねえスピッツ。希望に満ち溢れるようなメロディラインなのに、歌詞は進行形ではないというこの裏切りが素敵。だからなのかどうなのか過去にとらわれじめじめしているような印象がなく、明日に向かって頑張ろうって気になれるのかなあと。


Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2019 memorable songs, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。